ふくらはぎが太いのは細くなる?効果的な運動と避けた方が良いこと

スポンサーリンク

そおいえば、最近ふくらはぎがなにか太くなったなと、急に気になるとはないでしょか。

ふくらはぎや、太ももは遺伝により決まる体型もありますが、運動や歩き方で、急に筋肉がつくときがあります。

実は、管理人もふくらはぎがなんとなく、「ぼた~っと」してきた時がありました。それで運動をはじめたら、なんと細くなりました!

管理人は、アラフィフですが、やたらなんでも採寸が好きで、ノートに書いてから運動をしました。

そしたら、3か月で細くなりました(^^♪

友達に会っても、「あれ、足細くなった?」と言われたので、見た目でもわかるのかなと思いました。

しかし、ふくらはぎは生活の仕方で太くもなる部位です。ですので、気を付けないといけない事もあります。

そこでこの記事では、「ふくらはぎを細くする作戦」をお話ししたいと思います(^^♪

スポンサーリンク

ふくらはぎは細くなるもの?

ズバリいって、なります。

運動していないふくらはぎは、「ぽやぽや」していますので、筋トレ系の運動をすると、引き締まります。

また、避けるべき運動もあります。

避けるべき運動はやはり長時間歩くこと、自転車などです。

具体的な筋トレ系の運動はスクワットがおすすめです。管理人は、ふくらはぎを細くしました。ただ、スクワットをし過ぎるとかえって太くなります。

まずは、ふくらはぎが太く見える時はどんな時なのでしょうか。

ふくらはぎが太く見える理由

ふくらはぎが太くなっているとき、1日に間でも太さが違うかと思いますが、

ふくらはぎが太い理由は、

  • むくみ
  • 脂肪
  • 筋肉

などがあります。

最初の「むくみ」については、誰でも経験しているかと思いますが、特に夜は、足に疲れがたまって、ふくらはぎがむくんでしまいます。

脂肪ではなく、老廃物や水分が溜まることで起こります。

長時間立ったままやずっと座っている状態だと、血液の流れが滞り、老廃物や水分が溜まりってむくみがきます。

二つ目の「脂肪」については、運動不足で脂肪がついてしまっている場合です。脂肪もついてむくみもあるという場合もありますね。

三つ目の「筋肉」については、スポーツをしてきた場合は筋肉質になっています。適度に発達してりるのは良いのですが、長時間ふくらはぎを使っている場合などには、太くなってしまっている場合があります。

それぞれ、対処の仕方が違いますが、むくみと、脂肪については、スクワットが効果的です。筋肉を刺激することができるからです。

クスワットで鍛える筋肉

ふくらはぎには、腓腹筋とヒラメ筋があります。

ヒラメ筋は赤筋で、収縮速度が遅く持続力があるのが特徴で、腓腹筋は白筋で、収縮速度が速いのが特徴です。

両方とも、運動をし過ぎると発達してしまいます。

スクワットの仕方と回数

おすすめの筋トレはふくらはぎや、太ももの筋肉を鍛える「スクワット」です。

スクワットをすると、太もものやふくらはぎが太くなるのではと心配してしまいますが、スクワット自体では、細くなります。

ただし、やり過ぎは良くありませんので、1日20~30回を目途にするのが良いと思います。

スクワットをするときに、姿勢が大事です。

腰を落として背中の角度と、足首から膝の角度が平行になるくらいが理想です。

しかし、最初からはここまで腰を落とすには、かなりハードですので、最初は5回くらいからでも始めればいいと思います。

やり方は、

  1. 足を肩幅より少し大きく開いて立ち、足先を少しだけ外に向けます。
  2. ゆっくり腰を落としてます。
  3. 腰を落とすときに、息を吐きます。
  4. ゆっくりと腰をもどして、立ちます。

【オススメの動画はこちら↓】


この動画では、1分とありますが、最初は、2回でも、3回でもいいですし、深く腰を落とせなくていいです。リズムも早いですので、最初は少しずつやっていきましょう。

管理人は、以前にジムに行って、先生に教えてもらっていました。

管理人のふくらはぎのサイズ

結果は、3か月で2cm細くなりました。

ウエストの2cmだと、見た目にはわかりにくいようですが、ふくらはぎだと、傍目にわかるようです。

冬のブーツもすんなり入るようになりましたので、効果がありますよ(^^♪

また、おすすめできないのは、長時間自転車をこぐことや、長時間歩くことです。管理人の友人で、自転車が早い女性と男性がいますが、筋肉があるので、自転車を早くこげますが、ふくらはぎが太めです。

何を優先させるかですが、ふくらはぎを細くするには、長時間の自転車は避けるべきと思います。

スポンサーリンク

まとめ

スクワットの仕方をまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

最初は、そんなに効果があるのかと半信半疑で始めたスクワットでしたが、しっかりと効果があるものだと感じました。

また、このスクワットをすることで、太股とお尻の筋肉もつけることができますので、ゲットした筋肉がカロリーを燃焼してくれるのも嬉しいことです。

最初は、本当に2回でも3回でもいいのですが、体調がよければ少しずつ初めてみるのはどうでしょうか。

また無理はよくないですので、気分よく、また目標をきめて毎日の励みにするのは良いと思います。

頑張りましょう(^^♪

中年太りが一旦始まると止まらない時期を経験したことはないでしょうか。 管理人も以前なら2,3日食べる量を減らすと体重が2,3キロすぐに...
膝の黒ずみが気になることはないでしょうか?膝が出るスカートを履いたときに鏡の前で、「こんなに黒いの?」と自問してしまうことがありますよね。 ...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事