50代女性が筋肉をつけるのはジムで筋トレをする?それとも自宅で?

スポンサーリンク

女性なら大体50代になってから急に中年太りをし始めて、もう筋トレを始めないとこのまま、激太り街道をあゆむのではないかと思ったことがあるのではないかと思います。

このままなにもしないと、どんどん太っていくという不安は残念ならがら、50代の女性なら経験してしまうのではないでしょうか。

管理人もそんな一人で、このままではまずいと思い、40代後半からジム通いを始めました。

ジムに行くのは生まれて初めてだったので、なにか緊張してジム通いを始めました。

ジム行きのシューズとか、トレーニングウエアをわざわざは買わなかったのですが、筋トレのクラスに行っていました。

成果がすぐ出ないなどもあり、それで行くのを止める時期など、色々と経験しました。

結局、筋肉を付けて、体型が変わって行くまでには、それなりに時間がかかるというこもわかりました。

そこでこの記事では、50代の女性がいざ、筋トレを始めようと決断して、どのように筋トレをしていけばいいのか、管理人の経験をお話したいと思います。

若い時にとくにスポーツ選手でなく、運動経験が少ない方なら、いろいろな不安がある方が多いのではないかと思います。

上手く、筋トレのメニューこなしていけば、ちゃんとば瘦せられます。では早速みてみましょう(^^♪

スポンサーリンク

50代からでも筋トレで筋肉はつくのか?

50代になってから、初めて筋トレをして、「筋肉ってつくの?」と思って筋トレを始めるかたもいっらしゃると思いますが、つきます。

ただ、最初は、脂肪に埋もれていて見えません。

これが悲しい現実です。

しかし、筋トレをつづけていことで、段々と筋肉はついていきます。

50代で始める筋トレ

50代の筋トレは、徐々に始めていくのが良いです。

急激な筋トレは危険ですし、また継続することがとても大事ですので、継続する環境を整えて、楽しみながらやっていければ良いです。

徐々にやって毎月1キロくらいつづ瘦せて、筋肉質の体を作っていければといいと思います。

楽しみながらやるというのが、大事だと言ったのは、楽しめないと継続できないと思うからです。

自分にストレスをかけないで、 少しづ初めて、毎月1キロづつくらいやせていければ、「今月もまた1キロ瘦せた!」と思えて、楽しくなると思います。

筋トレを行う際の注意点

50代で筋トレをしようと思い立ち、スポーツを暫くしていなかったブランクがあって始めると、いくつか注意点があるかと思います。

メンタルでハンディがあるというのか、思い立ったが吉日は良いのですが、体が自由に動かないとか、なにかかっこよくやりたいとか、自己意識が大きいのも一つあると思います。

若かりし頃には、なんでもなかったことが、「よっこいしょ」になっていることが多くないでしょうか?

このよっこしょ、といっている間は、体が重いと感じていると思います。

体が重くなっていると実感すれば、筋トレだけを重視しないで、他の有酸素運動のウオーキングや、散歩などなるべく体を動かす習慣をつけて、筋トレの負荷を少なくしてスタートするのがいいと思います。

実際、筋トレをするにしても、1回30分~1時間くらいがスタートの目安で急激に始めると、腰や関節を傷める可能性があります。

そうなると、週に3回くらいのペースで始めても、週に3時間のみです。

週に筋トレ3時間だけで、筋肉やつくとか、脂肪がとれていくというのはありえません。

ですので、日常で、ウオーキングや、階段の上り下り、通勤で一駅前に降りて自宅まで帰るなど、このような有酸素運動も取り入れることで、脂肪もとれていくと思います。

筋トレを継続できる環境

若いときにスポーツ選手であっても、長い間スポーツから遠ざかっていてば、体は重く、自由に動きません。

継続できる環境作り

気持ちでは30cmのジャンプもできますが、実際は5cmとか、それで膝を傷めるなどもあります。

筋トレを始めても、挫折しそうになるのは、すぐできると思っても、体がなまっている現実に突き当たるとおもいます。

ですので、最初は気負わずスタート時に、本当に少しずつやっていくのが良いと思います。

筋トレを始める場合は体にハンディがあることを自覚して、自宅であれ、ジムであれ、

  • 重すぎる重量は扱わない
  • ウオーミングアップはしかかりする

などの点は気をつけた方がいいです。

自宅で筋トレを始める場合は、特にトレーナーがついていなければ、無理をしがちです。でも怪我をしたり、靭帯を傷めたりもあり得ます。

ダンベルを使う場合は、重さを加減して、軽めのからスタートするなどが良いです。

筋トレを行う場所の選択

50歳で筋トレをして、筋肉を付けていくとなると、継続できる環境を整えると、やっていけます。

環境は実際に大事ですし、体を傷めないで行ることが、継続できるカギです。

実際には次の3つがあります。

  • ジムに行って行う
  • 自宅で行う
  • オンラインで行う

これら3つ、それぞれにメリットとデメリットがあります。

【ジムのメリットとデメリット】

ジムに行けば、値段が高くても、トレーナーの方がいて、目標に向けて、食事や筋トレのメニューを作成してもらって、ジムで動作例を見せてくれたり、姿勢を直してくれたりします。

また、トレーニングマシーンがありますので、特定の部位の筋トレができるというのは、その最もな利点と思います。

筋トレを始めますといって、最初はどうしていいのかわからないというのもありますし、親切丁寧に教えてもらえば、通うのも楽しいはずです。

ただ、デメリットとしては、ジムによっては値段が高く、一月30万円にも上る場合があります。

またジムそれぞれの雰囲気があり、合わないところであれば、2,3ヶ月で止めるとこにでもなれば、払ったお金が無駄になります。

【自宅のメリットとデメリット】

自宅で筋トレを始めるメリットはなんと言っても、空き時間でできることです。

人それぞれ、空き時間が違います。ジムに行くにも、空き時間と合わなければ、またジムまで行く時間がかかり過ぎれば、行くだけで疲れてしまいます。

自宅で畳1畳の広さがあればできます。

自宅で行う場合でも、マットは買って、そこで行えば、時間を最大限に活用できます。

また、自分一人で行いますので、値段がタダです。

ただ、デメリットは、自分一人で行うのは、強い意志が必要です。だれも指導をしてくれないという、自分一人での戦いですので、「今日は止めておこう」となり一月、二月となると、またやるまでに、1年が経過したというのもあります。

【オンラインのパーソナルトレーニングのメリットとデメリット】

オンラインのパーソナルトレーニングは、自宅でpcやスマホで、トレーナーの指導をうけられるトレーニングです。

ビデオチャットで、食事のメニューと筋トレの指導を画面を通じてて受けることができます。

筋トレを行うにも、食事の内容も大切です。現在日常的に食べている食事内容のバランスが悪い場合は、指導やコメントも貰えます。

このオンライン筋トレは、完全予約制で、前週に翌週の予約を行い、行う筋トレのパーソナルトレーナーの指導チェックを受け行うことができるものです。

食事と筋トレメニューで、やる気を維持できるでしょう。

このオンライントレーニングは、医療従事者資格者の方が行っています。

自宅で受けられる!オンラインパーソナルトレーニング

まとめ

50代で始める筋トレについてまとめました。

実際管理人は50代に入り前に、筋トレをスタートをしました。

最初は、よくわからないことが多く、いろいろと約2年間、ビデオやジムで行いました。

そのくらいやって、「今日はこれだけやれば、太らない」という感覚がつかめました。

実際に筋トレという運動を行うことも大事ですが、食事も大事です。

この二つにきをつけることで、ボディメイクができますし、瘦せているだけでは病気になってしまうこともあります。

体に必要なものは、食べて、不必要なものは食べない、またタプタプな体は、生活をある意味で反映していますので、そうなる前に、運動をする習慣を身に着けることが大事だと思います。

筋トレは実際に瘦せるツールではありますが、50代に入ると、腰痛もでてくる方も少なくないのではないかと思います。

ですので、腰の筋肉を付けていくという意味でも、筋トレの習慣は是非つけていければと思います。

中年太りを取り巻く状況は過酷です。 意思が強い人ばかりではありませんので、ちょっと気を抜いて、太るほうへ行ってしまいがちです。 ...
朝起きて「体がだるい~」と体の不調を感じて、憂鬱な1日をスタートすることはないでしょうか。 そんな日には頭痛がしたり、風邪をひいたりと...
スポンサーリンク
【パックをして綺麗になる!】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事