フランスの伝統菓子の種類!カヌレ他各地の16種の魅力をご紹介

スポンサーリンク

フランスの伝統菓子はフランス各地の特色があり、その中には何百年と継承されてるお菓子もあります。

今でこそ砂糖も簡単に手に入りますのでデザートを作るのは簡単ですが、伝統菓子ができたころには重要なたんぱく質の補給源として作れらたものもあります。

伝統菓子の種類も、基本的に小麦粉とバターと砂糖を混ぜて焼いたお菓子が多いですが、そのほかにアーモンドプードルや、卵が入っているお菓子ががります。

卵の卵黄だけ使い、残りの卵白でつくったメレンゲのお菓子もあります。まさしく無駄なく使われた伝統菓子ですね。

ほぼ同じ素材で作っても、その中にジャムやラム酒を入れたりと、地方によってもちろん呼び名も違いますが、味も微妙に違っています。

伝統菓子は、飾り付けがアーティスティックなレストランで出てくるデザートとは違います。見た目は華やかではありませんが、各地の素材を使った作られているから、何百年も継承されているということですね。

では早速フランスの伝統菓子の種類と名前をご紹介します。

スポンサーリンク

フランスの伝統菓子の名前

カヌレ

ボルドーのお菓子です。中がしっとりとして、外側が噛み応えがある事で、内側と外側が対照的になっているのが魅了なお菓子です。

小麦粉と卵と牛乳をまぜて、型に入れて焼き上げたお菓子で、ラム酒やバニラの香りを引き立てています。

各地でつくらていますが、ボルドーで作られたカヌレの特徴として、銅製の型で焼き上げられていることで、外側が程よく固くキャレメルで噛み応えがでています。

そこが本家の特徴ですね(^^♪

カリソン・デクス

プロヴァンス地方のお菓子です。アーモンドを粉にした「アーモンドプードル」と、卵、乾燥させたアプリコットのコンフィが材料です(^^♪

フランスの南のプロヴァンス地方では日射量も多く、美味しい果物が採れます。アプリコットもその一つです。現在は、アーモンドの栽培をする農家が減っています。

材料にアーモンドを使っていますので、値段が高いのです(4個入りで700円以上です!)長期保存菓子ですが、カヌレ同様できたてが美味しいです!

ガレット・デ・ロワ

年初の1月6日から食べるパイ生地のお菓子で、太陽を表していますので形が丸です。

アーモンドプードル、卵、バター、砂糖を混ぜたものを、上下をパイ生地で覆って焼き上げたお菓子です。中に陶器のフェーブ(陶器の小さな破片)が入っています。

フランスのパン屋さんでガレット・デ・ロワを買うと、こんな王冠が付いています。

自分のガレットに中にフェーブが入っていると、王様の王冠を被るのが習慣です(^^♪

ガトー・バスク

バスク地方の焼き菓子です。

小麦粉、卵、砂糖、牛乳、バターを混ぜて、焼いた焼き菓子で、中にサクランボのジャムや、カスタードクリームを入れたもの、ジャムなしもあります。

サクランボのジャム入りです。

カスタードクリーム(ラクレーム・パティシエ)入りです。

ガトー・バスクの多くは表面がフォーク模様をつけていますが、このように、「ラウブル」というバスク地方に語り継がれるバスク十字が描かれているタイプもあります。

ただフォークで模様を付けた方が出回っています。

ガトー・ブルトン

フランス西南のガトー・バスクがあれば、北西のブルゴーニュ地方の焼き菓子は、ガトー・ブルトンです。

ブルターニュ地方は、フランスで一番の漁が取れる地域です。漁師さんは漁に出ると、1か月や2か月の間家を空けて家に戻りません。

そんな時に、船の上で食べられお菓子が、「ガトー・ブルトン」です。バターが沢山入っているわりにはビスケットのような生地の焼き菓子です(^^♪

同じガトー・ブルトンですが、表面に飾りの線が入っていないタイプで、作りたてのためしっとりしています。

クイニーアマン

クイニー・アマンは、焼き菓子とブリオッシュの中間の食感です。

もともとイギリスから入ったお菓子で、それをブルターニュ地方の固有のお菓子となりました。

ブルターニュ地方のお菓子はバターの使用量がはんぱでありません。しかし、美味しいですね(^^♪

ガトー・バチュ

ガトー・バチュは、焼き菓子ですがブリオッシュの食感が強いお菓子です。

フランスの北のピカルディーの伝統菓子で、1900年に作られたと言われています。

高さは15㎝位もあり背高菓子ですが、『バチュ』の名前の通り、叩くという意味で、材料を混ぜる時に叩いて空気を入れて焼き上げます。

食感はバターがたっぷり入っている割には、空気が入っている分ふっくり軽めです。

沢山食べてしまいがちですね(^^♪

クラフティ

しっとりした焼き菓子です。食感として、カヌレの中のように柔らかいのが特徴です。

小麦粉、卵、牛乳、生クリーム、砂糖、バターを混ぜて、型に入れて焼き上げます。このクラフティにいれる果物は、サクランボが多いのです。

ファー・ブルトン

ブルゴーニュ地方のお菓子は何種類もあり、名前に「ブルターニュの」となっています。

これも「ファー・ブルトン」といって同じく焼き菓子ですが、上のクラフティとほぼ作り方も一緒です。ファー・ブルトンには、プラムやサクランボが入っています。

クラフティはレストランのデザートで出てくることはありますが、このファー・ブルトンはどちらかというと家で作っておやつに食べるような違いです。

スポンサーリンク

パン・デピス

パン・デピスは、はちみつを使った重めのどっしりとしたお菓子です。ハチミツも高級品でした。

エピスは香辛料の意味で、小麦粉、ライ麦粉、茶色の砂糖、シナモン、卵、牛乳、ショウガの粉、はちみつを混ぜ焼き上げたお菓子です。バターが入っていないのが特徴です。

ノネット・ドゥ・ディジョン

デジョンのお菓子です。ディジョンは、「マスタード(洋からし)」で有名ですが、このノネット・ドゥ・ディジョンは、18世紀から作られているお菓子です。

パン・デピスの中にアプリコットのジャムが入っています。焼きあがってから、上に砂糖で覆うのが特徴です。

ディジョンのこのお菓子を作っている会社が、「ムロ・プティジャン」です。

ビスキュイ・ローズ・デゥ・ランス

シャンパーニュ地方のランスという町のお菓子です。

この細長の平たいビスケットはなんと、250年以上の間作られています。最初はパン屋さんで、炉の火を消してから、余熱をうまく利用できないかと考えて作られたのです。

ですので、このビスケットは2重になっていて、ビスキュイ・ローズのビスキュイは「二回焼かれた」という意味なのです(^^♪

色がピンクで華やかな印象を与えます。卵、小麦粉を混ぜて焼き上げたこの焼き菓子は、シャンパンを飲みながらでも、またシャルロットケーキの外側に飾りとしても、なくてはならない伝統菓子です。

シャンパングラスの中にビスキュイ・ローズを浸して食べるのもありなのです。

ヌガ

プロヴァンス地方のモンテリマール県の特産物です。

砂糖、ハチミツ、水、卵白と、フライパンで炒ったアーモンドを混ぜて固めたお菓子です。卵白とハチミツを使っているの固めです。

材料はほぼ一緒ですが、水が入っていないのと、砂糖とハチミツを煮詰める時間が長くなり、砂糖とハチミツの色が黒ぽくなったのを「ヌガ・ノワール」といいます。

マカロン

マカロンはナンシーというフランスの北東にある都市で最初に作られました。

ナンシー名前はほとんどが知られていませんが、なんと16世紀に修道院で作られたということです。当時は修道院で肉を食べることができませんでしたので、アーモンドを食べることで、大事な蛋白質を摂っていと言う事です。

マカロンの材料は卵白のメランゲと、アーモンドプードルと砂糖です。

ムラング

余った卵白を焼いたお菓子です。フランス語では、メランゲではなく、ムラングと発音します。

メランゲは、卵白と砂糖だけでつくれますが、このように果物のジャムを入れると多少色目がついて華やかになります。

パルミエ・オ・スュクル

パイ生地で心臓の形にして焼いたお菓子です。

パン屋さんで売っている一品です。パイ生地に砂糖水を塗ってから砂糖を振って、両側から丸めて棒状にして、切って焼き上げます。

歯ごたえがいいのが特徴です(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。好きなお菓子はありましたか?

管理人は、ブルターニュ地方のファンで、やはりクイニーアマンが好きです。

とはいえ、ブルゴーニュ地方のノネット・ディジョンは、パン・デピスとアプリコットのジャムがなんともいえないマッチングで、美味しいです。

ランスのビスキュイ・ローズでかざったシャルロットをたべる機会がありましたら、画像をアップします。

どうぞ試してくださいね。ご参考になりましたら幸いです。

フランス料理で「ガルニチュール」とよく目にしますが、ガルニチュールはフランス語の「ガルニール(=備え付ける)」から来ている言葉で、「付け合わ...
星付きのレストランの料理は美味で、盛り付けも味付けも洗練されていてケチのつけようがないですよね。 でもお値段が高いですし、フランス国民...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事