パイ生地料理!ベシャメルソースの女王式の一口パイほか紹介します

スポンサーリンク

この形のパイ生地料理、フランスで見かけることがありますよね?頻繁ではないのですが、たまに見かけると名前も変わっているので、〚なぜ女王の一口パイ?〛なのと思います。

調べてみると、ルイ15世の女王の宮廷ならではの曰くがありました!

クリームソースをかけてない生地だけなら、「ヴォルオボン(風飛行)」と言うます。

パイ生地にたっぷりとベシャメルソースをかけると、「女王の一口パイ」に変身です(^^♪

このパイは料理だけではなく、デザートでもいけますね。

では早速女王の一口パイの意味やら他のパイ生地料理を見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

〚ブシェ・ア・ラ・レーヌ〛のいわれ

この女王の一口パイのいわれを調べていくと、実在した女王の苦悩と企みのお話でした。

マリー・レツンスカMarie Leczinska (1707-1768) が 〚ブシェ・ア・ラ・レーヌ〛のレシピの原点で、この女性はポーランド王のポローヌ・スタ二リスの娘である、1725年にルイ15世と結婚して女王となりました。

最初の9年は王も女王に誠実で、相思相愛は宮廷では稀なことでした。2児目の子供の誕生してから、女王が疲れルイ15世に対してもう着飾ることもやめると、夫が浮気をするようになったとのことです。

そこで女王は、夫ルイ15世のその気を取り戻す為に、宮廷の料理人に頼んで、ありとあらゆる内臓を、パイに詰めた料理を考案することになりました。所謂精力剤ですね(^^♪

女王の計画は成功しなかったものの、女王の父親であるポーオーランド王であり、ロレーヌの侯爵であったスタ二リスに気に入り、フランスで有名になったレシピということです(^^♪

そんな女王の思いで考案されたパイ生地料理です(^^♪

作り方はというと?

〚ブシェ・ア・ラ・レーヌ〛

は真ん中をくりぬいてパイ生地を用意し、といた卵をパイ生地に塗り、重ねてオーブンで焼き上げ、別にトリ肉やら内臓、マッシュルームを炒めて、ベシャメルソースと混ぜて、パイ生地にベシャメルソースをかけて出来上がりです。

飾りつけにはパイ生地の帽子をのせるのが可愛いですね。パイ生地のサクサク感とベシャメルソースがよくマッチして、出来たてを食べるのがお薦めですよ。

パッと見は豪華に見えますが、簡単にできる一品ですよ。

ブシェ・ア・ラ・レーヌの意味は、ブシェが一口で、レーヌが女王なので、女王式に一口となります。でも一口では食べられません。

ブシェ・ア・ラ・レーヌ(bouchée à la reine女王の一口パイのベシャメルソースかけ)

ベシャメルソースのソースの記事はこちら➡フレンチソース特集

このブシェアラレーヌは、ベシャメルソースがかかっていると、女王の一口パイで、もともとパイ生地だけなら、

ヴォル・オ・ボン(Vol-au-vent 風飛行)

ヴォるオボン(風飛行)と言います。

作り方は、最初にパイ生地を丸くきりぬいておくのがポイントです。3層位で、5cm位厚みがでるのですね。

〚ヴォル・オ・ボン〛のアイスクリーム添え

ボル・オ・ボンがオーブンからでて焼きた熱い間に、アイスクリームをかけると、アツアツでアイスクリームがとけて、美味しくなります。

イチゴなどの付け合わせが綺麗です。

アイスクリームパイ(Vol-au-vent 風の飛行)

パイ生地は、そのほか随分料理があります。

カモ肉コンフィとフォアグラのパイ包み

パイ生地の中に、カモ肉とキノコを合わせてオーブンで焼いた一品です。

具材には、

  • カモ肉のコンフィ
  • フォアグラ
  • 〚プラーロット〛のキノコ

が入っています。キノコを炒めて生クリームで和え、全部をパイに詰めてオーブンで焼きます。(^^♪

こんな感じです。フォアグラが入っているので、やはり美味しい(^^♪

カモ肉コンフィとフォアグラとキノコのパイ包み焼(feuilleté de confit de canard au foie gras et aux pleurotes)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

古今東西、想う相手を自分に振り向かせたいという男心も女心も一緒ですね。そんな曰くのあるブシェアラレーヌ!綺麗な飾りつけです。

友達がきた時には、あっといわせて驚かせたられる一皿と思います。それにこの料理は安上がりで簡単です(^^♪

なにせスーパーでパイ生地を買って、生地を切り抜いて焼いて、あとはベシャメルソース(バターと小麦粉と牛乳)をかけらばokです。内臓は入れなくても、トリ肉とマッシュルームだけでもOKです。

女王の話もお披露目して、テーブルが盛りあがれば幸いです。

フランスバター記事はこちらです↓

フランスのバター、【エシレ】【ボルディエ】【ベイユベール】などの有名バターがありますが、他のメーカーのパッケージにも「生バター」とか、「発酵...
フランス料理で「ガルニチュール」とよく目にしますが、ガルニチュールはフランス語の「ガルニール(=備え付ける)」から来ている言葉で、「付け合わ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事