フランスバターのベイユヴェールパリ店舗ご紹介!お薦め品沢山です

スポンサーリンク

フランスのナント市近郊のマシュクールに本店の工場があるバターのベイユヴェールは、フランスで直営店で販売を展開しています。

現在ではパリの20の全区で、色々な種類のバターや、ヨーグルトやチーズを置いています。

こちらのバターの特徴は何といっても、滅菌していないバターで、風味がありますね。

またパリの直営店と東京店との違いはチーズやヨーグルトのとり揃えで、パリではフランスんらではの商品が充実しています。

素材が美味しいことが重要ですが、付け合わせで味をグンとアップさせる物もベイユヴェールでは売っています。

では風味が命のベイユヴェールの品々を早速みていきましょう♪

スポンサーリンク

パリの販売店の住所

パリでも最初はぽつぽつとしかなかったのが、今では、パリ市内に20店舗の直営販売店があるのですよ。

パリの直営店の住所

どちらのお店もドアが開いています。チーズの臭いがすごいですので、ドアは締めきると臭いがこもるからです。

じゃあ、スーパーのチーズコーナーはどうなとおもわれますよね。

その違いが、バターもチーズも、熱処理をしたのと、そうでないのでは臭いの力が違います。

【パリ市内のベイユヴェールの販売店】

77 Rue Sait Antoine, 75004

118 Rue Mouffetard, 75005 【お薦め】

48 Rue des Martyrs, 75009

215 Rue du Faubourg Saint Martin, 75010

1 Rue Marsoulan, 75012 【お薦め】

73 Avenue du Général Michel Bizot, 75012

86 Rue Raymond Losserand, 75014

8 Rue Delambre, 75014

133 Rue Saint Charles,75015

213 bis Avenue de Versailles, 75016

47 Rue des Moines, 75017

Marchés des Ternes, 75017

140 Rue de Belleville, 75020

管理人のお薦めは、5区と12区のお店です。お店の店主さんが親切で、相談にのってくれます。

特に5区はムフタール通りにありますので、マルシェに行って他の物も一緒に見れます。

フランスは商品を買いに行っても、店員さんが携帯メールをしていたり、従業員同士で話をしていて、レジでも直ぐに会計をしてくれない事がありますが、こちらは親切です。

産地の農家の原料をうまく使ってた商品がパリまできています。

バターとチーズの特徴

ヴェイユベールのバターの特徴

本店は、ロワール地方の〚ベイユヴェール〛はナント市の南西にあるマシュクール(Machecoul)という町にある家族経営の生産工場会社です。

エシレのバターは滅菌しているのに、このベイユヴェールは、滅菌していない分、生バターなので作るのに手間暇がかかります。社長の社長のベイユヴェールさんは、作ってから約35日以内に食べてくださいと言っているだけ、作りたてはやはり美味しいです。

ベイユヴェール(Beillevaire) 250 グラムで4,4ユーロ

ヴェイユベールバターなら、フランス料理とイメージしますが、社長のベイユヴェールさんが薦めているのが、このイチゴの砂糖がけです。

フランスパンの切って、バター(半塩)を塗り、その上に切ったイチゴを乗せて、お砂糖をかけます。

パンの上にバターを塗って(タルティ―ヌ)イチゴと砂糖を。バターの風味は格別です。

簡単なデザートですが、素材が良いと美味しくできるのもだと感心しました。

〚ル・グラン・べフール(Le Grand Véfour)〛は3つ星に輝いたパリの格調高いレストランで、シェフのギイ・マルタン氏(Guy・Martin)が料理長ですが、このベイユヴェールのバターを推奨しています。

ル・グラン・べフールではベイユヴェールのバターがテーブルの真ん中に

また、エッフェル塔の3星のレストラン〚ル・ジュール・ベルヌ(Le Jules Verne )〛でもこのバターを使っているということです。

星付きレストランで出されるだけの生バターで、風味は殺菌バターとは違います。

チーズの種類とジャム

ベイユヴェールは日本ではバターが有名ですが、他にもチーズの品揃えが半端ではありません。

大体100種類位は置いています。ただ店舗により少な目なところがあります。

チーズはワインをどれにするかを気を使いますが、一緒に何を食べるかで味がぐっと違ってきます。

チーズのお供に、ジャムをどうするかですね。

たとえば、黒さくらんぼのジャムがあります。フランスでもすごく珍しいジャムです。実は羊のチーズとすごく相性が良いのですね。

フランスのバスク地方の生産です。

バスク地方といえば、オッソ―・イトラティのチーズが名産ですが、この黒さくらんぼのジャムもあるのですね。

➡ オッソ―・イトラティ

オッソ―・イトラティのチーズ

この羊なら、黒サクランボの他に、イチジクも合います。

また、その他に「コワンのコンフィ」がお薦めです。コワンは、【Coing】と書きます。

コワンはかりんのことで、コンフィは砂糖煮にして固形にしたものです。

ヤギのチーズの代表といえば、オッソー・イラティですが、かりんのコンフィを一緒にしました。

この「かりんのコンフィ」を買う時は、「コワン」と言って下さい。大体レジの横当たりに置いています。ラップにくるまっています。

小さめのが欲しければ、店員さんに「プティ」といえば小さいのを探してくれます。

フランスに旅行に行って帰国が近くなってくると、お土産も気になってきますね。 まだ行きたい場所もあるし、できればお土産は予算を抑えたい・...

フェッセルとデザートには何がある?

ヨーグルトなども沢山種類があります。管理人のお薦めは

  • フェッセル
  • クレームキャレメル
  • やぎのヨーグルト
  • 羊のヨーグルト

です。

フェッセルはフロマージュ・ブランより少し水気が多いのです。

管理人の一番のお薦めのクリーム・キャラメルです。美味しい!

フランス語でChevreがやぎで、ヤギのヨーグルトです。やぎのチーズと同じく、イチジクと合いますよ。

フランス語でBrebisが羊で、黒さくらんぼと合いますよ。

この他に、〚ムースショコラ〛などのデザートもあります。

オレンジマーマレードの上にムースショコラがのっています。なかなか美味しい!

これらの、デザート系は3つ買うと4つ目がサービスになっていることが多いので、狙い目です。

パリに滞在中は、こんなやぎや羊のヨーグルトや、やぎのチーズと併せて食べるのはいかがでしょうか?日本ではなかなか楽しみ難い食材が身近に感じます。

東京麻布店の直営店の住所

〒106-0046 東京都港区元麻布3-11-8
TEL 03-6447-5471

サイト➡https://beillevaire.jp/?page_id=190

東京店はパリよりは品数が少ないですが、バターなどはフランスから持ち帰りがし難いものが置いています(^^♪

楽天では↓

値段を比べると、東京の麻布店より、楽天の方が安いですね。この紫色のバターは、海藻入りのバターで、白身の魚のソテーや、貝類(カキなど)を食べる時にパンに塗って食べる時、相乗効果で美味しくなります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

故郷の大地をこよなく愛するバター生産家の〚愛〛を感じるバター作りです!ヴェイユベールのバターの塩は、「ノワールムチエ」の天然塩を使っている、地域色が濃いバターです。

日本では特にバターが有名ですが、チーズも沢山あります。

なにせ、パリには20店舗もありますので、ホテルに滞在中であれば、ヨーグルトも朝買いに行けます。

日本へ持ち帰りするのであれば、ハードタイプの

  • コンテ
  • グリュリエール
  • オッソ―・イトラティ

などが、お薦めです。

ぜひ楽しんでみて下さい。

チーズの種類についてまとめた記事はこちらです。↓

フランスのチーズは1000種類以上もあると言われており、非常に多いです。 それもそのはず、原料が牛だけはなく羊やヤギの乳もあり、その発...
管理人が実際に行って『本当に美味しかったレストラン!』をご紹介します。 パリをフラフラと散策していて、その通り(道)がとても綺麗だと感...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事