「 エンタメ 千春 」一覧

千春のことを綴っていってます。

松山千春のデビューと竹田さんとの出会い

審査員席のいた竹田ディレクターは、〚ギターが悪いね〛と千春に言った。 そうすると千春は、 〚俺は、ギターの品評会に来たんじゃないんだぜ、オレの歌はどうだったんだよ?〛と挑んだといいます。 竹田さんにしてみれば、 〚ギターが悪いと言ったのは、最大の褒め言葉だった〛と言っていました。 そして、 〚歌は、文句のつけようがなかった〛と、〚美しくどこまでも伸びる高音。。。〛 34歳のしがないラジオディレクターの血が熱く騒いだといっていました。

千春が機内で熱唱の時、『大空と大地の中で』やっぱり歌えるっていいな。。。ANAでした。

8月20日、 ANAの札幌発、大阪行きの便が出発予定時刻のお昼を過ぎても、そのまま動かないで待機中だった。理由は保安検査場の混雑だったということです。お盆のなごりでよくある話。機内では、お詫びメッセージが流れていた、機体は待機中の続行。 そこで乗客の一人である、愛嬌満点の千春が、イライラしている乗客のことを考えて、歌の一つでもということで、一曲サービスすることになったということ。時間待ちって結構長いですよね。。。