カヌレとクグロフの違いとは?どっちも美味しいけど決定的な違いあります

スポンサーリンク

カヌレとクグロフは、確かに見た目も似ている部分がありますが、素材から食感までずいぶん違います。

片やボルドーのカヌレ、片やアルザスのクグロフと、どちらも歴史がある地方の伝統菓子です。

カヌレは外側が固いのに、中がもっちり感があって、またクグロフは全体がふわふわしています。

その違いの原因は、材料と焼き方の違いからきています。形が似ているというのも事実ですが、大きさによって食感にも違いがでてきます。

では早速、カヌレとクグロフの違いを見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

カヌレとクグロフの違いとは?

カヌレとクグロフは見た目で形が似ていますが、決定的な違いは、カヌレは卵菓子で、クグロフはブリオッシュです。

こちらがカヌレで、

こちらがクグロフです。

どちらも型に入れて焼きますので、成型した面で似ていますが、外側のコーティングが違い、食べてみるとこの二つは別ものです。

先ほどカヌレを卵菓子といいましたが、卵の割合が多いのです。片やクグロフにはレーズンなど干し果物が入っています。フワフワですが、重厚なブリオッシュです。

二つの具体的な材料の違いを見てみましょう。

カヌレの材料

カヌレ(canelé)の材料です。

  • 牛乳1リットル
  • 砂糖 500グラム
  • 小麦粉 250グラム
  • 卵 4つ
  • 卵黄2つ
  • バニラ エキス少々
  • ラム酒 少々
  • バター少々

砂糖に対して、牛乳が倍の量もあることと、卵の中でも、卵黄に割合が多いこと、またラム酒が効いているのが特徴です!

それと、発酵の過程がありませんので、どっしりと詰まった食感です。

クグロフの材料

クグロフ(kouglof)の材料です。

  • 薄力粉500グラム
  • 天然酵母20グラム
  • 卵2個
  • 砂糖75グラム
  • 干しブドウ100グラム
  • バター125グラム
  • 牛乳250グラム

クグロフは分類で言えばブリオッシュですので、小麦粉に天然酵母を入れて、発酵させてふっくらとさせて焼き上げます。

またカヌレと比べても卵の割合が少ないことが特徴です。

では、食感や味について見てみましょう。

表面と直径の違い

カヌレもクグロフも型に入れて焼いて、型から出してから、クグロフには、粉砂糖をふります。それで中の水分を閉じ込めることができます。

カヌレの表面は固く、カリカリとしています。外側がカリカリするのに、砂糖の割合あります。小麦粉1に対して砂糖が2です。

最初にオーブンに入れる時に、温度を約300度くらいまで上げます。それから180度まで下げることで、砂糖の割合が多いことでこのカリカリ感が出ます。

大きさは、カヌレは直径が4㎝くらいですが、小さいのは2㎝くらいのもあります。

カヌレの味は、直径が大きい方が美味しいです。中はもっちりしていますので、口の中に入れたとき、このもっちりの割合と、カリカリの割合で、直径4㎝くらいのが美味しいです。

また、クグロフの直径は小さいもので、8㎝くらい、通常は20cmくらいと、パン屋さんでも色々な大きさを作っています。

こちらのパン屋さんでは、左のが直径約8㎝、右の大きいのは直径20cmです。

お店によっては、直径8㎝くらいのばかりを作っているところもあります。

クグロフも、直径が大きい方が美味しいです。中はふっくらしていますので、その部分がある程度大きい方が美味しく感じます。

クグロフを作っているパン屋さんは、パリでも少ないです。

手間がかかると、割高になるので、買う人が少ないという面があります。

中の違い

カヌレの中は、卵の黄身が多いことで色は黄色で、外側が固く中が柔らかい、その差があることで噛み応えがあるのも人気の一つです。

それに対して、クグロフはブリオッシュですので、全体にふっくらとしていています。レーズンも入っていますし、ちょっと高級な感じです。

カヌレがちょっとしたおやつという感覚にたいして、クグロフを食べるときは、時間があるときに、ゆっくりといただきたいお菓子って感じだと思います。

クグロフの肩を持つわけではありませんが、美味しいクグロフは美味しいです。

まとめ

いかがでしょうか。カヌレとクグロフの違いをまとめてみました。

同じ地方の伝統菓子とはいえ、ボルドーのカヌレと、アルザス地方のクグロフは材料の面でも、焼き方も違います。

カヌレは外側が固く中が持っちりしていることで、その差で噛み応えがあるというのも人気のひとつですし、クグロフは、レーズンも入っている柔らかいブリオッシュで、まったり感がなんともいえないです。

どちらも、それぞれの地方が伝統を継承しているお菓子で、甲乙つけがたいです。

ただ、身近に感じるかどうかで考えると、カヌレはどこでも売っていますので、食べたいときに食べることができますが、クグロフは売っているお店が少ない分、馴染みが少ないです。

パリ市内でももっと、売っている場所が増えるといいなと思います。

ご参考になれば幸いです。

コンフィというと、鴨のコンフィがとりわけ有名です。 フランスの南西部は鴨の飼育が盛んで、鴨料理のフォアグラのポワレやフォアグラのテリー...
フランスでもバターは、料理のいたるところで使われる、とても一般的な食品です。 フランスのバターの中でも、日本のものとは大きく異なるバターに「...

スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事