ブリオッシュナンテールの魅力を総ざらい!他のパンとの違いは?

スポンサーリンク

ブリオッシュナンテールはサクッとちぎれるその形が独特なブリオッシュです。

このブリオッシュの形は、まるで流れ星というのか、なにか流星群をイメージすると思われるのではないでしょうか。

そんな形のために、ブリオッシュナンテールは人気なのですね。

そのせいか、いつもパン屋さんでも良く作られている種類の一つです。

とはいえ、他のブリオッシュの中には、ブリオッシュナンテールに似ているものもあり、しかし、同じ名前にはなっていないものもあります!

自家製ブリオッシュと言われていますし、他の言い方も実はあります。

ではそんな自家製ブリオッシュもまとめて見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

ブリオッシュナンテールとブリオッシュメゾン

ブリオッシュナンテールの特徴は小さな区画が隣り合わせになって、くっついて群をなして見えるところです。

ブリオッシュ生地を小さく切り、丸めて型に入れて焼き上げて作ります(^^♪

ブリオッシュ・ナンテール(brioche Nanterre)

丸い区画の配置が、横列でずれていないタイプと、ずれているタイプがあります。

最初のはずれているタイプです。

また、丸がずれていないタイプもあります。

ブリオッシュナンテールは、小さな丸型をパン型に詰めて作りますので、横列がずれるか、真っすぐかは、パン型と丸の生地の大きさによるだけです。

ブリオッシュナンテールと作り方が違うのは、「ブリオッシュ・パリジィエンヌ」です。

パン型の中に並べないで、大きな丸生地の上に浅い穴を開けて、小さな丸を載せて作ります。

また、ブリオッシュナンテールは、自家製ブリオッシュとも言われている場合も多いです。

ブリオッシュ・メゾン

それぞれのパン屋さんで、ブリオッシュは工夫されて作られています。

最近パン屋さんで買った中に、こんなブリオッシュがありました。

これは、「ブリオッシュメゾン」といい、メゾンの意味は、家なので、自家製ブリオッシュです。

つまり、特に名前はないのですが、パン屋さんで粉を練って成型して焼いているということです。

言い方は、このブリオッシュメゾンの他に、「brioche pur beurre ブリオッシュ・ピュール・バー」とも言っています。

意味は、ピュアーなバターのブリオッシュです。

バー(ブールとも日本語で書かれているときがあります。)は、バターで、ピュールは純粋なという意味です。

実際、ブリオッシュにはバターをたっぷり使っています(^^♪

その他に、自家製ブリオッシュでこんな形のもありました。

ナンテールの2列で、ずれていないタイプです。

食べ方として、どのブリオッシュナンテールも、ピュールバーのブリオッシュも、厚さを2㎝くらいにスライスして、バターやジャムを付けて食べることが多いです。

そんなときはカロリーは気にしないようにします(^^♪

ブリオッシュ・ナンテールのレシピ

基本的なブリオッシュのレシピです。

  • 薄力粉(T45)  300グラム
  • 卵 3個
  • 牛乳 30グラム(なしでも可)
  • 砂糖 100グラム
  • バター 150グラム
  • パン屋さんの酵母 15グラム
  • 塩 5グラム

フランスの小麦粉でお菓子やパンに使われるのは、薄力粉(T45)と強力粉(T55)です。

うどんには中力粉を使いますが、中力粉は、薄力粉と強力粉を半々ににするとできます。

ブリオッシュは大体薄力粉を使いますが、強力粉を使うと少ししっかりめの食感になります。

また砂糖を80グラムにして、バターを200グラムにすると、よりしっとりとしたブリオッシュになります。

焼き上げる前に、成型した上に卵を塗ります。

最後にといた卵を塗る分は残しておくと、別に一つ割らなくても良いです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブリオッシュナンテールは、ブリオッシュのなかでもその形のためか、名前がとても有名です。

とはいえ、ブリオッシュナンテールのレシピはブリオッシュパリジェンヌと同じで、バターは沢山使われていることから、ピュールバターブリオッシュとも言われているくらいです。

ブリオッシュは、スーパーにも袋に入って売っていますが、パン屋さんで買ったのは味も風味も違って美味しいです。

朝食にカフェオレと一緒に食べるのは、美味しいですね。

ブリオッシュには実際に沢山の種類があります。 それもそのはず、各地で伝統的に作っているものがあるからです。 フランス各地でそれぞ...

パンペルデゥというデザートを聞いたことはあるでしょうか。 フランス語なのですが、こんな名前になっているのには曰くがあります。 和...
スポンサーリンク
【パックをして綺麗になる!】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事