ガトーショコラとチョコレートケーキは違う?シャンティイクリームはどうする?

スポンサーリンク

デザートファンにとって、チョコレート入りのケーキは外せないものですね。

ガトー・ショコラはフランス語読みです。

ですので、チョコレートはガトーショコラになりますが、チョコレートの種類も沢山あって、どれを使うかで味は劇的に変わります。

チョコレートだけでなく、中のスポンジがあるかないかで、メレンゲを使うスポンジでも、またチョコレートクリームの味にも微妙に響きます。

そんな理由でガトーショコラも、チョコレートケーキもいろいろあるわけですが、そのなかでも違いが出てきています。

そこでこの記事では、ガトーショコラのいろいろな種類と、今人気のケーキの種類をご紹介します。

ではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

ガトー・ショコラの人気の種類と名前

ガトー・ショコラはフランス語です。

ガトー・ショコラと言っていますが、詳しく言うと、ガトー・オ・ショコラが正しいです。

ガトー」がケーキで、「ショコラ」がチョコレートですので、チョコレートケーキの意味です。

ガトーショコラは以前は、オペラというケーキが主流でしたが、今は、次にご紹介するミロワール・オ・ショコラが人気があります。

大体ブランジェリーのショーウインドーでも真ん中に置かれています。

ミロワール・オ・ショコラ

「ミロワ―ル・オ・ショコラ」は、今なんといっても綺麗です

ミロワ―ルはフランス語で鏡の意味です。なぜ鏡という名前かは、ケーキの表面が見るからに光っていて、顔を映せそうなくらいになっているからです。

どのチョコレートを使わないといけないというものではありませんが、中は何層かになっていますので、何種類かの味で違いを出します。

プラリネ(アーモンドとヘーゼルナッツのチョコ)とムースショコラを何十かに重ねて、ゼラチンで弾力をだしたカカオチョコレートやホワイトチョコレートをかけて作ります。

仕上がりはこの位の輝きを出すのは難しく、職人芸です。

ミロワール・オ・ショコラ(miroir au chocolat )

層になっている中間のプラリネの生地は、ほどほど固く歯ごたえがあって、ムースになったチョコレートクリームと上手くハーモニーができています(^^♪

ケーキの上には、チョコレートなら白の細線を何重かを引いて、カカオを飾りつけます。

呼び方ですが、「ミロワール・オ・ショコラ」か、「グラサージュ・ミロワ―ル・ショコラ」とも言っていますが、意味はグラサージュ(glaçage)が〚かける〛なので、かけて鏡にするということです。

ガトー・オ・ショコラ

チョコレートケーキのなかで、ガトー・オ・ショコラの名前をもっているのは、3つあります。

「ガトー・オ・ショコラ」、「モエル―・オ・ショコラ」、「フォンダン・オ・ショコラ」とも言います。

「モエル―」は溶けてしっとりしているという意味で、「フォンダン」も溶けている、という意味です。省略形で、モエル―とも言っています。

これら3つの、

  • ガトー・オ・ショコラ
  • モエル―・オ・ショコラ
  • フォンダン・オ・ショコラ

これら3つの違いがあるとも言えなく、材料が一緒です。

焼き時間がフォンダン・オ・ショコラの方は短いです。フォンダンと言っていますので中は溶けていないといけません。

ですので、とろっとしています。

では、ガトー・オ・ショコラなら、中まで焼けているのかというと、はっきりしていません。

ガトー・オ・ショコラ (gâteau au chocolat )

次のガトー・オ・ショコラも、レストランのメニューにでている呼び名ですが、中まで焼けているかどうは微妙です(^^♪

ガトー・オ・ショコラ (gâteau au chocolat )

そして、ケーキ屋さんや、シェフによっては、独創的な作品で、中が焼けていてもモエル―(柔らかい、溶けているという意味)とも言っていますので、厳密に区別はできません!

下のガトー・オ・ショコラはシャンティイクリームと、クレーム・オングレーズ添えです。

ガトー・オ・ショコラ (gâteau au chocolat )

溶け具合によらず、3つ全ての名前が使われています。

タルト・オ・ショコラ

ガトー・オ・ショコラと、このタルト・オ・ショコラの違いは、ケーキの背の高さです。

タルトと言っても、リンゴやナシのタルトのように中に果物が入っているわけではありません。

濃厚なチョコレートを背を低くして焼き上げて、ソルベ調のアイスとクレーム・アングレーズを添えて、触感のバランスを取っています。

そして、キャレメルをかけているのがなんとも美味しいです。

タルト・オ・ショコラ・ショ・アラグラス・バニーユTarte au chocolat chaud glace à la vanille

オペラ

「オペラ」は随分と見かけなくなりました。

ジョコダのビスケット生地(アーモンドプードルと卵、小麦粉)のスポンジと、チョコレートや、コーヒーのバタークリームを何層かに重ねています。

同じビスケットのスポンジでも、ダクワーズのビスケットは卵白とアーモンドプードルで作るので、味がビスキュイ・ジョコンド(ジョコンドの生地)の方が濃いです。

ブロンディ・オ・ショコラノワール・エ・ショコラブラン

訳が難しい。。。ショコラ・ブロンディと言いましょう(^^♪

小麦粉、卵、砂糖、バターとチョコレートを混ぜて成形型に入れてオーブンで焼いたお菓子です。

ポイントは黒糖系の茶色の砂糖を使って焼いて、しっとり感をだしているところです。

生クリームの付け合わせでも、アイスクリームの付け合わせでも美味しいですよ(^^♪

ブロンディ・オ・ショコラノワール・エ・ショコラブラン (blandie aux

スポンサーリンク

ガトー・オ・ショコラ・プラリネ

ガトー・オ・ショコラも、カカオのチョコレートだけではなく、アーモンドやヘーゼルナッツのペーストを使うデザートです。

作り方は、プラリネのペーストを使うか、カカオのチョコだけなら、プラリネのチョコを混ぜて作ることもできます。

ガトー・オ・ショコラ・プラリネのプラリネのチョコレートの割合が何パーセントと以上と決まっていません。

プラリネの名前を入れるかどうかは決まりはありませんが、プラリネをいれると、ヘーゼルナッツの香りがして、アクセセントのある風味です(^^♪

ガトー・オ・ショコラ・プラリネ(gateau au chocolat praliné プラリネのガトーショコラ)

ムース・オ・ショコラ・オ・プラリネ

ムース・オ・ショコラのプラリネのペーストを使ったムースです。

最近は、このプラリネのチョコが良く使われています。ケーキだけではなく、ムースも使われています。

カカオチョコレートだけよりは、味わいがあると感じます。

ムース・オ・ショコラ・プラリネ(mousse au chocolat praliné プラリネのムースショコラ)

フラン・オ・ショコラ

フラン・オ・ショコラ、は卵、小麦粉、牛乳を混ぜて、パイ生地を敷いた上して型に流し込んでオーブンで焼いたお菓子です。フランのこのプルプル感はゼラチンが入っているからです。

フランはナチュールと言って、チョコレートも何も入っていないのが面ですが、このチョコレートのフランもお薦めです。

フラン・オ・ショコラ(flan au chocolat チョコレートフラン)

ショコラ・ノワゼット・プラリネ

パティシエの創作品で、伝統的なデザートの名前ではありません。

訳すと「チョコレートとヘーゼルナッツのプラリネ」で、プラリネのバタークリームが一番下のビスケット生地の上に小さな丸になって飾られて、チョコレートの丸ボールを支えています。

クレムードゥココ、コルネオンショコラ・オスプーン・エキゾチック、グリュリドカカオ 

とても長い名前になっています。。。

訳すと「ココナッツクリーム、エキゾチックなスプーンのチョコレートコーンとカカオ」と長い名前ですが、要は、カカオのアイスクリームの上にコーン型のチョコレート添え、と言う事です(^^♪

Crémeux de coco, cornet en chocolat au spoom exotique, gruée de cacao

この位の名前になると、意味が不明な方が良いのかなと思いますね(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがででしたでしょうか。

ガトーショコラ沢山ありますね。名前が、モエル―や、フォンダンと言って、別物と思いますが同じです。

焼き加減で、名前が違うとも言いますが、そこはシェフの意向でどちらがどうと、規定がありません。

美味しければいいのですが、今の傾向は、ミロワールが人気です。

テーブルに置くと、パッとして華やかです。クリスマスの時期には特に出回ります。

お好みのガトーショコラはありましたか?

ご参考になれば幸いです。

こちらの記事とも合わせてお読み下さい(^^♪

フランス語で、メレンゲのことを「ムラング」と言いますが、フランスの伝統的なムラングの他に、イタリアンのバリエーションがあります。 通常...
プラリネのチョコレートケーキは本当に美味しいですね。 カカオチョコレートのケーキも美味しいですが、プラリネが入っているとそれだけで、味...
スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事