フランスのチョコレート入りバターって?タルティーヌエショコラ

スポンサーリンク

フランスではなにせバターの種類が多いです。

沢山あるなか、なんとチョコレート入りバターに出会いました。すごいな~と思って、今回はそのバターをご紹介します。

バターの組み合わせは、通常バターに香辛料やトリュフを入れています。トリュフは溶けませんので、そのままのの形で入っています。

その他に、わかめなどもありますが、チョコレートは溶けてしまいますが、このチョコレートバターのなかで、チョコレートがそのまま入っています。

タルティーヌエショコラにすると、そのまま口の中でふわっとしてすごく美味しいです。

ただ、このチョコレートバターは地方で作られていて、パリでも普通は入手できません。そうなのです、フランスには冷蔵宅急便がないのです。

ただ、住所とフェイスブックアドレスは載せました。旅行の際は、お出かけください。

では早速チョコレート入りバターをご紹介します。

スポンサーリンク

フランスのチョコレート入りバター

チョコレート入りバター・フェラン

こちらのバターも生バターです。

生バターは、熱処理をしていない(高温殺菌をするとバクテリアが死ぬ)バターです。

フランスのメーカーでも、生バターを作っているのは本当に少数です。

高温殺菌処理をしていないバターは、味に深みがあります。バターのパッケージにはCRU(クリュ)と書いてあります。

味は、チョコレートが溶けていない状態で入っていますので、パンに付けたり、ホットケーキに付けてたべると、口になんかに入ってほんのりチョコレートが広がってきます。

ホットケーキを作って食べました。なかなかいけます。

デザートに良いと思ったのは、かくパンにつけて食べると、チョコパンみたいになります。

また、このホットケーキは、小麦粉ではなく、グルテンフリーの粉を使いました。

①リュパン(Lupin)というグルテンフリーの粉です。

実際にグルテンフリーの粉だけあり、粘りがありません。

ホットケーキにしても、フライ返しで返らないで、ボロボロになります。

②その他にグルテンフリーの粉として、栗の粉があります。

③もう一つが粉が、ミレ(Millet)の粉です。

実際に、グルテンアレルギーの方はいます。

フランスでもグルテンで悩む方もいます。イタリアに生まれてグルテンアレルギーなら、もっと大変で、パスタが食べられません。

そんな背景で、グルテンフリーの粉はいろいろでています。

管理人はグルテンフリーの粉で以上の3つを使っています。リュパンは本当にポロポロします。

ですので、フライ返しで返るくらいと思えば、栗の粉やミレの粉を使えばいいです。

これは、卵一つと、牛乳と、ミレとリュパンを1対1でいれました。

小麦粉についてはこちらの記事をご参照ください。

小麦粉って何種類もあります。 スーパーに小麦粉を買いにいくとパッケージに、「薄力粉」とか「強力粉」と書いてあります。 レシピには...

それに、チョコレートバターをのせて食べました。

美味しい(^^♪

チョコレートバターの生産者さん↓

名前 Gaec de Ferrand – Famille Calmel

住所 :15170 Chalinargues Mons de Ferrand

電話 : 04 71 20 01 43

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

チョコレート入り生バターをご紹介しました。

生バターはフランスの文化で、高温殺菌処理をしてないバターです。

賛否両論あるかと思いますが、熱処理をしてないと、体に悪いとおもわれるかもしれませんが、問題は起きていません。

熱処理の問題というより衛生管理で、生製品の問題は出てしまいときがあります。

この生バターは、それだけでパンにつけても美味しいですし、その他にこんなチョコレートバターも美味しいものです。

生産者さんだからできることで、感激しました。

フランスは冷蔵宅急便がなく、産地直送とはいきません。

もしモンフェランへ行くことがあれば、是非立ち寄って食べてみてくださいね(^^♪

ご参考になれば幸いです(^^♪

チーズといえば、フランスチーズですが、隣国のイギリスにはオレンジ色をしたブルチーズがあります。 フランスでチーズを買いに行くと、クリー...
卵料理はフランス料理でもよく登場します。 あの、プリプリ・ふわふわした感じは他の素材ではできないからなのでしょう。 ふわふわとし...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事