カスレとはどんな料理?フランス南西ならではの特徴あり?

スポンサーリンク

「カスレ」という白の金時豆を使った、フランス南西のトゥールーズという都市の有名な豆料理があります。

豆料理というと、日本では「あんみつ」、「金時豆」など、砂糖で煮込んだデザートをイメージしますよね。

フランスでは、豆は砂糖で味付けをすることはなく、塩味で料理の付け合わせにして食べます。

このカスレはメインが豆です。ですので、付け合わせのように、お皿の片隅にひっそりいるのでへないのです。

カスレファンは多く、パリでも南西料理店では通年のメニューにでています。

鍋料理ですので熱いですし、夏に食べるとかなり体がホットになります。

ではそんな夏にでもたべてみたいくなるカスレを早速見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

カスレとはどんな料理?

カスレとは豆料理で、中にソーセージやカモも一緒に煮込んだ素朴な料理です。

南仏と言えば、ニースやコートダジュールも有名ですが、トゥールーズフランスの南に位置する大きな都市で、観光客も多いです。

トゥールーズの特徴は赤いレンガの町として有名ですが、トゥールーズへ観光すれば、このカスレを食べます。

トゥールーズに行ってカスレを食べずに帰ってくるのは勿体ないですね。

カスレの特徴

カスレは郷土料理で、地方の特産物を使っています。このフランス南西の特産物の代表は

  • カモ
  • ソーセージ
  • 白の金時豆

です。

カスレの発祥の地は、カステルノダリイ(Castelnaudary)とも言われていて、白の金時豆の生産も多いのです。

フランス南西の料理で、「フォアグラ」も有名ですが、鴨肉の料理の一つで〚鴨のコンフィ〛と言って、鴨肉に塩コショウをまぶして、ニンニクとタイム、ロリエをふりかけて、長時間油肉で煮込んだ唐揚げに近ものがります。

カスレには、白の金時豆と、〚鴨のコンフィ〛を一緒に煮込んんだものです。

伝統的に作ると、このように土鍋で煮込みます。

中には、ソーセージやカモ、豚肉が入っています。金時豆も柔らかく、塩味が効いて美味しいです。

全てがフランス南西の特産でできています(^^♪

カスレに合わせるワインは?

南西といえば、ボルドーワインが有名ですが、「マディラン」といって、トゥールーズからすぐ西に行ったところにあるワインがあります。

ボルドーワインの品種は、

カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー

です。カベルネ・ソーヴィニヨン7割以上を占める、少しかび臭い香りを出せるのがボルドーワインの特徴です。

マディランは、ボルドーワインより、もっと太陽を浴びた力強さを感じるワインです。

マディランの品種は、

カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、タナットゥ

で、ボルドーワインにあった、品種のメルローがなく、その代わりタナットゥが入っています。

この「シャトー・ブースカッセ  Chateau Bouscasse」もすごくバランスの取れたワインです。

そのままチーズにも合わせてもいいですね(^^♪

カスレの缶詰はどんなの?

カスレは、スーパーでも随分と売っています。缶詰になっていますので、そのまま開けて、お皿に盛りつけて、電子レンジでチンで4分位で出来上がりです。

トゥールーズで作られるのもありますが、カステルノダリイ(Castelnaudary)製も多いですよ。

缶詰でも、カモ肉とソーセージが入っています!

管理人は最初、金時豆と塩味のコンビネーションがどうもピンとこなく好きな料理ではなかったのです。しかし食べていくうちにおいしさを感じる料理だと思います。

楽天で調べたら、売っていませんでした。もしトゥールーズまでお出かけの場合は次のレストランがお薦めです。

トゥールーズのカスレのレストラン

ル・ドゥルンビエ(Le Dldmbier)

こちらのレストランは、1873年から営業をしているトゥールーズでも老舗のカスレのレストランです。

トゥールーズの中心に位置し、お昼は観光客が、そして夜なら常連さんでいつも満席です。

内装も凝っていて、レンガの壁にしています。

メインは勿論カスレがありますが。

その他に、牛肉も美味しいですよ。

この日は、マディランでお肉と、カスレに合わせました。

レストラン

●名前 :Le Colombier
住所 :14, Rue de Bayard 31000 Toulouse France
電話 : 05 6162 4005

値段 : 【前菜とメイン】、【メインとデザート】で19ユーロでのメニュー

アラカルトで、前菜が15から、メインが25から、デザートが9ユーロから。

定休日と営業時間: お昼12時~14時(火~金曜日)、夜19時15~22時

月、土曜日のお昼と日曜日は休み。

サイト : http://www.restaurant-lecolombier.com/

まとめ

いかかでしたでしょうかカスレの料理。

トゥールーズの代表料理ですが、豆が塩料理として使われるのは新鮮ですね。

このカスレの良しあしは、勿論カモ肉やソーセージの味も関係しますが、メインは豆ですので、その年にとれた新鮮は豆だと、柔らくても風味も良く美味しいです。

カモ肉は、コンフィもありますが、このような豆とも相性がいいものです。

家で作る時は、カモのコンフィがない場合は、豚肉とソーセージでも美味しいです。

またトゥールーズの観光も機会があればお薦めです。赤いレンガの町は南西までいくと多くなります。アルビという町や、カルカソンヌも近いです。

緑が多い地帯です。食べ物と森林浴を楽しんでくださいね。

ブッシュドノエルはクリスマスに欠かせないロールケーキで、ここフランスでも、どこの家庭でもクリスマスのディナーの後に食べる習慣があります。もち...
フランス料理で「ガルニチュール」とよく目にしますが、ガルニチュールはフランス語の「ガルニール(=備え付ける)」から来ている言葉で、「付け合わ...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事