チーズを食べる順番ってどうすれば?常温でそれとも冷たいままで?

スポンサーリンク

チーズの種類は実際多く、レストランや友人宅に招待されたときに、どのチーズを選ぶのか、またどの順番で食べるのが良いのかと思います。

通常は、軽めの味から濃いめの味にしていくとは言われていますが、実はチーズがどの乳を使っているのかにもより、味は違っています。

味の濃さは、チーズの熟成期間によっていることが多いですが、カビがあるかどうかでも味が違っています。

フランス人の友人宅のテーブル席では、だいたい5から7種類くらいが大皿載って出されます。どのくらいを取分けて、どの順番で食べるのがいいのでしょうか。

また、チーズを美味しく食べるには、冷た過ぎてもうまく味わえません。お友達を呼んだときにテーブルにチーズを出すタイミングもあります。

そこでこの記事では、自分のお皿に取分けてから、食べる順番はどうするのがいいのか、また冷蔵庫からテーブルに出すタイミングも一緒に見ていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

チーズを食べる順番

チーズを食べる順番は、チーズの強さにより、弱いものから順番に食べていきます。

そうすることで、次に食べるものを美味しく認識できます。

動物ごとの順番にする

チーズの順番は、種類別で薄い味から、濃い味にするという考え方がもっとも一般的ですが、動物別の乳の違いの順番にすることもできます。

といいますのが、乳別では、

  • ヤギ

の順番で味が濃くなっています。

牛のチーズがもっとも数としても多いですし、牛のチーズから食べて、最後に熟成が進んだヤギのチーズにすることもできます。

種類別の順番にする

種類別の順番にするというのは、カテゴリー別の順番で食べるということです。

フランスのチーズは数が多く、約1000種類もあると言われています。

それらのチーズをフランスでは7つの種類に分類にしています。

チーズの分類の仕方は、ハードタイプとか、ウオッシュタイプというものではなく、型に成形して、カビをつけるか、外側を洗ってあるか、殺菌してあるかどうかなどによります。

カテゴリー別の順番で食べると、確かに味が濃くなっていくので、次のチーズの味を認識しやすいです。

分類の仕方は以下の通りです。

  1. フレッシュ・チーズ
  2. パット・モール・ア・クルート・フルリ(型で成型した外側が白カビタイプ)
  3. パット・モール・ア・クルート・ラベ(型で成型した外側がウオッシュタイプ)
  4. パット・プレッセ・ノンキュィット(圧縮された生乳無殺菌タイプ)
  5. パット・プレッセ・キィット(圧縮された生乳殺菌タイプ)
  6. パット・ぺルシレ(ブルーチーズ)
  7. フロマージュ・デゥ・シェーブル(ヤギのチーズ)

チーズの分け方はこちらの記事を参照下さい➡【保存版】フランスのチーズを一覧でご紹介!特徴と食べ方まとめました

チーズの味に特徴があり、味が濃いかかどうかは、

  • 熟成期間が短いか長いか
  • カビがあるか
  • ウオッシュタイプかどうか

などで味が随分と違っています。

カビがあるブルーチーズや、ウオッシュタイプの外側がオレンジになっているタイプは確かに味が濃いと感じます。

これらを先に食べると後のチーズの味が分かり難くなります。

また、前の章で、ヤギの乳が牛より濃いとお伝えしましたが、同じ作り方をするとヤギのチーズの方が牛より味は濃いです。

ただ、ヤギのチーズは熟成期間が短いフレッシュタイプが多いので、味もマイルドなフレッシュタイプで分類されることが多いのも事実です。

ところが、中には熟成期間が長い、味が濃く、ピリ辛になっているのもあります。

なにせ、種類が1000種もありますので、別記事で分けたカテゴリーで分類(①~⑦)を元に、どのような順番で食べるのがいいのかをお伝えします。

【食べるチーズの順番】

①フレッシュタイプ : 熟成期間が短いヤギのチーズ

7つの分類の記事では、フラッシュタイプのチーズに、フェッセルやフロマージュブランを紹介しています。

これらの2つはフレッシュタイプですが、食事の後のチーズというより、デザートやおやつです。

チーズのフレッシュタイプとしては、ヤギのチーズがあります。

熟成期間が短いロカマドゥールなどです。

ロカマドゥール

熟成期間が3日などであれば、フレッシュで味が濃くありません。

②型で成型した外側が白カビタイプ: ブリ、ナフシャテル、カマンベールチーズ

などです。

この外側にカビのあるタイプで一番有名なのはなんと言ってもカマンベールチーズですが、その他にも、ブリや、♡ハート型のナフシャテルがあります。

ブリ

ナフシャテル

どちらも牛乳のチーズらしい、マイルドなタイプです。

その次には、

③圧縮された生乳無殺菌タイプ :オッソー・イラティーや、サンネクテール

などです。

最初の章で、牛乳、羊、ヤギの順番にすることについて触れましたが、このオッソー・イラティーは羊のチーズです。

セミ・ハードタイプに分類されるのですが、固くならないチーズで、マイルドです。

オッソー・イラティ

サン・ネクテールもセミハードの典型と言えます。柔らかく、味も濃すぎずマイルドです。

サン・ネクテール

その次には、ハードタイプとなります。

④圧縮された生乳殺菌タイプ :コンテやグリュイエールやパルメザン
があります。

セミハードタイプより、熟成期間が長くなっている分、味が濃くなっています。

コンテは、最長3年までなるものもありまり、しっかりとした深みがでているチーズです。

コンテ

グリュイエールは、トムとジェリーにでてくる穴が開いたチーズでお馴染みですが、穴がないタイプがほとんどで、重厚な味わいです。

グルイエール

その他には、イタリアのチーズのパルメザンチーズがあります。塩けが多いピリっとしたチーズです。

パルメザン

その次に食べると良いのが、ウオッシュタイプです。

⑤型で成型した外側がウオッシュタイプ : ラングルやアフィディスなどです。

日本語でもウオッシュタイプと言われていますが、チーズを作る段階で、成形したチーズの外側を塩やアルコールで洗うことで独特な風味があります。

使う塩やアルコールで色が黄色やオレンジ色になっています。

味も濃いです(^^♪

ウオッシュタイプではマンステールなどもあります。

その他で、ラングルがあります。

ラングルは外側を塩水洗いの代わりにシャンパンを使っている非常に珍しいタイプです。

ラングル

アフィデリスは、外側の洗いを白ワインのシャブリを使っている非常に珍しいタイプです。

アフィデリス

このアフィデリスは楽天で出てていますが、Berthautさんのチーズです。

このチーズは値段も高いですので、同じブルゴーニュ地方のニュイ・サン・ジョルジュなどと合わせると実に美味しいです。

その次は、青カビを入れて熟成させたブルーチーズです。

チーズを食べる順番として、この⑤と⑥がクライマックスと言えます。

外側のウオッシュタイプと青カビはどちらも味に個性がありますので、チーズの最後して食べると、いままでのチーズも気にせず、舌が次に食べるものも認識してくれます。

⑥青カビチーズ : ロックフォールやサントオギュール、などです。

青カビチーズは、外側ではなく、中にカビ菌があるタイプです。ハードタイプタイプではなく、柔らかいですが、パンチがある味です。

ロックフォールは、羊の乳を使用した青かびビチーズです。ひげがのある叔父さんのイメージで有名なチーズです。

ロックフォール

サン・ト・オギュールはブルーチーズのなかでもクリーミーな、マイルドさがあります。

ロックフォールより、クリーミーで、あまり塩を感じないチーズです。

サン・ト・オギュール

この⑤と⑥では、順番を逆にした方が良い場合もあります。

ウオッシュタイプにマンステールというチーズがありますが、これは香辛料のクミンとたべるととても美味しいです。

クミン自体も主張のつよい香辛料ですので、そんな場合はブルチーズの後にするのも良いです。

そして最後にヤギのチーズです。

⑦ヤギのチーズ : 熟成期間が長いヤギのチーズ、ピコドンなど。

ヤギの種類は本当に色々です。フレッシュチーズで分類されることが多いのですが、ヤギのチーズの中には、1年もののチーズもあり、熟成が進んで、ピリ辛になるのもあります。

ピコドン

これはピコドンといって、ヤギのチーズですが、フレッシュタイプではありません。

外もカビできて、味に深みがでてきています。

ヤギの体は小さいですが、チーズにすると、すごく主張がでてくるものです。

【ピコドン 60グラム】

●楽天で購入するときは、同じチーズの場合は、売り先で値段が随分違いますので、チェックしてから買って下さい。
リンクを貼っているのは、私がチェックして、同じチーズで同じ生産者で安い方を入れています(^^♪

まとめ~チーズの食べる温度

いかがでしょうか。

チーズの順番をまとめました。

チーズの種類はある程度まとめられていますが、同じカテゴリーでも、もっと主張の強いチーズがあります。

それに、熟成期間でそのチーズがどう変わっていくかは、チーズの個性が加わってきます。

そして、チーズを食べるときの温度は大事で、冷蔵庫から出してすぐだど、チーズがまだ花咲いていないというか、香りや味が委縮している状態です。

大体1時間前には出して、夏の暑い時期なら30前とかで、2時間も3時間も前に出しておくのも良くないです。

チーズは楽しんでくださいね(^^♪

美味しいチーズは、スルスルとついつい食べてしまいます。 最初は沢山食べるつもりがなくても、テーブルの上においていくと、少しずつつナイフ...
イタリアンチーズといえばすぐ思い浮かぶのは、パルメザンチーズではないでしょうか。 がっしりとした固いチーズで、パスタに振りかけて食べる...
スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事