ファルシーとはどんな料理?トマト以外でもファルシでおいしく食べれます

スポンサーリンク

ファルシとかファルスという言い方よく聞きますよね。

見た目は野菜など中にミンチの詰めものをしてある料理ですが、いかにもジューシーな感じがして、色とりどりの素材で食欲をそそられます。

大体は野菜がメインの料理ですが、他にも使う素材によって、バリエーションで綺麗に飾り付けができる料理です。

ファルシという言い方が主流ですが、なかにはファルスという料理もあります。

この違いは、素材が違う時に使い分けれれるのかと思うとそうでもなく、どちらファルシともファルスとう言い方もできるのですが、法則がありことがわかりました。

はたまた肉のミンチ料理にもポピエットがあり、とはどう違うのかも気になり調べてみました。

ファルスとポピエットの違いは、最後の章でご説明します。

では早速、ファルシ料理をみてみましょう(^^♪

スポンサーリンク

ファルシとはどんな料理?

まずは、ファルシ料理がどんなものかというと、地中海の伝統的な料理です。

地中海というと、太陽がさんさんと注ぐ地域です。だからこそ、ファルシに使う素材も地中海でとれた色鮮やかなな野菜です。

特に、プロバンス料理として有名です。プロバンスはハーブの産地としても有名ですね。

野菜の中に肉のミンチなどを詰めて、ソースで仕上げた料理ですが、使っている野菜も、地中海で取れた野菜ですので、

  • トマト
  • ピーマン
  • クルジェット(ズッキーニ)
  • なす
  • カボチャ

などです。

その他に、

  • ブドウの葉

のファルシもあります。

ファルシの種類

ファルシの料理に使う野菜も鮮やかなで綺麗ですが、上に帽子を被らせているのが、なんともかわいいですね。

まずはトマトからです。

ファルシ・トマト

トマトのファルシがなんといっても一番多いです。上の部分をカットして乗せたクラシックなトマトファルシです。

トマトも湯剥きすると色が濃くなります。手前がトマトで、奥のが長ピーマンです。付け合わせはフランスではお米です。といってもタイ米のようなサラサラ米です。

また、トマトのファルシでも、肉の詰め物ではない、野菜の詰め物(下↓)もあります。

上の肉入りトマトファルシはメインディッシュで、こちらの野菜入りトマトファルシは、前菜です。

ズッキーニ・ピーマンのファルシ

野菜はその他に、色とりどりのピーマンや、ズッキーニが綺麗ですね。肉の詰め物でメインディッシュです。

丸形の野菜は上を切って帽子にしますが、黄色の細長のズッキーニだと、細長く切ってクリぬいて、ミンチを敷きます。

味付けは、ミンチに塩コショウや、タイム、オリーブオイル、ニンニクなどにしますが、更にトマトの刻みを添えても良いですね。

野菜以外ですと、イカがあります。

スポンサーリンク

いかのファルシ

日本でファルシというと、北海道の「いかめし」がありますね。いかの腸を取って、モチ米を入れて、醤油と生姜とみりんで煮つけした、いかの詰め物料理です。


同じイカのファルシでも、こちらフランスならではのイカのファルシになると、こんなイカ墨ソースかけです。プレゼンのコンセプトが違いますね。

中は、イカの足や野菜のつめものです(^^♪

ファルシ・キャベツ

キャベツのファルシは、トマトやピーマンに比べると、ずいぶんと大きくなります。

オーブンで焼くよりも、鍋でスープで煮込む冬の料理です。

丸ごとのキャベツと同じ位の大きさですので、煮込み終わってから、切って盛り付けです。

体が温まりますね。

ガレットの違い

ガレットは、ブルターニュ地方のそば粉を作ったクレープで有名ですが、このようなのハンバーグのようなミンチ肉のことも「ガレット」といいます。

ガレットは、肝臓などの「クレピーヌ」という膜で覆って作ります。型崩れしなことと、焼いた時点で、本体のガレットと一体化されます。

焼き上がりは、ほとんどステーキとハンバーグの間位といったところでしょうか。

そのほかに、ブドウの葉を使ったファルシがあります。

スポンサーリンク

ファイユ・デュ・ヴィーニュ・ファルシ

ファイユ・デゥ・ヴィーニュ・ファルシは、ブドウの葉の中に野菜とミンチ肉と入れて巻いた細長い詰め物です。

地中海料理ですが、ギリシャやレバノンやトルコで多く作られています。

中の材料には、お米、トマト、ミンチ肉、も入っています。中を見るとトマトの赤がアクセントになって綺麗ですね。

詰め物料理ですが、ファルスとも言われてややこしいですが、ファルシとはどのように使い分けられているのかを見てみましょう。

ファルシとファルスの違い

ファルスの定義は、一度なかの物を取り出して、空になったものの中に、色々な素材の材料を詰め込んで埋めたものとなっています。

そうすると、トマトや、ピーマンも空洞にして、その中に肉のミンチを入れていますので、ファルスとなりますが、素材が地中海の野菜ですので、ファルシとなります。

ファルスの言い方が適切なのは、鳥のお腹を空にして、ミンチを入れたものが一般的な言い方です。

ホロホロ鳥のファルス

ファルスは言い方は、丸ごとの鳥の内臓を取り出して空にしたところに、ミンチ肉やフォアグラなどをつめて、焼いたものが多いです。


言い方は、「ファルス・ドゥ・パンタード(ホロホロ鳥のファルス)」か、もしくは

「パンタード・ファルシ」のどちらの言い方もできますが、

ファルシを使う場合は、野菜や鳥などの名前の後にファルシと言って、トマトファルシと言います。

逆にファルスという場合は、「ファルス・ドゥ・○○」となります。

また、ファルスの他に間違いやすいものに、ポピエットがあります。

ポピエットとはどう違う?

ポピエットは、元々中をくりぬいてその中に素材を入れるというのではなく、素材の周りをくるんで作った料理です。

ポピエットに、さらにミンチ肉のボロネーズソースをかけたポピエットです。

肉のミンチをベーコンで巻いていたりしたのもポピエットです(^^♪

スポンサーリンク

 まとめ

いかがでしたでしょうか。

地中海の太陽をたっぷりと浴びて作られて野菜のファルシは、いかにも食欲をそそられる料理うね。

赤いトマトや黄色のピーマンの見た目も綺麗で、それでいて、肉とのマッチングがいいですので、健康にもばっちりです。

また、ファルスの言い方とファルシは非常に似ていますが、空にしたものにいろいろな具材をいれて、元の形に戻してまるで以前の形になっているという、地中海の素材にこだわらない詰め物です。

早速何か作って食べたくなりました。

ご参考になれば幸いです。

フランスのクリスマスは日本のお正月と同じく、家族や親戚が皆集まる大事なイベントです。 普段あまり顔を見ることのない子供たちも、24日の...
ブッシュドノエルはクリスマスに欠かせないロールケーキで、ここフランスでも、どこの家庭でもクリスマスのディナーの後に食べる習慣があります。もち...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事