松山千春のデビューと竹田さんとの出会い

スポンサーリンク

1977年(昭和52年)1月25日千春は〚旅立ち〛でデビューしました。

2016年にはデビュー40周年を迎えました。千春のデビューするまでと、恩師竹田さんとの出会いを振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

千春のデビューから

1975年(昭和50年)4月に行われた、フォーク音楽祭北海道大会帯広予選会に出場した千春は当時19歳で、お父さんの十勝新聞に勤めていました。

フォーク音楽際の予選には、17番で出番となりました。

千春は当日、新作を作って会場に行ったのですが、譜面を見れないという条件だったので、千春は頭に入っていた曲〚旅立ち〛を歌うことに急遽変更して挑んだのでした。

ギターを手にして4年が経ち、オリジナル曲が20を超えていた頃でした。

登場した姿はみんなの記憶にある、あのサングラスに〚ニッカポッカ〛でした。そして、千春は〚旅立ち〛を歌ったのでした。

竹田さんの目に映ったの当時の千春は〚生意気を絵に描いたような奴〛だったと形容していました。

「たとえようもない美し顔だちと、その声は、オレの心を一瞬で鷲掴みにした」と竹田さんは言っていました。

千春が歌を歌い終わり、審査員席にいた竹田ディレクターは、〚ギターが悪いね〛と千春にコメントを言ったら、

そうすると千春は、

〚俺は、ギターの品評会に来たんじゃないんだぜ、オレの歌はどうだったんだよ?〛と挑んだといいます。当時の千春らしい応答と感じますね(^^♪

竹田さんにしてみれば、〚ギターが悪いと言ったのは、最大の褒め言葉だった〛と言っていました。

そして、

〚歌は、文句のつけようがなかった〛と、

〚美しくどこまでも伸びる高音。。。〛

34歳のしがないラジオディレクターの血が熱く騒いだと言っていました。

それが二人の出会いでした。

フォーク際では、残念ながら千春は落選したのですが、竹田さんの目にとまり、1976年(昭和51年)の春から始まったSTVのラジオ番組で竹田さんの指導のもとで、毎週2曲ずつ、新曲を披露していくことができたのでした(^^♪

STVの人気番組、〚サンデージャンボスペシャル〛の中に作った〚千春の一人歌〛というコーナーでした。

わずか10分のコーナーが500人のSTV公開生放送がのスタジオが千春のファンで溢れるようになったのでした。。。

そして、コーナーが始まって10カ月後、1977年1月25日、旅立ちでデビューをしたのです。

その年の8月、松山千春旅立ちコンサート、ファーストコンサートツアー、全道7カ所で行ったのです。

1977年8月8日、北海道厚生年金ホールで幕が上がります。

〚なにげなく口ずさむ歌だけど。。。せめて君には褒めてもらいたい、心をこめて歌うから。。。君のため作った歌。。。〛と。。。

プロのフォークシンガーとして、一歩ずつ歩き始めた、8月27日、函館のコンサートの当日朝に会場に行くと、竹田さんの姿がなかったのです。

急性心不全で36歳の若さで亡くなられました。

そして、竹田さんが亡くなられてから1カ月後、千春の一人歌のコーナーも終了となりました。

竹田さんの死後、5枚目のシングル、季節の中でがヒットして、北海道のスーパースターから、全国のスパースターとなりました。

そして、2016年1月25日、旧厚生年金会館で〚千春を見守る会〛で40周年コンサートとなったのでした。

この厚生年金会館は今は〚ニトリ文化ホール〛となっています。デビュー前には竹田さんに連れられて、〚ハイファイセット〛のコンサートを聴きに来ていたのでしたが、それから40年が経ったのでしたね。

なにか、目に熱いものを感じるのは私だけでしょうか。

まとめ

誰にでも、その人だけの〚出会い〛というのがあります。千春にとって竹田さんは、会うべくして会った運命の人だったのでしょうね。

将来山のものとも海のものとなるか分からない青年に、自分の退職金を託してデビューさせてくれるディレクターという存在のような方はそういるものではありません。

そのおかげで私達は、千春の歌が聴ける訳ですから。

千春と竹田さん、有りがとう(^^♪

そおえば、千春の家も小さい時は随分と貧乏だったということですが、でも当時って北海道もそうだけど、日本全国がまだまだ経済が成長前だったと感じま...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事