女性は何歳から太るもの?おばちゃん体型にならずに済む方法あります

スポンサーリンク

あわよあわよというまに、あっという間にふとってしまい、「どうにかしないといけない」とは思っていたのに、気がつくと、おばちゃん体型になっていたという場合もあるかと思います。

このおばちゃん体型になるような、急に太る時期が女性にはあります。

閉経前の、更年期になる前の時期がそうですね。

何が変わるかは、ホルモンの分泌が変わってしまいますので、いままでと同じ食生活をしていると、太ってしまうのです。

そんなこと医師からも注意を受けていなかったと思って、あわよあわよという間に、太ってしまいますので、心の準備をして生活の見直しをしてみましょう。

さっそく何ができるのかを見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

女性は何歳から太るの?

男性にも中年太りがありますが、女性の中年太りが目立つのは、閉経があるからです。

閉経があるのは、一般的に47歳くらいからです。それまでにあったホルモン分泌が変わったころから急激に太ります。

では、ホルモンバランスの変化でそこまで太ってしまうのでしょうか。

中年太りが始まる理由

中年太りが始まってしまう理由は、閉経前からホルモンの分泌が減ってくるからです。

女性なら時期は多少ずれていても、太ってしまうのは通常経験してしまうことかと思います。いままでぜい肉がつかなかった箇所に、ぜい肉がついてきます。

ぜい肉がつく場所は主に、

  • 腰回り
  • 太股
  • 背中

の3か所が一般的です。体がまるくなった印象になります。

黄体ホルモンのプロゲステロンと女性ホルモンのエストロゲンのホルモンは、思春期に入ると女性の体内で生産され始め、少女体型から女性の体形へと変わり、ホルモンが出産ができる準備をしていきます。

それから出産がありり、閉経までホルモンの分泌があります。

しかし、排卵がなくなっていれば、もうホルモンの分泌はなくなります。

生産されなくなったホルモンの影響で体型が変わってきます。

女性ホルモンの役割

エストロゲンが作られている間は、エストロゲンが乳房、子宮内、骨や皮膚の中にあり,色々な役をしています。

  • 筋肉を強くする
  • 骨のカルシウムの定着
  • コレステロールの割合を決める
  • 精神的安定をさせる
  • 脳の保護

また、エストロゲンは脂肪を作ることと、水分の保持の役もしていますし、新陳代謝を活発にもしています。

このエストロゲンの脂肪を作るという面では、脂肪の割合が女性の体の約25%にも達しています。脂肪は体のエネルギーですので、出産をする女性の体として必要なエネルギーとなります。

ですので、エストロゲンが閉経になることで、生産されなくなれば、代謝も落ちて、筋肉も少なくなり、体型が変わっていくということです。

勿論、閉経前の女性ホルモンが分泌されている間でも、運動をしないことで、新陳代謝が落ちていくということはあります。

新陳代謝が落ちないように、ずっと運動をして、摂取カロリーより、消費カロリーが多ければ、太ることはありません。

ただ、エストロゲンが分泌されないことで、肌の張りや、筋肉が少なくなりますので、体重が同じでも、体型や皮膚の張りが20代と同じでい続けるのはかなり難しいといえます。

中年太りしない人

女性ホルモンが減って、太ってくるのは事実ですが、中年太りにならない人もいます。

太っていない人は、太らない食事内容で、太らない食べ方をして、運動もこまめにしている人です。

ものすごいストレスを感じてしまうと、沢山食べて、ストレスを発散しているという場合もあります。

中年太りになる背景には、運動もしない、よく食べるという生活パターンがあるということです。

運動不足が続かないように、こまめにちょこっと体操をしたり、食事の摂取カロリーは減らして、バランスの良い食事をしている人は太らないでいられます。

太らないようにすることは難しいですが、気をつけて運動も無理なくやっている人は、中年太り知らずです。

体重増加が止まらない理由

逆に体重増加が止まらないという場合は、新陳代謝が落ちて、食べた分のカロリーが、消費カロリーを上回っている状態が続いているからです。

少ししか食べていないと思っている場合がありますが、ほんの少しが少しずつ蓄積していって、結局食べるカロリーがすごくなっていることがあります。

「少ししか食べていないと」という感覚があります。

しかし、ジュースなどの飲み物は、から揚げや、カツ丼などを食べると、カロリーがあるのを自覚できますが、ジュースはカロリーがあるとは、自覚しにくいです。

おやつもドーナツは食べていないけれど、冷蔵庫を開けて、ちょっとした「つまみ食い」で、三度の食事の1回分を食べている場合などがあります。

そうすると、毎日4回食事をしていることになりますので、食べていないつもりでも、少しずつ太っていってしまいます。

出産後と中年太りの関係

女性の場合は、閉経後のホルモンバランスの変化の他に、出産後も体重増加につながる節目です。

約半年の間、お腹が大きくなり、運動ができないでいます。つわりもありますし、腰痛に悩むこともあります。

約10キロのお腹を支えた時期が半年続きますので、出産したからすぐに運動再開と行かないのが現状です。

出産後に運動不足解消といって、ジムに通えればいいですが、そんな環境にいる人は少ないですし、出産後から少しずつ太って、閉経を迎えることになってしまうという場合もあります。

しかし、太るかどうかは、意思次第という面が大きいです。

30代でも、40代でも大病や手術をすることもあります。そんな場合は、運動ができない時期で、筋肉も少なくなり、筋肉が消費するカロリーも少なくなり、太る条件がそろってしまいますが、やるかやらないかです。

管理人も、椎間板ヘルニアや、坐骨神経痛も経験して、その間は運動ができませんでした。体重もどっと増えましたが、痛みもなくなり、症状が軽くなると、また運動しようという気持ちになりました。

このような運動をしない期間はなるべく短くするように心がけるのが大事です(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。

中年太りは、ホルモンの分泌が変わる閉経前からなりやすいということです。

ホルモンの影響で、ここまで太ることに影響があるとは考えません。自分自身でも、体調も優れないじきが続き、億劫なことが多くなり、偏食気味で体重が増えてしまうと思いがちです。

しかし、ホルモン分泌の変化はそれ以上に、筋肉や脂肪につき方に影響があることも分かってきました。

ですので、そこは生活を工夫して、気をつけるところはきを付けていけば、太のは止められます。

  • バランス良い食事をする
  • つまみ食いは止める
  • 運動をする

などに気をつけることで中年太りは防げます。

あきらめないで頑張りましょう(^^♪

50代のダイエット!大変ですね。管理人も以前なら2,3日食べる量を減らすと体重が2,3キロすぐに減っていたのですが、それが無理になってきてい...
これらを、三分の一つづ、ちゃんと食べれば体は痩せていきます。 運動のほうは、一カ月後位から効果を感じてくると思います。 その日の体調もあるので、体調が悪い日は、運動は避けて、 そうすうと、食べる量を減らすという風に、二つのツールを交互に 操作していくのです。その感覚がだんだんとついてきます。

【参考資料】

https://www.e-sante.fr/prise-poids-hormones-sont-elles-en-cause/actualite/840

Dr Philippe Presles

https://www.santemagazine.fr/sante/menopause-et-andropause/les-niveaux-doestrogene-affectent-ils-notre-poids-326144

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事