好きな人を振り向かせたい!でも振り向かれたらどうしたいの?

スポンサーリンク

恋とは陶酔ですね~。

あの思い焦がれる恰好が良い彼、美人な彼女と付き合いたい、結婚したいと思っていて、もうなにも手が付かないというのがありますよね?

人生でその位好きになれる人に会える時はあります。

そうなれば、「アタック」するしかないですよね!

しかし、反面、断られたらどうするのか、ここは考えどろろと思い、なかなか行動に出られないのも事実だと思います。

本当は、あの憧れれの人も自分のことを好きなのかと、少し確信ができてから行動すべきなのかです。。。。

しかしですよ、その憧れの人のことって、本当はどこまで好きなのでしょうか?

スポンサーリンク

振り向かせるにはまずファイトする

憧れの彼や、彼女!もうこれは、「好み」ですね。他人が何と言おうと、好きなものは好きです。

憧れ度が強くなるには、自分ががっかりする面は見ない方がいいですね。

好きでない面を見ないでいられる期間が長く、声も聞こえないと、妄想が妄想を呼び、ずっと好きでいられます。

バスケ部の恰好キャプテンは、実生活では本当は「恰好よくない面」があるのかもしれません。しかし、バスケの試合だけを見ていると、シュートを決める姿は、恰好いいですね~。

憧れの対象は、ある程度、距離があるから、憧れで、自分できめている距離感があるときですね。

なぜか、自分から「手が届かない世界」とか、「手が届かない人」と思ってしまっています。

しかし、友達の紹介などで、接する機会がでてくると、「チャンス到来」と考えます。

憧れの境界線を越して、話せる人になりました。さて、接点ができてから、思いを伝えて「好き」と言おうか、どうするかですね。

振り向かせたい理由にライバルの存在あり?

接する機会が出てきて、少しで話す時間がでてくると、「アタックする」チャンスありますね。

向こうもまんざらでないと思っていると感じるときがあると、告白しようかなと思ってきますね。

振り向かせたい相手は、

最初は手が届かない雲の上の存在

自分の存在が認知され

振り向いてもくれるかもしれない

ステップを踏んで、好きな人の視野の中に入ることができたってことですね。

さて、ここで思い焦がれる人に、告白をめざしますよね。

ところが、境界線を越えて、少し接する機会がでてくると、大なり小なり、

「え?こんな面もあるの?」などと、予期していなかった面を発見してしまいます。

ちょっと憧れだったけど、ちがうのかも?などど思います。

告白するの、しないのと自分では決めかねるときに、ライバルが出現します。

そうなれば、憧れの人のいい面がクローズアップされてくるのが、人間の心理ではないでしょうか?

振り向かせると飽きてくる?

ライバルが出現して、愛を告白して憧れの人が自分のことに興味を持ってくれて、いざお付き合いは始まります。「始まりっていい時期ですね!」と管理人は思います。

デートする時にの、恰好が良い人だと、手をつないで、外でアピールしたいと思います。

相手の人は、見世物でなくとも、自分が、彼女や彼だと言いたいです。

ただ、外見だけで好きになった場合や、共通点がない人との恋は長続きしないことがありますね。( ;∀;)

憧れの間は、その人の一部だけを強調して目にしていたので、そのほかの面を知らないとか、他の大事は要素を知らずに恋をしますので、自分が好きなタイプでないという事もでてきますね。

本当に好きでも、自分が理想としている人でないと知ると、この付き合いを止める方がいいのかと思いますね。

管理人が好きなドラマで、

「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」というドラマがありました。

山下 智久さんが主演でバスケット選手の彼女は、プロバスケットボールチームの社員の美人の彼女。付き合っている間に、成績不振で年俸を下げられたりがあって、彼女は彼にもっとガッツをもって、プロ選手をして欲しいと思うなか、彼は、料理が得意で、彼女にフレンチトーストを作ったり、家庭的な面をみせたり、バスケットにガッツを見せない面など、男としてのガッツ精神が足りないとがっがりが続き、他に目移りをしてしまいます。

彼であれば、恰好が良くて、フレンチトーストが上手い人で良かったのでしょうが、結婚となれば、違う面を求め、すれ違いが出てしまう例ですね。

ルックスもよく、優しい彼でも、付き合いが長くなると、本当に好きなタイプではなくなるということもあります。

ふった相手にライバルがでてくると?

いやな面や、好きでない面の所為で、別れることもあります。我慢ができない面は人それぞれです。

いろいろ話して、将来をどうするかなど、さんざん話しても堂々巡りで、別れたのはいいのですが、でも好きという相手はいますね。

そこで、振った相手に新しい相手ができたことを知ると、なぜがここでファイトしたくなるのが、人情でしょうか。

「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」の彼女も、一度は別れたものの、また未練があり、新しい彼女の出現で、復帰を考えますが、時遅しです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

好みのタイプは確かにあります。

元気ハツラツな人が好きとか、なんとかく影があるのがたまらないとか、それぞれですね。

好きな憧れの人にアタックして、恋が始まる、そして成熟期を迎えるとなっていったり、別れたりと。。。

自分の好きなタイプの人は確かにいますが、実際その好きな人のどこを見て好きなのかがありますね。

本当に好きな人がいたとして、その本当はどの部分なのかは、自分自身でもわかりませんね。

やきもちを焼かない!ってできますかね? 心の中はやきもちでいっぱいなのに、外からみると平静にみえて、やきもちをやいていないように見える...
首のシワは気を付けないと急に増える事はないでしょうか。 顔もそうですが、首のシワは生活感を出してしまいますね。 それに首にはどう...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事