プラリネとはデザート?チョコレート~ムースまで詳しくご紹介

スポンサーリンク

プラリネのチョコレートケーキは本当に美味しいですね。

カカオチョコレートのケーキも美味しいですが、プラリネが入っているとそれだけで、味にプラスアルファがあって、深みがでていると感じます。

管理人はプラリネの練り物が好きで、プラリネのチョコレートもたまに頂きます。プラリネはチョコレートだけではなく、ケーキの材料にもできますし、応用が利く材料です。

ケーキだけでなく、いろいろなデザートに使われているだけあって、飾り付けの土台にもなったりしているぶん、呼び方が複雑になっていてわかりにくいと思いと思いました。

そこで、この記事ではプラリネとはなんなのか、プラリネはどうのように使われているのかをご説明したいと思います。

では早速プラリネをみてみましょう(^^♪

スポンサーリンク

プラリネとは何?

まずプラリネとは、アーモンドやヘーゼルナッツを、炒った砂糖でキャラメル状にしてから、ペーストにしたものです(^^♪

プラリネの意味

プラリネは「ペースト」です。アーモンドをフライパンで炒ったものをプラリネと言っているものがありますが、正確には炒っただけでは、プラリネとは言いません。

プラリネの材料は、

  • アーモンド
  • ヘーゼルナッツ
  • 砂糖

の3つを使う場合が圧倒的に多いですが、アーモンドだけか、ヘーゼルナッツだけかどちらか一方のみで作る場合もあります。しかしアーモンドとヘーゼルナッツの両方を砂糖で炒って、ミキサーにかけて、ペーストしたものが多いです。

フランス語で定義を読むと、『pate』とありますので、アーモンドやヘーゼルナッツをキャラメルで炒ってコーティングしただけでは、プラリネとは呼びません。

このプラリネは、フランスのエグペルス (ピュイ=ド=ドーム県)の特産品で、アーモンドやヘーゼルナッツの他に、カカオバターや、バニラも味つけとして入っています。

プラリネのチョコ

プラリネ・チョコレートは、いろいろなタイプがあります。

これが、プラン社からでているプラリネのチョコレートで、色も薄茶色です。

名前が「プラリノワーズ」といって、プラリネのチョコレートというと、これを言っている場合が多いです。

ペーストのプラリネをカカオチョコレートに混ぜて固めたものもありますし、荒いペーストにしたプラリネを真ん中にして、カカオチョコレートで覆うタイプの板チョコもあります。

どちらも、プラリネのチョコレートです。

プラリネの色

プラリネの色は、茶色です。

ヘーゼルナッツも、アーモンドも中は、クリーム色ですが、砂糖を炒って茶褐色のキャラメルになりますので、そのままペーストにしますので茶色になります。

しかし、プラリネをベースにホワイトチョコレートを混ぜると、濃いクリーム色になります。

ペーストになったプラリネ

プラリネは、アーモンドとヘーゼルナッツを炒って作ります。

フライパンで砂糖で炒ります。

細かくしてから、ミキサーでずっと細かくしていくと、その後ペーストになります。

どこの時点で、ミキサーを終えるかですが、ペーストですが、これ以上続けて行ってくと、更に液状になっていきます。

では、プラリネのお菓子をみていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

プラリネのお菓子の種類

プラリネを使ったデザートは色々あります。ガトーショコラが有名ですが、他にも随分使われています。

プラリネのチョコレートムース

チョコレートムースもカカオ・チョコレートの他に、プラリネのチョコレートをまぜて割合を変えて味が楽しめます。

プラリネのチョコを入れると味にアーモンドがほんのりして美味しいです。

使うチョコレートがカカオほぼ100%のチョコのみであれば、『ムース・オ・ショコラ・ノワール』。砂糖が入っててはいても、味はビターになります。

プラリネのチョコも入れると『ムース・オ・ショコラ・エ・オ・プラリネ』です。

ムースは、ムース・デゥ・ショコラではなく、ムース・オ・ショコラです(^^♪

また、プラリネのチョコレートの割合が何パーセントだと、プラリネのムースといいます。厳密な割合制限はありません。

mousse au chocolat et au praliné

ムースは、小麦粉を使っていません。材料を冷蔵庫で冷やすだけです。

プラリネのガトーショコラ

ガトー・・オ・ショコラも、カカオのチョコレートだけではなく、プラリネのチョコレートをまぜて美味しくなるデザートです。

アーモンドやヘーゼルナッツの香りがほんのりします。

カカオのチョコだけなら、『ガトー・オ・ショコラ』で、プラリネのチョコだけで作ると『ガトー・オ・ショコラ・プラリネ』です。

ガトー(お菓子)は、ムースと同じく『オ』を使い、ガトー・オ・ショコラと言います。

プラリネのチョコレートの割合が何パーセントと以上で、プラリネの名前を入れるかどうかはありませんが、プラリネをいれるとちょっと格好が良いというのはあります。

gâteau au chocolat praliné

ガトー・ショコラとムースの違いは小麦粉が入っていることと、焼き上げていることです。

プラリネのパリ・ブレスト

プラリネのペーストはその他に、パリ・ブレストのガナシュに使います。

ガナシュはシュークリームの中にあるクレーム・パティシエールというクリームより、重量感があります。

パリブレストの生地がシュークリームより少し厚めで固いです。半分に切り分けてその間に、ガナシュというクリームを挟みます。

ガナシュのクリームは重いクリームです。クレーム・パティシエールの材料は、卵、バター、牛乳、小麦粉にたいして、ガナシュは牛乳の代わりに、生クリームを使います。

シュークリームよりずっと濃厚に仕上がります。

『ガナシュ・ア・ラ・クレーム・プラリネ』か、『ガナシュ・オ・プラリネ』になります。

Paris-Brest à la crème pralinée

先ほどのムースと、ガトー・ショコラは、プラリネのチョコレートを使っていますが、このパリ・ブレストは、プラリネのペーストを使っています。

プラリネのオペラ

オペラには『クレーム・ムスリム・プラリネ』を使っています。

チョコレートのクリームだけでは味が単調ですので、プラリネのクリームと交互に重ねていきます。

濃厚ですね(^^♪

ヘーゼルナッツのプラリネ

チョコレートのボールをアイスクリームと一緒にしたデザートで、「チョコレートとヘーゼルナッツのプラリネ」です。

プラリネは、アーモンドとヘーゼルナッツの半々のペーストが多いですが、このデザートは、ヘーゼルナッツのみで作っています。

芸術作品ですね(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか、プラリネのデザートの魅力は?

アーモンドや、ヘーゼルナッツを砂糖で炒ってキャレメルでコーティングしたものというふうに書いてあるものがありますが、ペースト状のものをプラリネと言います。

実際には、ペースト状になってから、チョコレートになったり、そのプラリネのチョコレートが、ムースに使われることもあります。

また、ペーストをクリームに入れられますので、お好みで自由に使い、バリエーションを増やせるツールですね。

パリ・ブレストが人になのは、このプラリネのおかげなのかなと思っています。

ご参考になれば幸いです。

フランス料理を食べた最後にコースを締めくくるデザート! 前菜やメイン料理もわくわくして食べますが、デザートはやはり別腹でお腹が一杯でも...
ブリオッシュの虜になると、ラインが気になりしばらく断食なんてしそうですね。 パン屋さんの前を通ると、「美味しそうな香り~!」とふらふら...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事