ディプロマットプディングのレシピは?簡単に作れる材料があった!

スポンサーリンク

ディプロマッというデザートを聞いたことはあるでしょうか。

フランス語でディプロマットの意味は、外交官です。しかしこれはデザートです。

外交官という意味なら特権階級のお菓子なのかと思いますが、このデザートは至って庶民的なデザートです。

とはいえ、レシピで色々なディプロマットができます。

レシピには通常「果物」をいれます、またその他にチョコレートも入っています。

庶民的と言ったのは、このデザートはあまりもので作れるということです。

ですので、残りのフランスパンやブリオッシュで作れます。

ですので、バリエーションがあります、では早速ディプロマットのレシピを見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

ディプロマットはフランス語?

ディプロマットは、フランス語で「diplomate」と書きます。

または、「diplomate brioché」ディプロマット・ブリオッシェとも言います。

ディプロマットとうと、別の意味で外交官がありますが、このデザートと外交官には意味の上で関係がありません。

このディプロマットには作りかたもいろいろです。

レシピには、残りものの

  • フランスパン
  • ブリオッシュ
  • ビエノワパン

など、いろいろな残り物が使えます。

フランスパンと、ブリオッシュであれば、色が白やクリーム色ですが、ビエノワパンのチョコレートパンであれば、チョコレートが入っていますので、出来上がったディプロマットにチョコレートの線ができます。

このディプロマットはパンペルデゥにも見えないことはないですが、決定的な違いは、パンペルデゥは、スライスしているパンをそのままフランスパンで焼きます。

しかし、このディプロマットは、パンやブリオッシシュを細かくちぎって作ります。

形も、見た目も随分と違います。

ディプロマットとクレームアングレーズ

ディプロマットには色々なタイプがあります。

  • ディプロマット
  • ディプロマット・ブリオッシェ

と言い方が違っています。

主にですが、ディプロマットとは言いますが、ブリオッシのディプロマットという言いかたもあります。

それに、クレーム・アングレーズがついているととてもデザートという盛り付けになります。

2つご紹介します。

「ディプロマット・ブリオッシェ」

ディプロマット・ブリオッシェは、パン屋さんやブランジェリーでも売っています。

レシピは、先ほどの章でお伝えしましたが、生地の素材はバリエーションがあり、余ったパンですので、色目も層も色々です。

サバランの型でも作れますし、中の筒になっていないタイプでもいいですが、ブリオッシュやフランスパンで作ると、大体レーズンを入れます。

ただのディプロマットといっても、盛り付けにクレームアングレーズを付けている場合があります。

ディプロマットのレシピ

ディプロマットのレシピです。

とても簡単です。

  • ブリオッシ
  • フランスパン
  • パンオショコラ
  • 牛乳200㎗
  • レーズン50グラム
  • 卵2個
  • 砂糖 30グラム
  • クレームアングレーズ

ボールに残ったパン類をちぎっていれます。

フランスパン、ブリオッシ、パンオショコラでも、余ったものでいいですので、ちぎっていれたら、牛乳を入れます。

パンが固ければ、ボールに入れて、その他の材料の入れて、冷蔵庫で一晩寝かせます。

一晩たつと、牛乳の水分が全部パンに吸収されています。

もう一度混ぜて、型に入れて、180度に温めたオーブンに入れて約30分~50分焼きます。

レシピには、このようなドロップスでもいいですし、

レーズンパンでもいいです。

レシピに使う残り物のパンで、細くする材料を加減できます。

中にレーズンが入ったパンなら、レーズンをいれなくてもいいですね(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか、ディプロマットをまとめました。

ディプロマットは、ブリオッシュのという意味で、ディプロマット・ブリオッシェという言い方もあります。

確かに、ブリオッシュ生地のようにもみえます。

レシピには決まったものもありませんし、基本的に余りものの材料でつくれば、安あがりですし、無駄にならなくて、エコロジー的です。

チョコレートパンを使えば、そのままチョコレートの層もできて、見た目が綺麗です。

パンが固くなければ、大体1時間と冷ます時間をいれて、1時間半でできますので、材料費も量力もお手軽にできる、とても美味しいデザートで、おすすめです。

パンペルデゥというデザートを聞いたことはあるでしょうか。 フランス語なのですが、こんな名前になっているのには曰くがあります。 和...
フランスでカフェに入って、軽いものが食べたいと思えば迷わず「クロックムッシュー」を注文するのではないでしょか。 そのくらいこのクロック...
スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事