ブラータチーズとモッツアレラチーズとの違い?どっちがクリーミー?

スポンサーリンク

イタリアンチーズといえばすぐ思い浮かぶのは、パルメザンチーズではないでしょうか。

がっしりとした固いチーズで、パスタに振りかけて食べるとすごく美味しいですね(^^♪

しかし、サラダにしたいなら、しかも夏のサラダならブラータチーズですね。

このブラータチーズは、形も真ん丸で、モッツアレラチーズに似ています。でも、違いはチーズを半分に切ると中からクリームがでてきます。

まろやかなこのブラータチーズ、とても食欲をそそります。

しかし、このブラータチーズは、モッツアレラチーズににていますし、全てのブラータチーズの中身がとろりとしているわけでなないのです。

そこでこの記事では、色々なブラータチーズをご紹介します。とはどんなものなのかを見てみましょう。

スポンサーリンク

ブラータチーズとはどんなチーズ?

ブラータチーズは中に生クリームが入っていて、上部を紐を〆て巾着状にしているチーズです。

作って暫くすると、クリームが周りのチーズにはいり込んで、全体がクリーミーになりますが、中心部はずっと柔らか~いです。

ブラータチーズは、開くと中から生クリームが出てくるものばかりというイメージがありますが、全部がそうではありません。

モッツアレラチーズで、バッファロー乳で作られている、モッツアレ・ディ・ブファラには、AOPという規格があり、作り方が規定されています。

しかし、ブラータチーズにはAOPがなく、それぞれのメーカーにの作り方により、外見も中身も違っています。

ブラータチーズの中のクリームは?

モッツアラチーズもブラータチーズの違いは、中に入っているクリームです。

ブラータチーズは、半分に切ると中から、とろっとしたクリームが中からでてきます。

このクリームのことを、イタリア語で、「Stracciatella ストラッチャテッラ」と言います。

クリームは何かというと、余ったモッツアレラチーズと生クリームを混ぜて作った、モッツアレクリームのことです。

モッツアレラチーズは、牛乳にカゼインという牛の胃液をいれて凝固させ、それからお湯の中に入れて混ぜることで、ビューっと伸びる糸状のチーズになります。

この糸状になった弾力のある状態のチーズを、ちぎって丸めて何十個、何千個と作っていきます。

全部は売れませんので、モッツァレラチーズが余ると、再利用という形で、生クリームを混ぜてモッツアレラクリームにして、ストラッチャテッラを作ります。

モッツアレラチーズの外側にして、ストラチアテアを入れたものがブラータチーズです。

中はこのくらいクリーミーです。

中から、クリームがとろりと出てくるかどうかは、メーカーさんにより、これといったきまりはありません。

AOPという規格で作り方が決まっていないからです。

【ブラータチーズの種類と生産地帯】

また、このブラータチーズにも、牛乳で作ったものと、バッファロー乳で作ったものがあります。

バッファロー乳を使ったモッツアレ・ディ・ブファラは、イタリアでも南のナポリが有名です。ナポリはカンパニア州の州都で、このモッツアレ・ディ・ブファラはAOPという規格がついています。

また、ブラータチーズの方はさきほどおつたえしましたが、AOPの規格がまでできていませんので、生産メーカーによって作り方が違います。

その中で、プッリャ州(イタリア語:でPuglia)では伝統的な作り方をしているメーカーがまだ多いと言われています。

【楽天のブラータチーズ・ストラッチャテッラのクリーム入りタイプ】

チーズは受け取ったら直ぐ料理して食べた方が美味しいです。フレッシュチーズは鮮度が命です。

ブラータチーズの美味しい食べ方

AOPの規格がないことで、チーズの味もピンキリです。チーズに限ったことではありませんが。

美味しいのはやはり、美味しいですが、一番のお薦めは、良いオリーブオイルと、バジルと、コショウをかけて食べるのが美味しいです。

塩はすでに作る段階で入っていますので、入れなくても十分です(^^♪

オリーブオイル・バジルソース

さきほど、ブラータチーズは、メーカーによって作り方が違うといいましたが、これはフランスでMOFといって、職人専門職のチーズ部門で優勝した、ロラン・デゥボアさんのレストランのブラータチーズです。

先ほどの二つと比較しても、チーズの方さが違うのがわかります。

いままで食べたブラータチーズと固さが違うので、モッツアレラチーズではないのかと思ったくらいです。

オリーブオイル・アンチョビ・パンタネッラ

ブラータチーズのアンチョビ添えです。

青野菜のプンタレッラのオリーブオイル炒めと、アンチョビとブラータチーズで~す(^^♪

このプンタレッラはイタリアやスペインで多く使われている野菜で、管理人的には大根の菜っ葉に近いです。

ミニトマトとオリーブオイル

ブラータチーズとの相性がいい野菜はやはりトマトです。トマトが完熟トマトだと、それにコショウ少しとオリーブオイルは、もう最高です(^^♪

または、パルマハムもあると、もっと美味しいかもですが、トマト次第では、それだけで美味しいですね。

ブラータチーズは中がとろける状態だと、舌触りがいいです。

野菜はピーマンのスライスも合いますし、それぞれのお好みで添えると、盛り付けがすごく綺麗になります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。ブラータチーズとモッツァレラチーズの違い、また美味しい食べ方をご紹介しまました。

夏のサラダはもうこれで完結なくらい、食べたくなるチーズです。

ブラータチーズは大体一つで100グラムくらいです。

一つを食べると大体ステーキを食べたくらいのカロリーになりますし、すごくお腹が一杯になります。

サラダではありますが、これで1日のエネルギーが補給できるくらいの栄養です。

それに、相性のいい野菜をそえれば、夏バテ防止にもなります。

夏の一品にいかがでしょうか。

モッツァレラチーズ!今すごい人気です。 フランスでもイタリアンレストランの数が増えてきています。その中で一番出されるチーズは、モッツァ...

スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事