フランスバターボルディエ!サンマロ本店とレストランの料理は?

スポンサーリンク

数あるフランスのバターの中で、抜きん出ている人気のバターといえば、やはりボルディエのバターですね。

ボルディエバターは、生乳をバターにして

  • 香辛料
  • フランボワーズ

などの風味や味付けをしているのが特徴ですね。

既に、風味がバターの中に隠し味として入っていますので、そのまま調理すれば良いのです。

バターの香りをかいでみると、きつく感じるのですが、実際に調理をしてみるとすっかりその素材に入り込んで、バターが素材の前面に出る事がなく、素材を引き立たせる役を果たしています。みごとです。

ボルディエ本店は、フランスの北西のブルターニュ地方のサンマロ市にあります。サンマロ本店にはパリで売っていないフレーバーのバターも販売していますし、またレストランの営業もしています。

ブルターニュ地方の旅行の際は、ボルディエのレストランで食事というのも良いのではないでしょうか。本店のレストランならではの味付けが楽しめますね。

では早速そんな美味しいバターをみていきましょう!

スポンサーリンク

ボルディエバターの特徴

サンマロの本店のバターの種類

〚ボルディエ〛は、ジャン・イブ・ボルディエ氏が1980年に、小さなバター生産アトリエの職人から作り始めました。

ボルディエのレストラン : Autour de beurre

今でこそ、世界中に輸出されているバターですが、ここまで来るのには苦労があったようですね

ボルディエを世界のボルディエにした功労者は、シャンゼリゼ通り近くのパリで最もシックな一つのホテル、5★のホテル〚ジョルジュサンク〛のレストラン、〚ル・サンク (le Cinq)〛の料理長エリック・ブリファー(Eric Briffar)氏です。

ブリファーさんが1996年の夏にサンマロへバカンスに行ったときに、ボルディエさんのレストランで食事をした時に、このバターを発見したのですね。

エリック・ブリファーさんは、フランス料理には品質の良いバターは欠かせないと言っています。

  • 味を引き出し
  • 風味を固定させる
  • そして、バターは素材より前にでることはない

引用元: Le beurre et l’argent du beurre ( France 5) du 26 novembre 2014 (2014年12月26日のフランスサンクの番組〚バターとバターの金〛

ブリファーさんのお墨付きがついてからは、ボルディエバターはすっかり有名になり、日本までも輸出されるようにもなりました。

本店の販売店舗では、店内のウインドーケースの中に、約15種類のバターが陳列されています。パリで売られているのは、わずかに5種類位ですから、本店に行った際にレストランで試食したいものです。

ボルディエバターはどんな料理に合う?

管理人は〚柚〛味のバターと『半塩』を試しました。柚フレーバーで〚ジャガイモのこふきいも〛と〚ニンジンのソテー〛をつくりました。

こちらの白身魚のソテーでは、人参の強い味を抑えて、そして甘味を引き立たせる!白身魚のソテーの方は、柚味が全面に出ないで、魚と上手くマッチングしています。

人参と白身魚のソテー

ボルディエのバターは、直接匂いを嗅ぐときつく感じるのが、実際に調理すると匂いはしっかりと素材に入りこんで、しっとりとジューシーに仕上がります。

他のタイプの『香辛料のバター』はどんな料理に合うのかを調べてみると、肉料理に合うようですね。フライパンで肉を焼くときに、あまり高熱になってバターを焦がさないように気を付けると、美味しく焼けます。

サンマロのレストランの住所

レストランの住所とメニューの値段も調べてみました。

名前は〚ビストロ オトゥール・ドゥ・ブール Bistro Autour du Beurre〛

の住所は以下の通りです。↓

Bistro Autour du Beurre
7 rue de l’Orme – St Malo Intra-Muros
02.23.18.25.81メールでの連絡先http://www.lebeurrebordier.com/bistrot-autour-du-beurre/infos-pratiques/contacter-le-bistro-par-email/

メニューは平日のお昼で、3品で22ユーロ。

週末と夜なら

  • アントレ(15ユーロ)
  • メイン (19~26ユーロ) 
  • デザート(9ユーロ)  

となっています。

営業時間は

11月~3月
昼(12h-14h): 火曜日~金曜日
夜(19h-22h): 金曜日と土曜日

休業期間1月7日~2月6日

4月~6月
昼(12h-14h): 火曜日~土曜日
夜(19h-22h): 木曜日~土曜日

休業期間6月18日~7月4日

7月~8月
昼(12h-14h): 火曜日~土曜日
夜(19h-22h): 火曜日~土曜日

9月~11月
昼(12h-14h): 火曜日~土曜日
夜(19h-22h): 木曜日と土曜日

となっています。

折角行って、閉まっていたとなるとショックですので、是非予約をすることをお薦めします。

ボルディエのレストランのサイトでも予約をしたほうが良い書いています(^^♪

サイトの料理の様子をみると美味しそうですね。お昼だとかなりお得に思えます!

レストランのサイトのアドレス↓

http://www.lebeurrebordier.com/en/bistrot-autour-du-beurre/

お隣のレストラン

ボルディエバターのレストランの前には、

日本人経営者の和食店(Otonaliお隣)や、

生カキ料理の専門店(Malo Co マロコー)があります。

管理人は、「マロコー」で生ガキを食べました。

このマロコーでは、ブルターニュのカンカル(Cancal ブルターニュに行ったら一度は食べたいカキ)のカキを出しています。

また、付け合わせには「鯖のリエット」でした。

軽く食べたいという時には、お薦めのレストランカフェです。

スポンサーリンク

まとめ

人気のボルディエのバター、調理方でいろいろ味が楽しめますね。

柚のバターやなら、そのままパンに塗って食べると、食事の際に主食の魚や肉にアクセントがついた味になりますし、フランボワーズのバターならフォアグラなどと一緒に食べてもいいですし、マンゴーのデザートとしてパンにタルティ―ヌ(塗って)してけるも良いですね(^^♪

サンマロは海岸が広がる綺麗な町です。現地のレストランで食べると、普段味わえない風味が試せるのでそれはいい機会です。

ボルディエバターは注文生産の部分が多いとのことですので、日本で買った味とサンマロでの味は違うのかと思います。

ぜひ色々と試してみてください。

フランスのバター、【エシレ】【ボルディエ】【ベイユベール】などの有名バターがありますが、他のメーカーのパッケージにも「生バター」とか、「発酵...
フランス料理で「ガルニチュール」とよく目にしますが、ガルニチュールはフランス語の「ガルニール(=備え付ける)」から来ている言葉で、「付け合わ...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事