メイク落としをするにはただの洗顔では不十分?美肌にはしっかり種を蒔く

スポンサーリンク

ファンデーションのメイクはただの洗顔フォームや石鹸では落ちません。

それでメイク落としは簡単に済ませたいと思い、ファンデーションは塗るのを止めようとおも思います。

しかし、日焼け対策にはファンデーションでしっかりガードしないと、シミやシワになってしまいます。

日焼け止めは沢山種類がありますが、予防度数が高いものもあり、塗る重ねることで、汗をかいても、落ちにくくくできます。

しっかりガードをすれば、その分メイク落としに時間がかかります、さっと落ちてくれません。

簡単にと思えばこすってメイク落としをしがちですが、お肌に良くないです。

そこでこの記事では、メイク落としに使うクレンジングにはどんなものを使うのが良いのかについて、ご紹介します。

肌質がありますので、自分の肌にあったものを選んでいきたいです。

早速みてみましょう(^^♪

スポンサーリンク

メイク落としとクレンジング

メイク落としはやはり面倒です。

夜遅くに帰ってきてそれから早く眠りたいというときに、ご飯だけ食べてさっさと布団に入りたいという時があります。

しかし、汗をかいた肌には、皮脂や汗などの肌内部からの汚れまもちろん、また外出をして外気などの汚れが肌に付着しています。

メイク落としをしないと、ニキビや肌荒れの原因となる皮脂つまりたりもありますし、積み重なると肌に透明感がなくなってきます。

ですので、メイクはそれらの汚れを取り除くためにも、必ず最低限行うほうがいいです。

自分の肌にはこの最低限とはどれだけでしょうか?

どんなメイク落としが必要なのか?

メイク落としの最低限は、どんなメイクをしたかによります。

メイクといっても、日焼け止めとお粉だけのメイクもあれば、ファンデーションも分厚く、そしてアイメイクをしている時、それぞれです。

簡単に落とせる薄いメイクなら、洗顔フォームだけでも大丈夫かもしれませんが、洗顔料の洗浄力も弱いと、毛穴に入り込んでいる汚れが落ちていないことが多いです。

ですので、クレンジングを行い、それから洗顔フォームで洗顔する、ないしは美顔器スチーマーを使って、メイクを浮かせて汚れを取りのぞくなど、その日のメイクの重ね具合によって行ってこそ、美肌を維持できるというものです。

その分時間は取られますが、肌に負担を極力かけないで行っていくことで結果がでてくるものです。

力を入れずに、洗浄力のあるもので優しくおこない、毛穴に微妙に入り込んだ汚れも取って、肌細胞を活性化させていきたいです。

また、メイク落としをするにも部位を考えておこなうのが重要と思います。

ある程度頑丈なTゾーンと、シミができやすいデリケートなUゾーンではちがいますので、部位対策をして行きたいです。

夜のメイク落とし

メイク落としの基本は、力を入れないで、優しくふき取り、泡をしっかり立てて泡で洗う、またスチーマーを使って、汚れを浮かせることが、基本となると思います。

部分に応じて、洗顔剤を使い分けて行っていった方がいいです。

まずは、しっかりとアイメイクをしてある場合は、目の周りから特に念入りに行うのがいいです。

マスカラや、アイライナー、それと眉毛を最初に落とさないと、クレンジングをする間、黒のメイク剤を顔に塗ったくってしまいます。

コットンにたっぷりめに、リムーバーをつけて、優しく目のメイクをふき取ります。ゴシゴシとるのは厳禁です。

目の後のクレンジングの部位は、顔全体です。

ファンデーションが汗をかいて全部はげ落ちていると思っても、ファンデーションは油性ですので、油性のクレンジングクリームか、クレンジングオイルで落とさないと、全部とりきれません。

油性のものには、油性のクレンジングです。

アイメイクを取り除いたあとは、TゾーンもUゾーンもクリームかオイルをのせて、優しくクルクルとマッサージをして、2,3分で拭き取ればOKです。

ここで、美顔器スチーマーでクレンジングすると、もっと綺麗にクレンジングができます。

【スチーマー】

クレンジングには熱を加えることで、効果がもっと出ます。効果的なクレンジングをするには温度が関係します。

スチーマーの使い方はこちら↓の記事を参照してください。

別記事で「美顔器スチーマーの効果」を書きましたが、この記事では「スチーマーの使い方」をお伝えしたいと思います。 一度できてしまったシミ...

部位別のクレンジングという意味では、Tゾーンは多少力をいれても大丈夫ですが、Uゾーンをゴシゴシするのは禁物です。

スチーマーを使うメリットは、熱い蒸気で、メイクを簡単に浮かせることができます。

そのあとさっとふき取りったところで、次にアルカリイオン水を吹きかけ、馴染ませてお湯洗顔します。

【アルカリイオン水】

アルカリイオン水とは、あまり聞きなれないないと思いますが、簡単でさっと使えます。

管理人が使っているのは、【救清水】と言って、超アルカリイオン水です。毛穴にはどうしても、残留物が残っていきますので、アルカリ性のイオン水を吹きかけると毛穴の掃除になります。

左がスプレーの容器です。

アルカリ性水とは、酸性の反対の水です。

食べ物でも、水でもペーハー(㏗)といって度数があり、酸性~アルカリ性まで1~14までの段階に別れています。

人の肌は大体【7】くらいに位置します。その他に、

レモン汁が【2】、リンゴが【3】、トマトが【4】、牛乳が【6,6】、洗濯洗剤が【13】などです。

洗濯洗剤とまなると、㏗は13となっています。アルカリ度が上がると洗浄効果がでてくるということです。この救清水は【12】で作られています。

アルカリ性イオン水は殺菌・抗菌作用がありますので、マッサージとクレンジングクリームをふき取ってから、その上にスプレーで吹きかけて、顔になじませそれからお湯ですすぎます。

アルカリイオン水は、まず、毛穴の中の汚れを落ちやすくさせます。毛穴が綺麗になれば、その次に使う美容液や保湿クリームの有効成分が浸透しやすくなります。

【アルカリイオン水↓】

毛穴の汚れ落としにオススメ超アルカリイオン水「救清水」

【アルカリイオン水の使い方】

アルカリイオン水の使い方は、クレンジングをこすらないでふき取って、スプレーの容器にお湯で薄めて作って、スプレーして流します。

初日に使う時は、アルカリの㏗が12ですし、最初に肌がなれるまでは、薄めた方がいいです。

管理人は最初の1週間は水を沸騰させ、お湯が冷めてからイオン水に冷めたお湯をいれ、倍に希釈してスプレー容器に入れて使いました。

2週間目に入ると、普通に直接にスプレーしても大丈夫です。

スプレーをしてアルカリイオン水を肌馴染ませて、お湯洗顔を行い、その次に洗顔フォームで洗うのかは肌質によります。

油分が多いと感じれば、そのまま洗顔フォームを泡立てて、洗顔します。

この時気をつけるのが、泡で洗って、肌をこすらないようにすることです(^^♪

そのあと、30回くらいは水でばじゃばしゃして泡を洗い落としましょう。

メイクも粉おしろいや、すっぴんだと、石鹸なしの水洗顔でいいのではとも思いますが、石鹸は必須なアイテムです。

洗顔をしすぎると、肌に悪いと思ってしまいますし、外出して外気にあたらないと、水洗顔っがいいと思います。

しかし、食事の残留物が皮脂として毛穴から出、汗の中にある細菌は繁殖して臭いや腐敗の元ですので、最低洗顔フォームを泡立てて洗うのがいいです。

朝の洗顔は必要か

クレンジングと洗顔は必要なことですが、なるべく回数を少なくすることと、効率良くやることが大事です。

夜に先ほどのクレンジン洗顔をした場合は、朝には自分自身の皮脂が出てきていますが、外気の大気汚染もありません。

ですので、朝はコットンに化粧水をつけて、軽くふき取りだけで十分だと感じます。

その上に、日焼け止めクリームと、普段のメークをしていけばいいと思います。

管理人も最初は、朝の洗顔は必要と考えていたのですが、もう朝洗顔をしなくなって3年くらいです。

その方が時間もかからないし、皮脂をとり過ぎないのも美肌には重要だと思うようになりました。

まとめ

いかがでしょうか。クレンジングと洗顔についてまとめました。

クレンジングは必要なのかと思いますが、汗として出る老廃物を取り去らないと、それでできものや、ニキビ肌荒れにもなりますので、面倒でも行っていくのがいいです。

クレンジングはメイクを浮かせてクレンジング・洗顔をして、肌に負担をかけてないで行うのが望ましいです。

また、アイメイクなどはクレンジングの最初の段階で、取り去ってから顔全体のクレンジングをして、夜にしっかりめにクレンジングをして、朝はさっとコットンで拭き取りだけというのが、皮脂を余計にとりすぎないのも、お肌によっては大事なお手入れと感じています。

毛穴の残留物は、アルカリイオン水を定期的に使うと、綺麗になって次に使う化粧品が入りやすいです。

肌質はそれぞれで、何をするのがベストなのかと考えますが、お手入れを行って、肌が綺麗になってきたと思えるのが、一番の目安だと思います。

やりすぎは良くないですし、ご参考になれば幸いです(^^♪

朝起きて鏡を見て〚シミ〛がということがありますよね。 スチーマーは美肌のお役立ちグッヅです。顔全体に蒸気を当てて クレンジングとマッサージをすることで、潤いのあるお肌へとなっていきます。 美顔器でスチームは顔と首も一緒におこなって下さい。
合わせて読みたい記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする