フランス語を独学するには何から?一通り話す・聞くができるまで

スポンサーリンク

フランス語を話せるようになりたい、またはフランスへ旅行で、困らない程度に話すことや聞けるようになりたい、と思う方もいっらしゃると思います。

フランス語を話せるようになるとは言っても、レベルは様々です。

現在、あなたがフランスに行ったこともなく、フランス語の知識はゼロとします。

ではフランス語の学校にも行かず、留学もせずに一人でフランス語を習得できるものなのでしょうか。

フランス語会話学校に行くには、仕事が終わるのも遅いし、毎週は行けそうにないし、貯金もしたいので、なるべくコストを抑えて勉強したいと思います。

コツコツとやっていけば、聞き取りもできて、話すようになれるのでしょうか。

では、管理人が考える一人でできる学習法をご紹介します。

早速見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

独学するには何から始める?

語学は学校英語しかやったことがないとします。そうなれば、フランス語は二つ目の外国語です。

語学の習得は、二つ目、また三つ目の外国語は簡単になっていきます。

当時英語があまり得意でなかったとしても、フランス語はやっていけば話せるようになりますよ(^^♪

文法を勉強して構文を理解する

独学でやってみようと思ったら、まずは文法を勉強していきましょう。日本人なら母国語の日本語で文法を勉強するのが一番です。

文法はやりたくないという方もいます。それに話せる人で分法をやっていなくても、記憶力の良い人は、文章を丸暗記はできます。

ですので、随分と「話せる」なと感心してしまう場合もあるかと思います。

しかし、レベルが上がってくると、現在や将来、過去といった「時」の概念など、文法をきっちり勉強しておかないと、後で躓きます。

文法なしでは、シンプルな言い回しはできても、正確な把握は無理です。

文法をきちんと理解して、そして、覚える単語、動詞の変化や構文の構図を理解して暗記していきます。

そこで、なんといっても単語(ボキャブラリー)が少ないと、ニュースが理解できるようになりません。

単語を増やす

フランス語で新聞やニュースを理解していくには、語彙(単語)を増やしていきます。

最初から、フランス語が堪能な人などいません。

語彙が豊富だと、聞き取りがし易いのはあります。

普通の生活といいますか、日本語でのみ毎日生活していると、フランス語に触れる機会が少ないですので、ニュースも聞き取りができないだけです。

ですので、自分で単語をふやしていかないといけません。「がり勉」をしなくても、毎日聞いていると、段々と覚えていけます。

最初は、色々な単語を覚えていきますので、

名詞とか、形容詞とか、動詞を

合理的に覚えていくのが早道です。

いま、フランス語の何(どのテーマ)を学習しているのかを意識して、各テーマに沿って段階的に学習していくことです。

社会人なら、お昼は会社で勤務していますので、夜帰宅してからや、通勤電車の中で、またいろいろな合間の時間を利用して学習することになります。

ですので効率的よく勉強していくのが良いです。時間が膨大にあるわけではありませんので、文法を意識して読んで、そして理解して、どう発音するのか例文を聞いて勉強していきます。

以上のようなことを、文法書を本屋さんで買って、自分一人で独学というのは、ちょっと無理ですので、まとまったカリキュラムに沿って勉強していくのが良いです。

ビデオ学習ってどんな勉強法なのか

ビデオ学習は、家にいて勉強できるのが強みです。

ネーテイブのフランス人のようになるまでは、時間がかかりますが、基本的なことを言えるようになりましょう。

管理人のオススメは、ビデオになったカリキュラムです。

アンサンブルアンフランセという会社から出ている、ビデオで勉強できる教材があります。

教材が便利なのは、それをやっていけば、分かるようになるということです。

聞いただけでは、誰もペラペラになるということは決してありません。

モデルとなる文章は、先生の真似をし同じになるように発音していきます。

1回聞いて、すぐ発音できるようになる人もいます。親の海外赴任で小さい時にフランスで生活していた人は、耳が慣れています。

幼少から耳にしている人は、才能というよりも耳で聞いて頭で記憶しているので、ヒアリングもスピーキングも慣れているだけです。

ただ、ほとんどの人はそのような機会がありません。ですので覚えれば良いのです。

普通の環境に人は、一度で覚えられなくて、「私は才能がない」とか落ち込みます。しかし

最初は聞いてすぐはできないのが普通です。

そこを、最初からできなくて当たり前と思って、読んで理解して、ドリルを解いていけば確実に進むことができます。

このビデオ教材では各項目でテーマがはっきりしています。

第1章 挨拶

まずは、ボンジュールやボンソワールといった、「こんにちは」、「今晩」はなのどの挨拶表現を覚えます。

フランス語は、日本語と違って、名詞には女性形と男性形の違いやがあります。また動詞の変化で時制が何種類もあります。

「フランスに行った」というときに、êtreという動詞を使うのですが、この動詞の変化を時制に合わせて、勉強していきます。

同じ動詞でも avoirがありますが、どちらの動詞を、どのように使いわけるかを理解して、自己紹介をできるようにします。

第2章

フランス語の動詞は、活用が多いです。

動詞の中で最後の語尾が「-er」になっている種類(第1グループ)があります。

まずは、このタイプの現在形活用をマスターして、その他に「 faire 作る」 などの動詞を勉強します。

文法知識を深めていって、会話の幅をだせるように頑張りましょう。

第3章

フランス語には「冠詞」と言って、名詞(リンゴとか太陽など)を表現するときに、一つのリンゴや、そのリンゴなどの言い方をすることで、数量表現ができるようになります。

また比較級や最上級も勉強すると、フランス語でもっと明確に表現できるようになります。

第4章

動詞の時制で、未来について、また過去についての表現の仕方を理解していきます。

動詞活用と過去分詞をしっかり覚えていきましょう。

そして、前置詞と言って、フランスへ行ったなど、フランスという国の前につける表現を理解していきます。

疑問詞がわかると、「なぜ」や「誰が」などと言えて、旅行の時に困らなくなります。

第5章

フランスという国は、女性名詞です。

雑誌の「Elle エル」がありますが、このElleは「彼女」という意味です。

フランスという国は女性名詞です(日本 Japon は男性名詞)ので、Elleで言い換えができます。名詞に取って代わる「代名詞」を覚えていきます。

また語順を正確に覚えていきます。

「私はそれを彼に渡した。」という言い方は日本語では、「私は彼にそれを渡した」ともいえますが、フランス語では順番が決まっています。

間違えるとフランス人は案外分かりませんので、順番を覚えるのは大事なのです。

第6章

6章から受動的や能動態の違ったいい方を覚えられます。

受動態といって、「彼は私を愛している」という言い方がありますが、これを「私は彼に愛されている」などの言い方ができるようになります。

また間接話法といって、「彼が昨日○○に持って行くように言った」などの言い方を勉強します。

第7章

「仮定文」の勉強です。

「もし彼が私を愛しているなら」とか、「あと5キロ痩せたら」など、事実とは異なる仮定や想像を正確に表現する方法を身に付けましょう。

ビデオ学習で話せるようになるものか

答は、話せるようにはなります。

ただ、すべてのフランス人の言っていることがわかるようになるには、色々なシチュエーションに慣れることが必要です。

最初は、旅行で起こるハプニングや、早口のフランス人のいうことは、わからない部分がありますが、聞かれたことに答えることは出来るようになります。

フランスの人口は日本の人口の半分で、約6400万人です。

ですので、実際にフランスへ行くと、いろいろなフランス人の話し方が違って聞こえます。

ですので、ビデオなら決まった人(先生)の言い方には慣れますが、違う人が話すと、違って聞こえるというのはあります。

ですので、ヒアリングはもっと幅を持たせる方がいいですので、ビデオ学習の後で、ユーチューブでいろいろな人の発音や表現を聞いて、いろいろな人のフランス語に慣れていくことが必要です。

フランス語の習得には、1にも2にも慣れのみです。

最初文法がわからなくても、まず文章を読んで、聞いて、そして文法書で調べて、そしてまた聞いて、自分で話してというサイクルを繰り返して行くことで、理解できて話せるようになっていきます。

このビデオセットには、上の1~7の文法編以外に、「旅行編」があります。

最初は、まず文法を勉強しましょう。

内容についてや、勉強の仕方についての質問があれば、申し込む前に「お問い合わせ」から質問があれば、疑問点をクリアにしてから申し込むのが良いです。

通学学習と比べるとどうなのか

管理人も、話せて、書けて、聞き取りができるようになるまでは、時間がかかりました。

当然通学学習もしました。

ビデオ学習と学校を比べるとどうなのかという点ですが、それぞれですが、ビデオ学習がおすすめな点は、自分の空き時間でできることです。

学校が家や会社のすぐ隣にあって、お金もかけられるという方もいますが、東京や大阪に住んでいないと、学校自体がありません。

あっても、授業料が高いのと、仕事が終わる時間には学校の授業が終わっているというのがあります。

あと、学校の授業では、優遇される生徒(何年も通っている人)がいて、新入りの生徒は馴染みにくい雰囲気があるなどあります。

高い学費を払うのであれば、気分良く勉強したいですよね。お金は有効に使いたいと思います。

文法書は必要か

敬遠される文法ですが、ビデオ学習だけでは分からい時には、参考書で調べるのがいいです。地道に行っていくしかありません。

管理人も参考書やビジネス書は当時は沢山買っていました。文法書は1冊は買って、毎日読みましょう(^^♪

「面白くない!」と思われるかもしませんが、買ったら本棚から取り出して、毎日読みましょう。

その他の勉強法

日本にいる間の勉強で、一番のネックはフランス人の友達がいなくて、勉強した内容を実践できないことです。

ですので、日常的に、耳からフレーズを入れることが大事です。

その点、いまアプリはダウンロードできて、それを毎日聞くことで、簡単な練習もできてお薦めです。
なんといっても単語数を増やすのであれば、➡「フランス語6000語を覚えよう」
などの、アプリもあります。

ただ、アプリは時間を有効に使って、10分の隙間時間を使って単語数を増やすには効果ですが、文法をしっかり学習するには、机に座ってビデオ学習がお薦めです。

あなたの勉強スタイルが確立できるまで、トライをして、耳にタコができるくらい聞くことで、フレーズを覚えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フランス語の勉強の仕方をまとめました。

語学に王道はありません。最初はわからないことが多いですし、一度で理解できない時、また覚えた単語を忘れた時、落ち込んだりしますが、そこで立ち止まらずに、繰り返して勉強することが大事です。

管理人が学生の時には、アプリもありませんでした。今は、ネットの普及でビデオ教材の質も向上しました。

ビデオでの勉強は、自分の時間に合わせて、とは言っても、最低限に時間を取ってまとめて勉強しないといけないです。

また、文法を無理なく勉強することで、分章も覚えていくことができます。

動詞の活用は地道にやっていくことをお薦めします。

頑張ってくださいね。

単語や表現は、はツイッターでも(サイドバーに貼っています)流しています。

フランス語を習い始めたはいいけど、「挫折をしそう」などど、思ったことはないでしょうか。 事実管理人も何度か思ったことがありました。 ...
フランスで食事となると、一人でレストランにはなかなか入り難い雰囲気があります。 日本なら、女性でも吉野さんの牛丼というチョイスもありま...
スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事