フランスに移住したい日本人は必見!滞在許可と生活事情を全て解説

スポンサーリンク

管理人もフランスに移住してきて20年近く経ちました。

この記事をご覧になっている方で「フランスで暮らしてみたい」という方や、「フランスに行くことになったけれど、フランスの生活ってどんななの?」と思っている方もいらっしゃるかと思います。

管理人も最初はそれほど長期で滞在するつもりもなかったのですが、結婚してパートナーとフランスに行って生活してみようと考え、フランスへ移住してきました。

フランスへ移住となる場合のほとんどのケースは、結婚による相手国への移住が多いかと思います。

その他には日本の本社からフランスの現地へ駐在員として派遣され、そのままフランスへ残り日本へ戻らないケースや、料理人としてフランスで働いている方などがあります。

それと、若いときにフランスへ滞在し、定年退職をしてからフランスへ移住すると決めた方などです。

実際に移住するには、ビザがあるなしで仕事があるかどうか、また住居により、かかる費用も様々です。

管理人は結婚ビザでフランスへ移住して、語学学校へ通い資格をとり、日本本社のフランス子会社に就職しました。

ではフランスへ移住する条件も含め、具体的な生活費についてもお伝えできたらと思います。

スポンサーリンク

フランスへ移住する日本人のタイプ分け

移住と言いますと、骨をうずめるつもりできたことになりますでしょうか。

フランスへ日本人のパスポートで入国すると、3か月は滞在が可能です。しかし、それ以上滞在する条件として、ビザがあることです。

フランス日本大使館のサイトでビザの種類の説明がありますが、

➡ フランス日本大使館 長期滞在ビザ

フランスへ移住するビザには、3タイプあると言えます。

分類しますと、

  • 結婚ビザで移住する
  • 労働ビザで移住する
  • ビジタービザで移住する

になります。

これらの人以外にも、長期で滞在する方法があるのではと思われる方もいらっしゃると思います。しかし滞在許可が下りて居住はできても、労働許可が下りないと収入がなく生活ができなくなり、長く学生を続けている方でも何年かして日本へ戻る方もいるのですね。

フランスで短期で住むのは他の国と同じくできますが、そこで滞在許可と労働許可を得て初めて長期に滞在でき、移住ということになります。

「覚悟を決めてフランスに来た。。。」と言う方もあるのですが、実際に移住の条件は以下のようなものに限られてしまいます。

結婚してフランスで居住

フランスに居住している日本人で、一番多いのは結婚のケースです。経過としては、

  • 日本で結婚してフランスへ来る
  • フランスで生活していてフランス人と結婚してそのまま住む

という場合です。

日本で知り合い、結婚をして結婚届を提出してフランスへ移住する場合には、フランスの滞在許可を申請すると、滞在許可が下ります。

結婚してフランス国籍のフランス人と一緒に住む事になりますので、申請が拒否されることはありません。

ただ偽装結婚は別です。偽装結婚でないことを証明できると、時間がかかりますが滞在許可は発行されます。

結婚による【配偶者ビザ】が下りると、フランス国内で労働許可も含んだ滞在許可証を手にできますので終了が可能です。

フランス日本大使館の配偶者ビザの欄に以下のように説明があります。

フランス人の配偶者ビザは結婚がフランスに登録されている方のみに該当します。パックスされている方はフランス人配偶者ビザの申請はできません。

引用先 : フランス日本大使館 配偶者ビザ

どんな人が?

男女問わず、フランス人と結婚した配偶者に交付されます。居住する県により、交付される期間もまちまちです。日本人には馴染みがありませんが、フランスでは「バックス」という同居形態があり、滞在許可は交付されます

パックスと結婚の違いについては別記事を参照ください。

フランス人と結婚する前に知っておくべきフランスの結婚事情

駐在員等の派遣後にそのまま居住

フランスの失業率は高く、政府もフランス人の失業率を更に上げるような政策はとりませんので、外国人には容易に労働許可を出しません。

フランスに移住して、滞在許可と労働許可が下りるのは、日本からフランスへ派遣される場合などです。

「特異な技術がありそれ相応の待遇で雇用される」ことを雇用主が保障することで、「その人しかできない特異な技量がある」と判断されるからです。

同じ日本人でも、日本の食堂でホールのサービスなどをして、給与も最低賃金しか払われない場合は、当局も他のフランス人でも代替えがきく労働と考え、雇用主の雇用誓約があっても、申請が通る場合は少ないです。

また、低賃金で雇える職種であれば、わざわざ日本人を雇用したいと考える雇用主もいないというのが理由ですね。

労働許可には、給与水準にも最低のラインがあり、2018年現在の処遇は、年収「 35 963,20 €(訳400万円)」以上となっています。

外国人が労働許可を手にするには、その人でなければできない特別が技能があることを当局が認めた場合になります。

また現在多いのは、フランスへ来ている料理人の方などです。

いまフランスでは和食ブームですので、伝統的な和食の料理人にはそれ相応の処遇で迎えられています。

日本人の料理人の方も最初はワーホリのビザでフランスに来て、就労してその腕を買われてそのまま労働許可の申請を会社にしてもらってという場合もあります。

以上のように、企業なり雇用者の元で働き、労働契約がある場合に下りる労働許可を、

【パスポート・タラン(Passeport Talent) ビザ】の【企業内転勤(Salarié en mission)】と言っています。

パスポート ・タラン・ビザの概要

フランス日本大使館 就労ビザ

フランス日本大使館 企業内転勤ビザ

どんな人が?

日本や海外の本社からフランスの子会社や支店に派遣される駐在員の方が一般的です。労働ビザの申請は、子会社なり日本本社が弁護士事務所を通じで行うことが多いです。駐在員本人がすることはまれですので、ほぼ確実に労働許可が取れます。

給与も高額なため、この就労ビザの申請数は少なく、また、申請時に会社の誓約書も提出しますので、フランス当局が却下することはほぼ稀です。同じ職に就いている限り、更新も簡単です。

スポンサーリンク

起業をして居住

先ほどの駐在者など、フランスの雇用主から労働契約を交わして就労する他に、自分自身で起業し経営して、一定の税金を払えば労働許可は下ります。

種類は

法定代表者/役員(Représentant légal/Mandataire social)

になります。

法定代表者/役員(Représentant légal/Mandataire social)

フランス日本大使館 法定代表者ビザ

いずれにしましても労働許可が下りるのは、きちんと納税しているという事が条件です。

  • フランスの社会保険料
  • 企業が納める法人税
  • 個人が納める所得税

などの税金や社会保険料の支払いがあります。

ただ、日本とくらべても、社会保険料や所得税の税率は高いのが実態です。

どんな人が?

最初は日本や海外の本社からフランスの子会社や支店に派遣される駐在員の方が日本へもどらずフランスへ残り、起業をしたりする人です。また資本家がフランスで投資するなどです。当局へは具体的なビジネスプランや、資本の開示が必要です。

ビジターで居住

上にあげた3つのビザには滞在ができると同時に労働許可があるビザです。

そしてこの3つ目のビジタービザでは滞在許可にはなりますが、「労働許可」とはなっていません。

ビジタービザは、さまざまな目的でフランスに滞在するために申請することが可能です(退職後の生活、文化目的、芸術目的、個人的な目的での就学(修了証書やディプロマの取得が目的ではない就学など)。

引用先 : フランス日本大使館 ビジタービザ

学生ビザで長期滞在も認められています。学生ビザは、「修了書やディプロム」を目的として学校に通う、学業を本業としている学生に下りるビザです。

フランスは芸術の国です。外国からフランスの音楽や美術を勉強に沢山の学生がきています。その学生には、「学生ビザ」が発行されます。

しかしこの、ビジターは「修了書やディプロム」を目的としていません。滞在さえできればいいので、フランス語がさほどできるかどうかの審査も難しくありません。

このビザの取得には、居住証明と、十分な貯金(一人年間約17344ユーロ 約250万円)があることを当局に証明できればビジタービザは入手できます。

1年ごとの更新ですので、十分な蓄えがあれば、翌年も更新が可能です。

老後のために、定年後でも金銭的に余裕があれば、フランスへ移住の条件をクリアできるのですね。

どんな人が?

十分な蓄えがある人で、老後に移住を考えてフランスで過ごしたい方などです。

ビザの期限が1年で、滞在期間中に仕事ができません。滞在中に学校に行って、フランス語の勉強などもできます。

ビザの種類をみてきましたが、引き続き、フランスへ到着後の住居探しや届け出についてみていきましょう(^^♪

フランスに到着後の生活

まずは家探しからですね。

住居の探し方

駐在の方や結婚相手がいる方の場合なら、フランスに到着する以前に、すでに家が決まっているということもありますが、個人でフランスに入国となれば、住居探しからです。

フランスで家を探す場合は不動産会社をとおして物件を紹介してもらいます。

通常の賃貸契約は、3年、6年、9年となっています。また条件として最低1年以上賃貸することを条件とする場合もあります。家具付きと家具なしの2タイプがあります。

賃貸契約をするには現地で実物を見ないと、住居先の場所の雰囲気もわからず契約をするにはリスクがありますので、最初に間借りをして探すというのも一つの方法です。

日本にいる間に宿泊先が決まるだけでも、ストレスが半減しますので、到着時が楽に過ごせます。

日本語新聞のOVNIもありますが、物件が限られていますので、フランス語のサイトで直接探すと、チョイスも多くなります。

パリで間借りの値段は、一月500ユーロから900ユーロ位が相場です。

住居探しサイト

短期の部屋探しには便利なサイト(フランス語)                  ➡https://www.cohebergement.com/location/d/11-paris             ➡http://fr.chambrealouer.com/colocation/FR-France/paris?range=20&placeCode=44

またこれらのサイトでは、1日だけでも泊まる部屋もありますので(30ユーロくらいから)。ホテルであれば、100ユーロはかかりますので、お得ですね。

長期の3年契約をする前に、最初このような間借りで生活をして、それから長期の物件を探していくのがいいと思います。

間借りの方が、フランス人と家でも話ができますので、一人でアパートで暮らすよりはフランス語の勉強になりますね(^^♪

スポンサーリンク

銀行の口座開設

銀行で口座を開設するには、住居証明(賃貸契約書)か労働契約書が必要です。

ビジタービザで間借りの場合は、どちらの証明もできませんが、一定の金額を証明できれば口座開設はできます。

口座開設も、銀行の担当者で言うことが違います。管理人は二つの銀行に複数の口座を持っていますが、二つ目の銀行を開設するのに、20分も質問をされ嫌気がさして、出てきました。

銀行は殿様商売ともいわれていていますので、相手にされないような場合は、違う支店に開設依頼をしに行きましょう。銀行の担当者も資金を集めていますので、「当分は日本から送金して、そのお金で生活します」のように言うのがいいですよ。

口座開設ができると、電気、水道、電話、インターネットなどの公共料金の口座引き落としの手続きができます。

銀行は、

  • ソシエテ・ジェネラル
  • BNPパリバ
  • HSBC
  • LCL

などあります。

どれも大手ですので、フランスで住む場所が変わっても、支店がありますので、ATMでお金の引き出しにも問題ないですよ♪

長期で住むことなった住居の近くの支店で口座を開いた方が、何かと便利です。

フランスでは、支払いに頻繁に小切手を使います。(世の流れに逆行しているかどうなのかですが。。。)

銀行振込ではなく、小切手を受け取った場合など(医療費の還付など)の場合に、銀行のATMで入金できるのは、HSBCです。

窓口は混んでいますので、すべてATMでできると便利ですよ。

電気・ガス・水道・電話

これらの公共のサービスの名義の開設は苦労しますので覚悟してください。これでフランス大嫌いになる人が多いのですね。

電話をしても5分も待たされる、そしてやっと担当者につながっても途中で電話がきれる。また10分またされる。。。。

そして、担当者はフランス語しか話せません。

公共民間サービス機関

電気ガス➡フランスの電気会社EDF

固定電話・携帯電話 ➡ 携帯電話会社 オロンジュ
インターネット ➡ インターネットのプロバイダー SFR

間借りの場合は、大家さん宅でインターネットもある状態ですが、賃貸契約をする場合には、大家さんか、不動産会社の担当者に、これらの契約をしてもらって入居するのが一番てっとり早いと思います。

慣れている人がすると、時間はかかりませんし、不動産屋さんには契約手数料を払いますので、入居時に他の目はそのくらいのサービスはしてくれますよ。

スーパー

フランスのスーパーマーケットでは、食料品、化粧品、衣料品、文房具などが買えます。

スーパーマーケットには

  • モノプリ
  • フランプリ
  • オシャン

などがります。

管理人は殆どモノプリというスーパーで食料品を調達します。

和食が食べたいという場合でも、中国製のインスタントラーメンやソバなども売っています。

フランスに旅行に行って帰国が近くなってくると、お土産も気になってきますね。 まだ行きたい場所もあるし、できればお土産は予算を抑えたい・...

スーパーでカードを作成すると、割引が適用になりますよ♪

外食

また、外食についてはフランスでは高いです。

日本でなら簡単に吉野家の300円の牛丼もありますし、お昼の定食で800円で食べられます。しかしフランスはお昼でもブラッスリーやカフェで食べても普通は15ユーロ(2000円)はかかります。

安くすませる場合は、パン屋さんでサンドイッチを買うとか、中華系やベトナム系麺類のテイクアウトですね。

サンドイッチ➡4ユーロ~

パリのオペラ街の和食のお弁当➡9ユーロ~

中華のテイクアウト➡8ユーロ~

カフェのコーヒー➡2ユーロ~

フランス料理の注文がレストランで簡単にできるように、カフェでもシンプルに注文できるように、メニュウーまとめました。 カフェなら一品だけ...

保険と医療保険

長期でアパートを賃貸契約をして入居となると、住居保険に入らないといけません。住居保険に入っていないと契約書を結ばない大家さんばかりでしょう。

賃貸契約を交わすときに、大家さんや、不動産会社に保険会社を紹介してもらいましょう。

また、フランスの健康保険庁は、セキュリテ・ソシアルと言いますが、短期であれば旅行者保険をおすすめします。

急病で病院に搬送された場合に、どのくらいのカバーがあるかも日本にいる間に確認しておきましょう。

フランスでの旅行中に、急にお腹が痛くなったとか、ひどい風邪を引いたなどがあると慌てますね。 旅行の方もですが、フランスに住んで間がない...
病院へ行きたいけど、『フランス語で痛い』とどう言えば良いのかと考えると英語で通じる病院にしようと思ってしまいます。 しかし、日本語や英...

パリの公共交通機関

パリ市の公共交通機関には

  • バス
  • 地下鉄
  • RER(パリ郊外を結んだ郊外電車)
  • 市電

があります。

一月のパスで月額約70ユーロです。

その他10枚のチケットなどもあります。

パリの交通網の地図は以下のRATPのサイトを参照ください。

RATP(地下鉄とRER)のサイト➡ https://www.ratp.fr/plans-lignes

また、定期を購入する場合は、パリのリオン駅で、定期を申し込めますよ。

スポンサーリンク

生活費まとめ

最初に到着して間借りをした場合の当面の費用をご紹介します。

家賃(間借り)600ユーロ

食費(自炊)200ユーロ

お出かけと外食200ユーロ

交通費 30ユーロ

学費(年間700ユーロから6000ユーロ差があります。学校次第です!)

病気で診療費は1回25ユーロ、薬代は風邪薬などは5ユーロなどです。

美術館とオペラ

美術館の毎月第一日曜日は無料(常設展のみ)。オペラも15ユーロからあります。

➡ フランスでの生活費ってどの位?一月の食費~銀行管理費~旅行費用まで

仕事と就職先

就職先はありますが、フランス語のレベルといままでの経験次第です。

メールでのフランスのクライアントやサプライヤーとの連絡もありますので、フランス語のレベルは要求されます。

労働許可があれば、最初に短期の仕事を探すのもおすすめです。社員の妊娠期間などはねらい目で、期間も1年以内の短期と、有力な即戦力になり得ます。

フランス語のスピーキングとやレターが書けるように、出発の前にレベルアップをしておきたいですね。

フランスの就職状況

仕事探しのサイト➡ フランスからのインフォ フランスの仕事探し

日本人コミュニティ

フランスの日本人の総数が約3万人、パリに2万人と言われています。

フランスに到着してすぐに言葉も話せない場合など、子供の学校のことや、生活についての問い合わせは以下の日本人会などで問い合わせができますので、アポをとってみてはいかがでしょうか。

天理日仏文化協会では、日本の行事の催し物も開催されています。

日本語で通じる機関

 日本語新聞➡エスパスジャポン オヴ二

 日本人会 ➡ 在仏日本人会
 天理日仏文化協会➡ 天理日仏文化協会

日本から持参のおすすめ

フランスへ到着して、大家さんやお世話になる方には、安いものでいいですので、お土産をもってくることをおすすめします。

管理人がお土産で渡して、とても喜ばれるものは、

  • 扇子
  • 財布
  • 団扇
  • 5つ指のソックス

など、日本的なもので百円ショップで買えるものがいいです。

このようなものなら、重くありませんし、大家さんなどにちょっと渡すと、

「そんなに気をつかっていただなくて良かったのに。。。(Il ne fallait pas イル ヌ ファレ パ)」とは言いますが、喜ばれますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

芸術の国フランスは、美術館、博物館、オペラが低額で見られますし、バカンスには各地方の景色も見応えがありますし、食べ物も美味しいです。

それが故に、フランスに住んで見たいと思い、日本からも移住を目的に来られる方もいっらしゃいますが、実際に移住のための滞在許可や労働許可を手に入れられるケースは限られております。

移住の条件としてのビザは、次の3タイプになります。

  • 結婚ビザ
  • 労働ビザ
  • ビジタービザ

しかし一度ビザが下りますと生活し始めると快適な国です。

出発前には、

「仕事がうまくいくか」とか、「差別があるのではないか」とか、「フランス語が通じるか」

などと、期待と不安が入り混じった思いで日本を出発すると思います。

➡ フランスで日本人の差別はある?フランス在住10年で分かったこと

最初は言葉もわからず、それなりに大変かもしれません。管理人もそうでした。

しかし、ひとつ一つクリアしていけば良いのですから。

楽しいフランス生活を過ごしてくださいね(^^♪

結婚は、いい時はラブラブで、気持ちもルンルンです♪ 縁あって他国の人と結婚する「国際結婚」ももちろん同じです。 ですが、国際結婚は日本...
フランスは日本と違って、「スリ」や「ひったくり」に会う危険は多くあります。スリをする人達は生活をかけてやっています。 スリはフランスだ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事