ブーダンノワールのソーセージの食べ方!付け合わせは何がいいか?

スポンサーリンク

ブーダンノワールのソーセージと言えば、「ちょっと。。。」と腰をひいてしまうそうな色目で、なんでできているのかと不思議に思いますね。

フランス語でノワールは黒という意味です。

ですので、黒ブーダンのソーセージという意味になりますが、ブーダンはソーセージの中でも、ちょっと特別です。

色目が特別濃いのは、ある食材を使っているからで、味もその分濃いです。

好き嫌いがはっきりするとも言えますが、フランス料理には、馬刺しのようなカルパッチョもありますので、生肉を食べるのと似ています。

そこでこの記事ではブーダンノワールのアレンジについてご紹介します。

ではブーダンノワールの食べ方を早速みてみましょう(^^♪

スポンサーリンク

ブーダンノワールのアレンジ

ブーダンノワールのアレンジに一番使われるのは、やはりジャガイモのピューレです。

食べ方としては、ブーダンのソーセージが濃厚な味ですので、色が黒ですので、ジャガイモのクリーム色であかるくなるというのもあります。

なにせ綺麗にアレンジができます。

ブーダンノワールとガルニチュール

ブータンノワールは、色がほぼ真っ黒です。

ですので、付け合わせには白ぽい色のジャガイモのピューレなどが合います。

ブダンソーセージを食べ方としては、どっしりと食べるときですので、ジャガイモのピューレは、色の面以外でも最適です。

また、こんなブーダンノワールもあります。

付け合わせのジャガイモのピューレは、下に敷いてそ上にブダンノワールをのせ、リンゴのソテーを散りばめています。

リンゴを一緒に食べると、口に中がさっぱりします。トマトなども一緒にかざると綺麗ですね(^^♪

ブダンノワールのレシピ

ブダンノワールのレシピは豚の血の他に、肉と玉ねぎがメインに入っています。

ブダンノワールのレシピ

豚肉ミンチ 1キロ
玉ねぎ   1キロ
豚の血   1リットル
塩     30グラム
コショウ  15グラム
唐辛子   少々

豚肉のミンチと玉ねぎの細切れ(ハンバーグに入れるくらい)を20分くらいフライパンで炒め、火が通ったら、火からおろし、冷えたら血を入れて、味付けに塩コショウと、辛子をいれます。

香辛料には、Piment de Cayenneと言って、唐辛子があります。

ブダンノワールに少しいれるだけで、味が引き立ちます。

混ぜて、豚の腸の袋に少しづつ入れ、腸の端をくくってできあがりです。

腸の中にはいったブダンは、約80度のお湯で煮ると保存できるようになります。

そのまま、出来上がったブーダンノワールをフライパンでソテーして、付け合わせと盛り付けします。

写真のように盛り付けてする場合は、丸型にジャガイモのピューレと、ブーダンノワールを混ぜて盛り付けてもいいです。

このブダンノワールのソーセージはフランスではとてもポピュラーです。

フランスで各家庭でだれでも作っているかといえば、お肉屋さんか、スーパーで購入します。

お肉さんであれば、焼いてある状態で売っているときもあります。

またスーパーであればパックになって売っていますので、あとはフライパンでソテーするだけです。

盛り付けができれば、暖かいうちに食べましょう(^^♪

この楽天のブータンノワールは、1本が約120グラムです。

始めて食べる場合は、むっとするかもしれません。食文化が違いますし、最初はこの写真くらいに、少しの盛り付けてでも良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。

ブダンノワールのソーセージの食べ方をまとめました。

フランス料理でもこってり目のソーセージです。

ジャガイモのピューレにアレンジして付け合わせにすると、むかつくという場合は、リンゴのソテーがおすすめです。

口がさっぱりします。

見た感じで、受けつけたくないという方もいらっしゃると思いますが、慣れると習慣性がある味で、フォアグラやトリュフ見たいな感じで、また食べたくなるものなのですね~(^^♪

それに、女性なら生理時で体内の血の量が減るときなど、お役立ちいっぱいのブータンノワールです。

ご参考になれば幸いです。

フランス料理のメニューで「ガルニチュール」とよく目にしますが、ガルニチュールはフランス語の「ガルニール(=備え付ける)」から来ている言葉で、...
星付きのレストランの料理は美味で、盛り付けも洗練されていてケチのつけようがないですよね。 でもお値段が高いですし、フランス人が頻繁に食...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事