ブリオッシュの食べ方!シャンパンとそれともチーズとおしゃれに?

スポンサーリンク

ブリオッシュ、美味しいですね。

適度に効いたバターと、柔らかさがたまらないです。

パンといっても、ふっくらしていますので、そのまま食べるものいいですが、付け合せでブリオッシュはいろいろと味も食感も違ってきます。

ブリオッシュはフランス各地の伝統菓子でもありますので、オリジナリティがあるブリオッシュもあります。

そんなブリオッシュには、付け合せの食材で、ぐんと美味しくなりますし、飲み物とあわせるとおしゃれな空間ができます。

  • タルティーヌ
  • チーズ
  • あずき
  • シャンパーニュ

など、この記事では色々なブリオッシュの食べ方をご紹介します。

では早速見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

ブリオッシュの食べ方

ブリオッシュの形も大きさも色々です。

ですので、種類に応じてスライスをしたり、そのまま食べなど、タイプによって食べ分けるのがお薦めです。

まずはそのまま食べられるブリオッシュです。

パリのブリオッシュ

ブリオッシュと言えば、この「上に帽子が乗っている」のがパリのブリオッシュで、小さいのなら、5cmくらいしかありません。

ちぎってみても、すぐ簡単に切れます。

このパリのブリオッなら、そのままカフェオレと一緒に食べるのが美味しいです(^^♪

次はブリオッシュが長方形タイプなら、スライスをして食べます。

ブリオッシュ・メゾン

食パンに似ている長方形のブリオッシュで、「ブリオッシュ・メゾン」と言って、各パン屋さんで作っています。

特に名前がなく、自家製ブリオッシュと言っています。

切るとこんな感じで、食パンのように食べられます。

このようなブリオッシュなら、ジャムとバターでタルティーヌにして食べるの美味しいです。

タルティーヌ

【タルティーヌ】は、パンにバターとジャムを塗ったものです。

フランスパンもタルティーヌにして食べます。

これはフランスパンをタルティーヌにしていますが、結構バターもジャムもたっぷりつけます。

タルティーヌにしたブリオッシュをこんなカップにどぼっと浸して食べます。

ブリオッシュはチーズとすごく上手く合います(^^♪

チーズのマスカラポーネ

ブリオッシュを小さく切って、上にマスカラポーネのチーズと一緒にあわせます。

マスカラポーネのチーズは粘りが強くできていますので、小さく切ったブリオッシュにも上手く載ります。

マスカラポーネの上に、小エビとサーモンを小さく切って載せました。

ブリオッシュ自体は、黄色っぽいですので、白のマスカラポーネにキュウリなどを小さく切って、クリームにしても良いです。サーモンやエビがオレンジ色でよく合います。

これと一緒に白ワインやシャンパンは美味しいです(^^♪

あずき

焼きブリオッシュにすると、あずきととても良く合います。トースターで1分くらいで焼けます。

更にバターを塗って、茹でたぜんざいのあずきを載せて食べるのも美味しいです。

お腹が空いたときなどに食べると、おやつとしても良いですし、サクサクした食感を楽しめます(^^♪

ヤギのチーズ

ふっくらとしたブリオッシュに、ふっくらとしたチーズと合わせてサンドイッチにするのもお薦めです。

ブリオッシュはやはりふっくら感がありますので、柔らかいチーズが合います。

ヤギのフレッシュタイプのチーズは柔らかく、とても合わせて安いです。

野菜の上にトマト、チーズ、その上にオリーブオイルをかけると、くらくらするくらい美味しいです。

チーズの種類はフランスでは1000種類以上もあると言われています。数が多いで~す。 とはいえ、種類で言えば牛乳で作ったチーズがほとんど...

ガトー・バチュ(ピカルディー地方)

これはフランスの北のピカルディーのブリオッシュで、名前が「ガトー・バチュ」と言います。

ガトー・バチュの意味は、「叩いたお菓子」で、なぜ手で叩いて空気を入れる作ります。

ガトー・バチュのような空気が入ったブリオッシュなら、シャンパンと合わせて食べるのがお薦めです。

「ロゼのシャンパン」で合わせてみました。ガトー・バチュは軽めの味で、シャンパンとよく合います(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バターと空気が入って食パンにはないふっくら感があるパンです。

バター感が魅力で、そのまま食べてもいいですが、少し食材を加えることで、食パンでは味わえないものがあります。

管理人もいろんなブリオッシュを試しましたが、シャンパンと合わせたり、またチーズと合わせるのが美味しい食べ方だとおもうようになりました。

チーズは沢山の種類がありますし、ブリオッシュの上に載せて、オリーブオイルをかけると、サラダ的にもなります。

タルティーヌとして簡単に食べてもいいですが、いろいろ試すと、家で簡単に映えるブリオッシュができます。

またブリオッシはパンペルデゥのように、ブリオッシペルデゥも作れます。

パンペルデゥというデザートを聞いたことはあるでしょうか。 フランス語なのですが、こんな名前になっているのには曰くがあります。 和...

ブリオッシュ種類はこちらの記事へどうぞ↓

ブリオッシュには実際に沢山の種類があります。 それもそのはず、各地で伝統的に作っているものがあるからです。 フランス各地でそれぞ...
スポンサーリンク
【パックをして綺麗になる!】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事