寝ると肌が綺麗になる?眠ることと美肌にはどんな深い関係があるのか

スポンサーリンク

朝起きて「あ~よく寝た!」と背伸びをし、鏡を見たら「今朝はお肌が絶好調」と感じたことはないでしょうか。

逆に、朝起きて肌がいかにも疲れていると感じるときもあると思います。

管理人もその両方を感じることがあります。夜が眠れないと、翌朝はお肌がかさついていたり、目の下にクマを発見したりして、嫌だなと思ったりします。

そんな眠りとお肌の関係が気になって調べてみたら、やはり睡眠時間と肌には深い関係があるようです。

しっかりよく寝ている人と、そうでない人とでは肌年齢が違ってくるという研究成果もありました。

今回はそんな美肌と睡眠時間の関係について徹底的に調べてみました。

それでこの記事では、良い眠りがお肌を綺麗にする理由、そしてお肌に良い睡眠をどうとるかなどについてお伝えしたいと思います。

さっそく、美肌と睡眠時間の関係を見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

寝ると肌が綺麗になる理由

睡眠時間が長いことと、肌が綺麗になることには相関関係があるのは本当のようですね。

アメリカのオハイオ州のクリーブランド大学で、お肌と睡眠について、睡眠時間が長い人のお肌が疲れにくいと研究結果が発表されています。

具体的には、睡眠時間が長い人とそうでない人では、お肌が直射日光を浴びるなどの刺激や、日常の疲れから回復しやすいかどうかで、差が出ていると研究結果でわかりました。

テストに参加した人は、二つのグループに分かれて、

  • 7時間以上寝ている人のグループ
  • 6時間以下しか寝ていない人のグループ

で行われました。

テスト内容は、日光浴をした後の肌の状態で、良く寝ている人のグループは、

  • 日光浴などの刺激から早く回復させられる
  • 肌に均一な回復力がある

などの差がはっきりと見受けられたということです。

こんな結果が出ているのは管理人も知りませんでした。日進月歩の研究ですが、医学は進歩していると感じますね。

確かに良く眠れた朝は、体も軽いですし肌が疲れていません。もちろんそれでも20歳の肌に戻るとまではいきませんが、そんな朝はキメも細かく感じます。

それでは眠りによる肌の回復力のメカ二スムがどのようなものなのかを、更に深く見てみましょう。

睡眠が美肌を作るメカニズム

研究結果で分かったのは、睡眠時間が長い人のお肌は、疲れても回復力があるということです。

長く眠る人と、よく眠らない人との間になぜ肌の回復力に差が起こるかが気になるところですね。。。

それは、肌は朝と夜では機能が違っているからです。日中は肌がバリアとなって

  • 寒さ
  • 熱さ
  • 大気汚染
  • 乾燥

といった、外的要因から体を守っています。

また夜はお肌の細胞が生まれ変わります。この時間帯が真夜中12時から朝の4時までです。更に肌は夜の間は浸透性が良くなるということです。

普段は意識していませんが、お肌も夜の間は、眠るということです。

ですので、お肌も呼吸をして疲れを回復できるようにしてあげることが大事だということですね。

人間も動物ですので、体の臓器も日中は働いて夜は休まないといけません。

夜に眠るのは「概日リズム」といって、私たち人間の体は動物もお日様が出ると目が覚めて、夜になると眠るという、1日の周期があるからです。

それをつかさどっているのが、「メラトニン」というホルモンです。

このメラトニンは、日中は分泌が抑制されていますが、夜になると多く分泌されることで夜に眠れるのです。

メラトニンについてコトバンクでは、以下のように説明されています。

メラトニンは脳の松果体(しょうかたい)というところから分泌(ぶんぴつ)されるホルモンです。日中は光刺激により分泌が抑制され、夜間になるとさかんに分泌され、明暗周期に敏感に反応した日内変動(にちないへんどう)、概日(がいにち)リズムを示します。

引用先  : コトバンク メラトニン

人はメラトニンが分泌されることで、眠れるわけですが、お肌も体の他の臓器と一緒に、休まないといけないのです(^^♪

次の章では、研究結果で分かった「よく眠る人とそうでない人との肌年齢が違う」ということについてご説明します。

良く寝ている人と寝ていない人との差

睡眠不足というのか、よく眠れている人と、そうでない人との間にはお肌年齢が違うということが、上の章でご紹介しましたクリーブランド大学の研究結果でわかりました。

肌状態で気になる、

  • シミ
  • たるみ
  • はり

などの面で、倍も違っているのが確認されているということです。

年齢面でいえば、

  • よく眠れている人の肌年齢は、一般年齢より8歳若く見える
  • よく眠れていない人の肌年齢は、一般年齢より4歳も老けて見える

ということも確認されているということです。

管理人もこんな研究結果が出ていることも知りませんでしたし、栄養クリームが全てと思っていた時期も正直ありました。

ここまで違いがあるのであれば、ぐっすりと眠らないといけないと思いますね(^^♪

しかし、睡眠時間が短い人が急に長く眠れるというわけでもないですよね。

次の章では、お肌に良い睡眠をどのようにとっていけるのかを考えたいと思います。

スポンサーリンク

お肌を綺麗にする睡眠のとり方

では、具体的に睡眠時間を長くするためには、どうすればいいのでしょうか。

よく眠れるために必要なこと

お肌のためには、よく眠らないといけないことはわかりました。

しかし、問題は睡眠不足を解消して眠りたくても、いろいろなストレスがあって、夜中に考え事をして、なかなか布団に入っても眠られない現実があります。

質の良い睡眠をとるようにするには、以下のことを気をつけるようにした方が良いです。

  • ベッドのマットを体にあったものにする
  • 決まった時間に寝るようにする
  • コーヒーなどの刺激物は夜は飲まないようにする
  • PCや携帯電話などの画面は見ないようにする
  • 光がない真っ暗な部屋で眠るようにする

一番最初の、ベッドのマットレスは、とても大事だと思います。管理人はアラフィフで、若い人からみると、「そんなマットレスなんて関係ない」と思われるかもしれませんが、これは意外と重要です。

良いマットは、体をしっかり休ませてくれます。もちろん、布団がダメといっているのではありません。いずれにせよ、寝具は自分の体にあったものにしないと、良く眠れないだけではなく、ぎっくり腰の原因にもなります。

また、夜眠る2、3時間前は、ものを食べないことや、カフェインが入ったお茶やコーヒーを飲まないようにした方がいいです。

食べ物が胃の中にあると、胃も寝ている間に働かないといけなくなりますし、カフェインのせいで眠れなくなります。

【カフェインで眠れない話】

以前管理人はストレスで眠れない時期に、楽に眠れる錠剤を呑んで夜寝ていました。ところが眠れないのは、夜の食後にコーヒーを飲んでいたからだということに気が付きました。なんてことはない、19時以降のコーヒーを止めるだけで眠れるようになったのです(^^♪

それと、就寝時には、眠りやすい環境を整えるようにするのが大事です。部屋の中のライト、赤でも青でも、まぶたの裏に感じてうまく眠れません。

特に、スマホなどの携帯の青い画面や光は脳を刺激しますし、メッセージなどの内容次第で、考えごとをして、眠れなくなったりするものです。

現代社会は、眠ることが難しいと感じる人が多いと言われています。布団に入っても直ぐに眠れるというわけではありませんので、なるべく何も考えないで眠るようにしましょう(難しいですが。。)

睡眠中のお肌にしてあげること

また、肌が夜にゆっくり休めるには、肌が呼吸できるようにしてあげることが大事です。
そのためには「メーク落とし」をきちんとしてあげることが大事です。

管理人は以前、化粧品を買うときに、「夜はメーク落としをしないと、肌のくすみの原因になる」と聞いていました。

下の参考資料に書きましたネッテー皮膚科医によると、肌がくすむというよりは、肌にファンデーションなどが残っていると、肌が呼吸しにくなるので、就寝前にはメークは落とす方が良いということです。

外出して空気の大気汚染で肌にも不純物がついています。ファンデだけでなく、そんな汚れを洗顔やメーク落としで取り去ることが大事だと思います。

また日中は、肌を守るために、デイクリームをつけるほうが良いと、ネッテー先生が言っています。

【参考資料】

このネッテー医師はフランスの皮膚科の女医です。「クリーブランド大学の研究が初めて肌と睡眠の関係を明らかにした」とフランス2のテレラマ番組(France 2 Télé Matin – 15/04/ 2014)で言っていました。

また、早く眠ってもすぐには眠りにつけない人が多いのではないかと思います。しかしやればできるもので、管理人も夜は10時に寝ることにしたら、1週間くらいで眠れるようになりました。

それで朝は6時に起きて、朝食をしっかりと取る朝型の生活に切り替えることができました。

最初は大変に感じますが、徐々にできるようになりました。お肌は高いクリームを使うよりも睡眠と、つくづく実感しています(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか、いろいろな研究成果でもわかるように、眠ることでお肌は綺麗になるものですね。

眠ることでお肌の疲れまでとれるとは管理人も想像もしませんでした。

またもちろん、お肌の状態を良くするのもありますが、睡眠時間が短いことで、いろいろな症状もでてくることもありますので、お肌のためだけでなく、ぐっすりと眠りたいですね。

ただ、眠りたいと思って夜早めに布団に入っても、考えごとをしたりして、うまく眠れないことがあります。

布団に入っても熟睡できないと、睡眠したことにはなりませんので、しっかり眠れる環境を作ってあげることが大切です。美肌の為ですので、努力したいですね。

以上ご参考になれば幸いです。

朝起きて「体がだるい~」と体の不調を感じて、憂鬱な1日をスタートすることはないでしょうか。 そんな日には頭痛がしたり、風邪をひいたりと...
「あ~今日は疲れた!」と思って早く布団に入っても眠れないということはないでしょうか。体も疲れているし、なんか頭もぼーっとしているし、直ぐに眠...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事