カマンベールチーズの食べ方は?ロティ(オーブン焼き)が美味しい!

スポンサーリンク

カマンベールチーズといえば、フランスチーズの中でも一番名前が知られたチーズです。

食べ方としては、フランスパンに挟んだり、サラダに入れたりしもいいですし、いろいろと応用がきくチーズです。

食事の最後にワインと合わせて、パンと一緒に食べるのは、それでワインとの合わせ方もあり、悩みそうですが、焼いて食べるのもありです。

チーズを焼くのは、サヴォア地方のラクレットチーズが有名ですが、カマンベールも焼いて食べられます。

フランスでは体を温めるのに、冬の間はサラダより、焼いて食べることがすごく多いのです(^^♪

この焼くのはあまり日本で紹介されていませんが、オーブンで焼くだけで非常に簡単です。

では早速、カマンベールチーズの食べ方ご紹介します。

スポンサーリンク

カマンベールチーズの食べ方

いろいろな食べ方がありますが、まずは、オーブンで焼くカマンベール・ロティです。

オーブンで焼く(カマンベール・ロティ)

カマンベール・ロティのロティは、焼くという意味で。鳥の丸焼き(プレ・ロティ)のように、カマンベールを丸ごと、オーブンに入れて焼きます。

材料は、カマンベールとパン、あとはお好みで、アーモンドも砕いて入れます。

左がアーモンドで、右がノワゼット(ヘーゼルナッツ)です。今回はつぶしたアーモンドを入れました。

カマンベールを半分に切ります。

カマンベールの箱に耐熱紙を敷きます。それから半分に切ったカマンベールを入れます。

中す少し切り抜いて、つぶしたアーモンドをいれ、取り出したカマンベールを上に乗せます。

最後に耐熱紙をカマンベールにかけて、200度に温めておいたオーブンに入れて、180度で10分焼きます。

フランスパンは、細長く切っておいて、途中で10分たったらオーブンに入れます。

パンは、細長く切っておく方が、すくい取るときに便利で、食べやすいですよ(^^♪

非常に簡単ですし、なにせカマンベールは値段も安いですので、お手軽、便利、簡単な一品です。

家で食べる時はこれ十分ですが、プレゼンをよくする場合は、焦げた部分の耐熱紙を切ってから、お皿に乗せる方が良いです。

オーブンで焼くカマンベールロティ、グラタン風

カマンベールはオーブンで焼いても、トロトロにはなりません。

上の焼き方よりも、もう少しトロミを出したいという場合には、耐熱皿に入れて、少し牛乳を入れて、その中にカマンベールをいれて、オーブンで焼くのがおすすめです。

オーブンに入れる際に、上に入れるとこのように焦げ目がつきます。中からチーズがとけて、それでいて、牛乳と味がなじんで、とても食べやすいです。

まとめ

いかがでしょうか、カマンベール・ロティ。

サラダにいれても、もちろん美味しいですが、ロティもなかなかいけますし、友達がきたときなど、冷蔵庫から取り出して、半分に切ってオーブンでやけば出来上がりですので、手軽な一品です。

ぐつぐつしていて、ラクレットチーズとはいきませんが、楽しめる料理です。

ぜひ楽しんでくださいね(^^♪

クリスマスのメインディッシュに鶏の丸焼きをと考えている方も多いのではないでしょうか。 丸焼きって面倒だし、焼き方を間違えると美味しくな...
ラクレットといえば、アルプスの少女ハイジで有名なスイスの高原の料理ですが、フランスでも冬の定番のチーズ料理です。 管理人が最初にラクレ...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事