「 マクロン・ジレジョーヌ 」一覧

マクロン政権が発足してから、人気は急降下。悪い人ではないのに、コミュニケーションで人の怒りをかいつづけています。その一つがジレジョーヌです。それが波及して、ジレブルーまできてしまいました。改革はすすみません。今後の舵取りが難しくなってきています。

ジレジョーヌからジレブルー?デモの波及で警官の不満も続出です

ジレジョーヌのデモの規制や警護で、この5週間の出動を余儀なくされていた、警察官や機動隊員がデモの行動を!それも名前が「ジロブルー」。ジレジョーヌの動きには、冷ややかな市民もいますが、ジロブルーの要求には当然の権利と思っている市民が多いです。いかんせん、予算がないフランスは、どのように支払いをできるかが焦点です。

フランス極右党首 マリーヌ・ルペンはエリート?資産は?

8歳のとき、1976年には父親の住む家がテロで被害にあっています。命の別状はありませんでした。当時もう約50年前でも、国民戦線を狙っていたということですね。。。。 その後、1984年、マリーンルペンさんが、17歳のときに、両親が離婚しました。このでは、マスコミ沙汰になって、マリーンルペンさんはとても傷ついたと言われています。まだ17歳でしたからね。

マクロン大統領に急激な人気降下の理由 傲慢にみえるのは何故?

パリ祭の前日に行った軍総司令官への傲慢な態度がまずはきっかけと そして、低所得者層への住宅補助金の金額を月額5ユーロも下げたことです。 この補助金は全世帯の2割がもらっているので、毎月5ユーロ少なくなった ことで、不満がつのってしましました。