美人の黄金比とは?ガリレオ先生に見る本当に綺麗な人の条件は

スポンサーリンク

「美人」とか「綺麗」とか、どちらでも言われたら悪い気はしないでしょうし、美人はなにせ、何人が見ても美形と感じるものようです。

その他にかわいいという言い方もあります。

しかし綺麗だとか、かわいいという相対的な好みや、なんとなくという観点で判断するのではなく、美人と感じる美人の定義があると言います。

ドラマ「ガリレオ」の湯川教授が、美人と、かわいいとは違うと、言われていました。

美人だと感じるには、「黄金の比」にのっとっているという話です。

では早速その美人の黄金比とはどのようなものなのかを見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

黄金比って何?

美人を規定するのに、『黄金比』というのがあり、その比率に準じている人を美人だと感じるいう学説があります。

まずは、一般的に言われている黄金比を表す長方形があります。黄金長方形とはどのようなものなのでしょうか?

黄金の長方形

『黄金長方形』と言われている長方形とは、なんの変哲もない長方形に見えますが、よく見ると、辺の比が黄金比(近似値1:1.618)になっています。

下の図で、縦と横が1:1.618です。

ウイキペディアでは、次のように言っています。

黄金長方形から最大の正方形を除くと、残った長方形がまた黄金長方形の比率になり、そこからまた最大の正方形を除くと、永遠に相似な図形ができていく。図のように、正方形の列において角の点を滑らかにつないでいくと、渦巻ができていく。この螺旋は、巻貝の貝殻に表れている渦巻きと同種の対数螺旋である。

引用先 : ウイキペディア 黄金長方形

この長方形から、一番大きな正方形を作りそれを除くと、残った部分に同様の正方形を作りそれを除くと、同じ比率の正方形ができるようになっています。


これが、黄金比の長方形というものなのですが、見て心地が良いのか、安定性があると皆が感じるのか、名刺はこの黄金長方形の比率で作られているということです。

日常生活でもこの比率は心地が良いと判断されているということのようですね。

では、美人の黄金比とどう関係しているかです。

モナリザの【黄金比】

かの有名なレオナルドダヴィンチが、世紀の美女『モナリザの微笑』の絵を残していますが、このモナリザさんも、この黄金比で表されています。

正確な比率は近似値1:1.618ということです。

管理人は長い間、なぜモナリザさんが世紀の美人と言われているのかがわかりませんでしたが、黄金の比率を持つ女性ということのようですね。

顔の縦と横の比率だけではなく、顔全体のパーツの比例に注目して「美人」の黄金比を発表した教授がいます。

アメリカのネブラスカ大学メディカルセンターの『ケンドラ・シュミット教授』です。2007年に美人の黄金比について論文を発表しました。

この教授は医師で、この黄金比というものがあるのかの検証をし、有名ハリウッドスターはそのような、顔のパーツの比率通りになっているのかと検証したのです。

教授によると、人気俳優の「ブラッド・ピット」さんがその黄金比に近いことがわかったというのですね。

美人の【黄金比】

美人かどうかは、瞬間に判断されると言います。美人かどうかの判断を皆が、

  • 顔全体のバランス  (縦横の長さ)
  • 各パーツの位置   (眉毛、目、鼻、口の位置)
  • 各パーツの長さと比率(眉毛や目の長さ)

これらの要素を黄金比で瞬時に判断しているようです。

その黄金比の計算の仕方は複雑ですが、顔の縦や横幅、鼻の長さ、目の大きさ、目と目の間隔などを計り、それから比率を出していきます。

顔の縦と横の比率については、縦で横を割った理想の数値は1,618で、先ほどのモナリザの例です。

それから、額の上~目上まで、目の上~鼻の下まで、鼻の下~顎の先まで。

これらの3つの長さが同じなのが理想です。

その他に、左右の目の長さと、両目の間の長さが、同じ長さが理想ということです。

この黄金比をうまく描いている動画があります。

同じパーツでも微妙に間隔が違ってくると、間延びをした印象になることなどが、上手く描写されています。

この動画では、特に顔の下半分の大きさと割合で、顔の印象が変わってしまう、つまり美人になりえる顔と、そうでないことを描いています。

実際、この比率で計算してみても、人気俳優や女優で、ピッタリ黄金比通りの比率を持つ顔の持ち主はいないと言うことでした。

実際、「だからどうなの?」という話ですが、小顔とか、二重瞼とかで美人の条件のように言われていますが、この黄金比によると、あくまでも比率で美人かどうかに分かれるということになってしまいます。

また、美人であり続けるには、年齢が若いというのが重要なことがわかります。これは管理人が若い人にジェラシーをもっているからではなく、顔の下3分の1のシャープさが違ってくるからです。

50を過ぎたことには、たるんできて、この美人の図にあてはまらなくなっていますね。

そうなるると、中身で勝負となってくるのでしょうか(笑)。

スポンサーリンク

まとめ

テレビドラマ『ガリレオ』に出てきた「美人と黄金比」に興味を持って、美人とはどおいうものなのかについて、まとめてみました。

実際に黄金比の顔を持った女性がいたら、絶世の美人ということになるのでしょうが、実際にその人を見て全ての人がそう思うかどうかは、どうでしょうか。

ちなみにガリレオ2の第6話で、湯川教授が美人と言っていた相手の女優さんは、夏川結衣さんです。
教授は瞬時に顔の各パーツの長さや割合を計算し、彼女の顔が黄金比に準じていると断じました。

このキャスティングが実際に黄金比を考えてのものだったのか、個人的にはちょっと興味があったりします(笑)

ただ、この黄金比に近い比率の人が必ずしも、女優や男優で人気があるというわけでもないですし、黄金比の顔の持ち主でなくても世の中で受けている例が多いですね(^^♪

「砂糖は体に悪い」とよく聞きます。「害がある」と聞くと、家にある砂糖を全部捨てないといけないのかと思ったことはないでしょうか? 管理人...
表情の癖で、眉間にくっきとついてしまったシワはないでしょうか? 管理人は、若い頃に何か『ぐう~っと』考え事をする時に、眉間にシワを寄せ...

スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事