若く見える人の特徴顔って何?ポイント強化で若く見せられる方法

スポンサーリンク

女性にとっては若く見えるというのは、ほとんどの人にとって気になる話題です。

若く見えるというのは、なにも「歳をごまかして」という意味ではなく、年齢通りに見えても、老けて見えなく、若々しく見えることを誰しも希望することです。

歳は相応で、30歳も若く見えたいというのではなく、やはり印象でイキイキとして見えたいというのが本音だと思います。

それは、顔だけの印象ではなく、態度や雰囲気もあります。

借金を抱えて、ずっとイキイキというのは無理でも、そんな切羽詰まった状態ではなく、程よくずっと「若い印象」でいられるのにはややり秘訣があります。

それには、内面の力はもちろんですが、それと一緒に顔のツールである肌の張りが印象に大きな影響を与えるものです。

女性なら特に、40歳や50歳を過ぎて、老け顔になる時はだれでも経験することではないでしょうか。

要はちょっとしたポイントで若くみせる要所があると感じます。

そんな強化作戦の方法をみてみましょう(^^♪

スポンサーリンク

 実際の年齢より若く見える人の特徴とその理由

年齢は戸籍上の実年齢があります。

しかし、だれも戸籍の年齢よりは、ぱっと見の年齢で、「あ、この人若い!」という印象を受けます。

その時の印象を左右するのは、

  • シミとシワ
  • 肌の張り
  • 髪の毛艶
  • イキイキ度
  • 背中が真っすぐな姿勢

という点なのではないかと思います。

大体35歳くらいから、シミやシワの数は人によって変わってきます。女性だけではなく男性も、顔にシミがあると暗い印象を与えてしまうのは事実です。

シミやシワはまさしく生活そのものが反映してしまいますので、にわかに気をつけても急にはなくせないものです。

実際若く見える人はやはり生活の中で工夫していると思います。

シミとシワない肌

顔に大きなシミがあったり、シワがあると、はっきりと生活感をだしてしまいますし、若くても若く見えないのは事実だと思います。

だからこそ、普段気にして気を付けていれば、シミやシミはなくしていけますし、若い印象をさせるのは可能です。

男性だからと言って、シミができないわけではありません。

ただ、女性は閉経があることで、大体47歳から急に体調が変わってしまう場合が多いです。

気分も落ち込みがちですので、何か自分のことに時間を使わなくなってしまい、「どうでもいい」というような投げやりな気持ちになりがちです。

しかし、その後気分が晴れたときに、「やらなかった時期のつけ」がきます。

時遅しの状況にならないようにこまめにお手入れをした方が良いです。

↓【フェイスマスクをこまめに使う】

ビオプリマ

肌の張り

肌の張りがあると、やはり若く見えます。

丸顔とか、細おもて顔とか、形で若くみえるというのもありますが、シャープに見えるには、やはり無駄なぜい肉が顔にないことです。

体重と肌の張りの関係は顕著で、太っていると、また太ってしまうと、後々顔にも脂肪がついてきて、余波が起こります。

特に顎のたるみと、首のシワがそうです。

またほうれい線は、太と顔がたるみでタプタプになるとほうれい線が目立ってきます。

逆に言うと、張りがあるように感じさせるためには、ふとらないでいられると、かなりポイントが高くなります。

後で高くついてしまう「太ってしまった」状態は、なるべく短い期間で終わらせるようにした方がいいと思います。

太ると実際に洋服も買い替えるなど、余計な出費にもなってしまいますし、太ると若く見えないのも事実ですね。

髪の毛の艶

顔は一番目立つパーツですが、次に印象を決めるのが髪の艶ではないでしょうか。

髪は短い場合は別ですが、セミショートでも、髪に艶があると若く見えます。逆にアラフィフにもなると、髪には艶が減ってくるからです。

髪にはラッカーを塗ってピカピカさせるわけにもいきませんので、黒々とした、波がうっている髪は実に若々しいです。

管理人もアラフィフになって、髪の毛の艶が段々なくなってくることを実感しました。

ですので、あまり艶のない長い髪は印象を老けさせると感じたたのも事実です。

どちらかというと、顔のお手入れにお金を使いますが、シャンプーやトリートメントは、妥協しないでエイジングケアをしていった方がいいです。

【エイジングシャンプー】 マイナチュレ・シャンプー

イキイキ度と表情

人へ与える印象は、もちろん顔や髪の状態と言った、物理的なものもありますが、それだけではありません。

話しをしているときの表情や、言っている内容で、若々しい印象を与えるかそうでないかは明白です。

会って話しをして別れてから、「若い!」と感じるのは、顔のシワがないだけではなく、イキイキ度で決まる部分が大きいです。

笑顔で、「今日はこんな良いことがあった」と言われると、すごく惹かれるということはないでしょうか。

やはり、話しをしている本人が、充実している時間が多いと、おのずとイキイキ度が高いと感じるものです。

その辺は、趣味が充実しているとか、家族や友達との関係が多きく左右しているのがあるかと思います。

ですので、今充実していると感じなければ、そう感じれられるように趣味や、人間関係を築いていくのがいいのだと思います。

シャンとした姿勢

イキイキとした表情と同じくらい若々しい印象を与えるのは、やはり姿勢です。姿勢が真っすぐだと、シャキッとしている印象になります。

それに、どんなに良い洋服を着ていても、姿勢がよくないと、ブランドものも映えてみえませんし、なにか陰気な印象にさせてしまうものです。

姿勢が良い、悪いは、座ったときと、立ったとき、歩いているときのそれぞれですが、腹筋と背筋があると、姿勢はおのずと真っすぐになります。

腹筋は毎日300回もしなくても、椅子に座ったときも気を付けて、ぴっとした気持ちで座ってと、腹筋はついてきます。

毎日何気なく気を付けているだけで、姿勢は良くできますので、流行の服をわざわざ買わなくても、シャキッとした印象になって、「若くて、イキイキしているな」という印象を持ってもらえると思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。

いくつか若く見られるポイントをまとめましが、自分は若くしか見られないという方もいるでしょうし、どちらかというと反対に老けて見られるという方もいると思います。

若く見られる方はそのまま今の生活で、老けて見られる場合は、すこし視点を変えて生活をしてみるのはどうでしょうか。

若く見られるのは、以下の点だと思います。

  • シミとシワが少ない
  • 肌の張りがある
  • 髪の毛艶がある
  • イキイキ度が高い
  • 背中が真っすぐな姿勢である

これらがあると実際、日常では実年齢より若く見れます。

外見と直接関係のある肌の張りも大事ですが、それと同時に内面のイキイキ度が外へもでます。

目標を持っての生活や充実した時間、充実した人間関係があると、自ずとイキイキして、若く見えるものだと感じます。

何か参考になると嬉しいです。

ラジオ体操と言えば小さいときに、夏休みに学校の校庭や近くの公園でみんなで集まって行った運動でしたが、すごい体にいいんです。 実際はとて...
スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事