中年太りの女性が痩せないのが1年続いたら?何が悪いのかの洗い出し方

スポンサーリンク

中年太りが続いて、色々はやってはいるけど、思った効果ができないときはどうしてもあります。

食事メニューが自分に合っていなのか、運動の仕方が良くないとか、何が悪いのかを探すのが難しいところです。

とはいえ、瘦せられないの期間が長くなればなるほど、瘦せにくくなっていくにも事実です。

瘦せられない時期は誰もが経験することですし、その期間を通じて、いままでやってきたことが他の人には効果があっても、自分には効果がないと改めて理解するのは大事な通過点だと思います。

老後はすぐそこではないですが、どうしても女性はアラフィフを越してから、将来は骨粗鬆症もやってきます。

筋肉がいまはありますが、運動をしていかないと、背中や腰に負担がかかって行きます。

ですので、まずは瘦せて体を軽くして、背骨に負担をかけず、それでいて腰痛もなくせるように頑張っていきたいです。

管理人も実は、瘦せられない時期があり、試行錯誤期間を経験して、今は体も軽くなりました。ですので、何かちょっとしたきっかけで、瘦せ街道へと向かえるかと思います。

ご参考になることもあると思いますので、運動と食事の仕方を見直してみましょう。

スポンサーリンク

中年太りになって瘦せないときの目標作り

色々なダイエットを試みて、でも瘦せない時があります。まして、瘦せないどころか若干太ってきていると感じるという場合は、何か歯車が合わなくて、「瘦せる街道」に乗れていないという状態です。

そんな時には、

  • 瘦せない事で腰痛を悪化させたくない
  • 将来の骨粗鬆症が心配
  • スマートになりたい
  • ボディメイクをしたい

と、自分でどこまでしないといけないのか、なるべく明確な目標をイメージするのが良いと思います。

瘦せるのは外見を良くすると思いますが、将来的には瘦せているだけでは健康は遠い存在です。

瘦せていても、ぎっくり腰になったり、腰痛が悪化することや、将来は骨粗鬆症になるかもしれません。

なりたくなくても、老化はやってきます。

老化が急には来なくとも、背が低くなっていきます。

背が低くなるのは、骨が少しずつ圧迫されて潰れていくからです。

これは男性にしても同じことですが、女性の場合は特に、骨粗鬆症にもなりやすいです。

太っていることは、体重がかかりますので、弱くなった骨を傷めるために、瘦せていくのがやはりいいです。

各自それぞれの生活パターンというものがありますので、いままでダイエットを行ってきたのに、瘦せらないという場合は、どうにか自分に合ったダイエットの仕方を見つけて、瘦せていきたいです(^^♪

体重と身長から肥満度を測定する方法があります。

厚生労働省でだしている基準をご紹介します。

肥満度の判定には、国際的な標準指標であるBMI(Body Mass Index: 体重(kg)/身長(m)2)が用いられています。男女とも標準とされるBMIは22.0ですが、これは統計上肥満との関連が強い糖尿病・高血圧・高脂血症に最もかかりにくい数値とされています。

引用先 厚生労働省 BMI

ここで言っているBMIという数値の計算の仕方は、

【体重㎏/身長㎡】という数式を使います。

例として体重が55キロ、身長が155㎝であれば、22,89になります。

その他厚生労働省が言っている数値は、BMI25以上から肥満は始まるとしています。

BMI数値 肥満度
18.5 ≤ BMI < 25.0 普通体重
25.0 ≤ BMI < 30.0 肥満度1
30.0 ≤ BMI < 35.0 肥満度2
35.0 ≤ BMI < 40.0 肥満度3
40.0 ≤ BMI 肥満度4

ただ、このBMIの数値は肥満でないと言っているだけで、実際にはBMIが22くらいで脂肪が少ないスマートな数値と言われています。

22に近い数値だと、脇やお腹がスッキリした状態です。勿論体型というものがありますので、一概にはいえません。

無理をして22までもっていく必要もないですが、そのくらいの数値だと、体も軽く、運動もし易いと感じます。

依然にダイエットをして、22以下のなったが、瘦せない状態が続いて、1年も続いてきているのであれば、食事で食べ過ぎたり、運動をしなくなっているということはないでしょうか。

プラスとマイナスのバランスがわくるなっている状態です。

ダイエットをするメンタルを見直してみる

以前に一度瘦せたから、今年も大丈夫と思っているのは、油断から太る状態が続いているのかもしれません。

特に以前にジムに行っていた時には、運動も食事もチェックしてもらっていたという場合は、その時の食べ方とは随分とかけ離れた食べ方になっている場合が要注意です。

食事バランスと量をチェックする

運動量と並行して、しっかりと管理しないといけないのが、食べる量です。

摂取するものは、カロリー量だけではなく、全体の

  • 蛋白質
  • 炭水化物、
  • 脂質

の量を管理するのはもちろんですが、これら3大栄養素だけを気にして、カロリーを少なくして、同時にミネラルやビタミンをバランスよく考えた食事内容にし直します。

ミネラルの中でも、特にカルシウムが十分摂取できる食事をして、骨密度が上がっていくようにしていくことで、将来の骨粗鬆症の回避しやすくできます。

ジムに通っている間は、バランス面も、カロリー面もチェックされていると、誰かに管理してもらっていると思うと、継続ができます。

しかし一人になり、管理されることがなくなると、1日30キロカロリーずつ、と少しずつですが、それが重なって、それが積み重なるというのが怖いところです。

なんとなく、食べてしまうという気持ちは誰しもあります。食べる量が少しでも多くなり、1日の微妙さも積み重なると、少しがずっしりになります。

一人で食べてしまうと、どうしても食べ過ぎてしまうという方は、誰かに食事を管理してもらい、3か月とか半年など、食事をチェックしてもらいとダイエットがし易いです。

太らない食事の仕方を最初に身に着けると半年くらいでメンタルも体も慣れることができます。

スマホで1日の食事内容や運動量をスマホでチェックしてもらえる、オンラインのダイエットもあります。↓

一人では継続しずらいという方は、スマホで食事の内容のコメントを貰えると、ダイエットも継続しやすいです。

運動量をチェックする

瘦せない状態が続いてのは、微妙なところだと思います。努力してもなにか徒労に終わってしまっている感じる時があります。

アラフィフになって瘦せなくなってきている理由には、やはりメタボが進行しているのがあるかと思います。

定期的に運動をする習慣がつけば、運動をするのが億劫でなくなります。

そうでない場合は通常メタボは年々どうしても進みます。

去年、トレーニングジムに通って、有酸素運動や筋トレの仕方を学び、5キロ瘦せたという方でも、今年になってから微妙に少しずつ、太ってきたという場合は、去年にやった以上のことをすれば瘦せられます。

ただアラフィフになって、体に負担を掛け過ぎるのもよくありません。

ですので、食事の量も減らすのがいいと思います。

年齢が上がっていくと、無理をしないで、上手く運動を取り入れていくのが大切です。無理は禁物です。

去年行ったジムでの運動は、効果的だったから瘦せられました。

去年はジムに通って、トレーナーさんもいて一生懸命にやっていたのが、今年は一人で、運動はしているが、何となく運動回数が減ったとか、運動量が減ったという場合ではないでしょうか?

そんな場合は、またトレーナーさんについて貰って行うと継続できます。

筋トレから有酸素運動まで、指導を受けられます。個人トレーナーをしてもらうえれば、早くて安全です。

パーソナルトレーニングジム【REVIAS】

完全個室パーソナルジム【Lastyle】 

自宅で受けられる!オンラインパーソナルトレーニング

ジムのトレーニングの値段は、施設の綺麗さで違います。また、継続できるには近所のジムを探すことがお薦めです。

値段面では、オンラインのトレーニングは自宅でできますので低価格です。

まとめ~管理人の場合

いかがでしょうか。

管理人の場合をお伝えしますと、お蔭様でまず腰痛がなくなりました。

別記事でもぎっくり腰と、椎間板ヘルニアについてお伝えしましたが、体重を落として、運動を定期的に行えば、腰痛はなくなるということを体験しています。

BMIについては、22,5くらいで安定しています。

とはいえ、椎間板ヘルニアなった時は、かなり大変でした。

それから、約1年半ジムに通い、一度筋肉をつけたものの、それから坐骨神経痛にもなり2,3年間運動もできない体になってから、今度は整骨院の先生に筋トレを指導してもらいました。

それからで、腰痛がなくなりました。

ですので、体重を減らすだけでも腰痛はなくならいと思いますので、年齢に関係なく諦めないで、自分の体のことを考えて、運動をしていくのが良いと思います。

運動をするとメンタルにもいいです(^^♪

体がだらっとしてきたと感じてきたら、やはり筋トレを始めのがいいです! とは言え、どんなエクササイズをしていけば迷います。 アラフ...
これらを、三分の一つづ、ちゃんと食べれば体は痩せていきます。 運動のほうは、一カ月後位から効果を感じてくると思います。 その日の体調もあるので、体調が悪い日は、運動は避けて、 そうすうと、食べる量を減らすという風に、二つのツールを交互に 操作していくのです。その感覚がだんだんとついてきます。

スポンサーリンク
【パックをして綺麗になる!】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事