50代のダイエットの食事メニュー!継続できるように満足感がある食べ方

スポンサーリンク

50代のダイエット!

メタボで体重は増えてくる年齢です。しっかりカロリーを落とした食事をしないととは思っていても、なかなか誘惑にまけてつい食べてしまいがちですよね。

それに、50代は骨粗鬆対策をしないといけないと気になっている時期ですよね。

それに、運動をして体重は落としたけど、ハードな運動をすると、関節リウマチなどで、なんでもできるわけではないので、どうするのが良いのかと思います。

痩せているだけでは不安だし、体の中から病気になりにくい体質に変えていきたいと考えます。

疲れない体にして、無理なくお肌の質も変えていきたいです。

ピークから8キロの減量に成功!そんな中年太りの時期にダイエットに取り組む、痩せられる「ダイエットの食事メニュー」をみていきましょう♪

スポンサーリンク

ダイエットの食事メニューは?

〚炭水化物ダイエット〛って流行りましたね。そして当時は炭水化物が〚悪者〛になっていましたね。

悪者になった理由は、太る理由が炭水化物(ごはん、麺類、パン)にあると思ったからでした。

事実炭水化物の量を極端に減らすとか、ご飯類を食べなければ痩せていきます。

それで食べないと直ぐに痩せられると思い、ごはんやパンを全く食べないで倒れてしまった人達の映像もテレビで見ましたね。

意識がなくなって倒れてしまうのですから、全く食べなかったのかもしれません。しかし、炭水化物は体が機能するには大事な栄養素ですよね。

必要だから食べないといけない、しかし食べると食欲がて少しで済ませるのが難しいです。

それに食べる量を少なくすると、後でお腹が空いて、結局菓子パンなど砂糖が入っているものを食べてしまうと、逆にもっとカロリーが多くなります。

それなら最初から食事時にご米を食べておいた方が良かったと言う事になります。

ですので、朝、昼、晩の3回はきっちりバランスよく食べるようにした方が良いのですね。

お腹が空いたと感じたり、お菓子を食べたいと思うのは、食時の時の野菜が足りないからではないでしょうか?

ですので、私は炭水化物を減らす意味でも、3食毎に、

野菜から食べる、最低小鉢2つ

ダイエットの食事メニューでは、毎食に野菜をたべることが大事です。

管理人は最低小鉢で2つを食べています。何種類か作っておいて、常時冷蔵庫に入れています。

それを、2つか、3つゆっくり食べます。肉魚を多く、ご飯やパンは少なめにします。

バランスが大事ですので、ご飯系(炭水化物)、肉魚卵(タンパク質)、と野菜(ビタミン)

これらを、三分の一ずつ、バランス良くゆっくりと食べます。

 

まず、こんな感じです。

  • 2種類か3種類の野菜の小鉢
  • ご飯(一膳の3分の2)
  • 魚かお肉(私は朝早く起きて、朝からお肉をたべてもOKになりました)
  • お味噌汁

こんな献立です(^^♪

和食か?パン食か?

朝はパン食の場合は、面倒でも野菜にドレッシングをかけないで食べるのが良いですね。

パン食は、同じ炭水化物でも、付け合わせのカロリーが多くなるので、私は普段食は和食に変えました。

焼いたトーストには、やはりバターをつけると、そしてジャムもとなりますので、ドレッシングを併せると、50キロカロリーも多くなります!

パンにバターとジャムは、美味しい~ですので、この誘惑に勝つためにも和食にしたのです。

お菓子の誘惑

買い物の時にお菓子は買わない(家の中に置かない) それとこのお菓子系は買い物をするときに、ついつい買い物籠に入れてしまいますよね?

「砂糖は体に悪い」とよく聞きます。「害がある」と聞くと、家にある砂糖を全部捨てないといけないのかと思うことはないでしょうか? 管理人も...

ですので、 お菓子コーナーには行かない事にしました

どうしても食べたいときは一つだ買います

ただ、体感していることは、コブやワカメ、ヒジキなどのミネラル系を食べると、あまりお菓子を食べたいと思わなくなったのです。

勿論個人差があるとおもいますが、管理人は毎朝ご飯を炊くときに、昆布を入れて、柔らかくなった昆布を食べます。

これを定期的に食べると、ミネラルが十分な所為か、お腹が空いたと感じなくなりました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。ダイエットの食事メニュー!

大事なのは、最初に太り始めたと思ったら、まず少しご飯の量を調整しましょう。(^^♪バター、ジャム、マヨネーズなどを控えての和食がお薦めです。

しかし甘いものやバター系を減らせない場合は運動をしましょう。運動は別記事を参照ください。

50代のダイエット!大変ですね。管理人も以前なら2,3日食べる量を減らすと体重が2,3キロすぐに減っていたのですが、それが無理になってきてい...

最初から完璧にはできなくとも、

  • おやつをを買わない
  • ご飯は茶碗1膳より少なめ
  • 野菜から食べる

この中で出来る事からやっていきましょう。

運動の方は、一カ月後位から効果を感じてくると思います。その日の体調もあるので、体調が悪い日は、運動は避けた方が良いです。

  • 運動をする
  • 食べる量をコントロールする

という風に、二つのツールを交互に操作していくのです。その感覚が段々とついてきます。

サイズと体重の測定と、写真を撮っておきましょう。痩せるにはとても役立ちグッツです。運動も、食事も少しづつでも行っていくと、段々と体質も体型も変わってきますよ。

血糖値を下げるために、運動をするのもいいと言いますが、運動をできない82歳の 母でも血糖値を下げることができた食べ物と 食べ方をご紹介します。野菜のご飯のバランスを調整していけば 3か月くらいで改善されていきます。
多くの女性がアラフィフになる頃に骨粗鬆症に悩んでしまいます。 骨粗鬆症は骨が脆くなる症状ですので、腰痛や骨折にも繋がりやすく怖いもので...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事