松山千春と近所のおばさんの一言!後からよく聞くけど

スポンサーリンク

そおえば、千春の家も小さい時は随分と貧乏だったということですが、でも当時って北海道もそうだけど、日本全国がまだまだ経済が成長前だったと感じます。

千春が、北海道のフォークシンガーから、日本のシンガーになって、スーパースターになったら、近所のおばさんが言ったらしい。

「あの子はやると思ってた」って。

なんで、後になってじゃなくて、その時に言ってくれないの?の疑問形には答えはないけど。。。

でもそう言ってくれるだけ、嬉しい気がしますね。

スポンサーリンク

コンサート会場の変化

千春が言ってたことで、シンガーとして段々売れてきて、全国のファンがついてきてくれて、コンサート会場の大きさが変わってくるって。

最初は勿論北海道ベースで活動をしていたし、全部「小ホール」巡りをしていた千春でした。名前も「花の小ホール巡り」ですからね。。。

それが、22歳で初めて「東京厚生年金会館小ホール」で夢の道外初のコンサート実現!

なんせ、道内ばっかりだったのが、東京でコンサートができるんだから、異例の速さでしたね。

それが、最初は「小ホール」なのが、もう少し売れると「大ホール」になっていくって。

それが、見に行くファンの方は感じなないけど、歌う方は違うって。なぜかというと、大ホールと小ホールの場所が、「楽屋から出て、階段を上に上がるか下に下がるかの違いって大きいんだよね」とコンサートで言ってました。

そりゃ、売り出し中なら、下に行くのは縁起がよくないよね。。。

髪の毛の変化

デビューして、千春が全国レベルになった時、足寄の公民館からフジテレビがやってきて、なんと総工費は1億5千万円かけて、全国放送をした時に、千春が散髪屋さんへ行って髪の毛の切ってもらったということで。

でも当時は千春も髪の毛はふさふさ、どうみてもカッコイイ。

行った先は、千春曰く、「美容室」で、散髪屋ではないということでしたが、美容院の担当してくれた、美容師さんはカットしていて、

「松山さん、ベロっと行くタイプですね」と。。。

ふさふさの人を捕まえて、べとっとって、美容師さんは、髪質をみて予測ができるなんてすごい!

でも、全国レベルになったシンガーを捕まえて、「べろっと」いくっていうのも、北海道気質ってすごいなと、思いました。

「普通、言わないっしょ」

ネックレスの変化

テレビ出演を断っていた千春でしたが、当時の小柳さんと久米さんの「ベスト10」のテレビ出演をとうとう承諾して、出演することになりましt。

当時のファンは喜びました。

コンサートに行けない人は沢山います!

当時のベストテンは、大体3分位の歌の選曲でした。ベストテンが曲の長さで歌を選曲していた訳ではなく、当時の歌の長さがそうだったというだけなのですが。

もう、千春のことを知らない人はいなくなりました。

でも、はっきりと疑問形を投げかける人は結構いるものだなと思うのですが、千春が飛行場のトイレに行って用をたすと、トイレ掃除のおばさんが、

千春の首にかけているネックレスをみて

「あんた、そんなに一杯ぶら下げて重くないの?」って。

言われてみれば、千春って貴金属を沢山つけていますよね。それをいとも簡単に、綺麗といわないで、「重くないの?」っていとも簡単に言える感覚にはおそれいりました。

まとめ

一言シリーズでした。でもシリーズと言うほどではないですが。。。

近所のおばさんの一言の「あの子は大物になると思ってた」って、ドラマでよく聞く一言で、ご近所に一人はそんな発言があるとおもいます。

いう人の方は、「そんな大物を小さい時から知っています」という意味なのか、テレビ局のインタビューで、「ご近所の息子さんや娘さんを褒めないといけないと思って」とおもっていうのか、さてどちらでしょう。

いつか千春のコンサートまた行きたいです。なにせ話が面白いですよね(^^♪

ちなみに北海道弁の語尾は

「○○だべか」です(^^♪、でもドラマの役者さんであんまり上手い人はいません。

地方訛りは、3か月では習得できないってことなのでしょうね。

私も大学時代関西にいましたが、大阪弁も京都弁も上手に話せずじまいで終わりました。。。

審査員席のいた竹田ディレクターは、〚ギターが悪いね〛と千春に言った。 そうすると千春は、 〚俺は、ギターの品評会に来たんじゃないんだぜ、オレの歌はどうだったんだよ?〛と挑んだといいます。 竹田さんにしてみれば、 〚ギターが悪いと言ったのは、最大の褒め言葉だった〛と言っていました。 そして、 〚歌は、文句のつけようがなかった〛と、〚美しくどこまでも伸びる高音。。。〛 34歳のしがないラジオディレクターの血が熱く騒いだといっていました。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事