函館グルメ五稜郭6選!五稜郭タワーから函館の景色も見て食事をする

スポンサーリンク

函館観光といえば、函館山近辺のドッグ周辺と五稜郭は外せないところです。

函館山の中腹にはいくつかの教会や旧イギリス領事館などもあり、その周辺の元町は函館の中でも特に歴史を感じる場所です。

それからみれば五稜郭は、歴史が浅いという面はありますが、五稜郭タワーに代表されるように、新しい活気のある場所です。

現在一番の繁華街となっている丸井デパートの周辺には、ショッピングモールも、ランチ街もできて、また居酒屋も集まっています。

という管理人も最近五稜郭に行く機会があり、いくつかのレストランに行ってきましたので、ご紹介します。

五稜郭タワーからみた函館の景色も含め、グルメ店を見てみましょう。

スポンサーリンク

五稜郭タワー

函館の景色をみるなら、五稜郭タワーがおすすめです。

五稜郭タワー展望台

高くそびえる五稜郭タワーがあります。

五稜郭とうのは、公園になっている五角形になっている敷地のことで、タワーがあります。その最上階まで行くと函館の景色が一望できます。

五稜郭タワー(ごりょうかくタワー)は、北海道函館市の特別史跡五稜郭に隣接する展望塔。五稜郭タワー株式会社が経営する民間の観光施設である。

高さを決める際には、五稜郭から直線距離で5kmの場所に函館空港があるため、航空法により108mの高さまでと制限があり、避雷針高で107mとなる。2004年11月25日着工、2006年3月31日竣工、同年4月1日に開業。

引用先 https://ja.wikipedia.org/wiki/五稜郭タワー

タワー自体の高さが、108メートルとなったのは、航空法によるそうです。

タワーには展望台があります。展望台は1階と2階があり、2階まで行ったほうが良いです。函館の景色が360度全面に見えます。

函館山は牛の形です。

展望台の2階階には土方歳三のブロンズ像があります。

この日は、母を車椅子で連れて五稜郭タワーへ行ったのですが、土方歳三の像に母が挨拶をしていました(^^♪

また、展望台の1階には、山川牧場のアイスクリームがあります。

五稜郭タワー1階

タワー自体には入場料なしで、入れます。

日光がいつもはいっていて、明るくて綺麗です。

五稜郭には新選組の土方歳三が立てこもり、政府軍に鎮圧されるまので様子が歴史の一部として、説明されています。

また、1階にはお土産品コーナーもあり、チョコレートや昆布など函館の名産品があります。

【五稜郭タワー】

営業時間: 【4/21〜10/20】8~19時【10/21〜4/20】9〜18時

展望台入場料は、大人900円、中高生680円。

五稜郭タワーの五島軒のカレー

函館のレストランで五島軒というカレー専門店があります。本店は元町にあり、こちらの五島軒は2階のレストラン街にあり、活いかの隣にあります。

五島軒のカレーは初めて食べました。カツカレーと、ヴェジタブルカレーにしました。

店内はスペースがあり、ゆっくりと食事ができました。

五稜郭タワーと五島軒

●名前 : 五島軒(2階)
住所 : 北海道函館市五稜郭町43-9
電話 : 0138-52-5811

カレーライスは、約1000円~1500円。

展望台入場料は、大人900円、中高生680円。

最寄り駅 : 五稜郭

定休日と営業時間: 【4/21〜10/20】11~19時【10/21〜4/20】11〜18時

サイト 五島軒 : http://www.goryokaku-tower.co.jp/facility/2f/

五稜郭周辺のレストラン

パスタリア

イタリアンのレストランで1軒美味しいところを見つけました(^^♪

カウンター席と、テーブル席がありますが、人気店で、カウンターを含めて全17席しかないため、満席になることが多く、混みあう時間(12時~13時半、19時前後)は椅子に座って順番を待ちます。

専門店だけあって通常メニューに100品以上もあります。
ミートソースやナポリタン、海の幸やバジリコソースと、函館産がごめ昆布、南茅部産タラコを使ったものなどもあり、種類が豊富ます。

おすすめは、季節を問わず人気の「海の幸」や、もっちりとした太麺で、しそをちらして和風にアレンジした一品です。
「海の幸」メニューは「みそ味 しそ風味」のほか、しょうゆ味、トマトソース、ホワイトソースで仕上げたものもあります。

昼も夜もグラスワイン(おとべワイン赤・白、約400円)がおすすめです。

レストラン

●名前 : パスタリア
住所 : 函館市本町7-20
電話 : 0138-56-2260

最寄り駅 : 五稜郭

定休日と営業時間: お昼11時30分~21時、定休日は水と第2火曜日です。

お店は交番から入った路地にあります。

スポンサーリンク

どんぶり一膳屋

五稜郭の丸井デパートのすぐ隣にある、居酒屋和食店です。

お昼はランチが500円で食べられるお店で、一人でも入りやすいのがいいです。

カウンター席は、一人で来ている人が、テーブル席はお昼は高校生や、近所で勤務している人が多いです。

お昼は、ランチがあります。

日替わりでランチなら、お茶の他にお味噌汁がつきます。管理人はネギトロのファンで、この日はお味噌汁がない、単品にしました

和の食材を中心に色々なものがあります。どんぶり物もあり、麵類もあります。
一膳屋丼(850円)が名物で、

  • チャーシュー丼
  • 海鮮親子丼
  • うま辛豚丼
  • かつ丼
  • かきあげ丼
  • さけたたき丼

など、 なにせリーズナブルな価格ですし、サービスがいいです。
丼ものが40種はありますよ(^^♪

レストラン

●名前 : どんぶり一膳屋
住所 : 北海道函館市本町31-17
電話 : 0138-51-2244

最寄り駅 : 五稜郭

営業時間: お昼11時~22時、日曜日は11時~21時まで、定休日なしです。

お店は丸井デパートのとなりです。

ハコダテフードマーケットホール・シエスタキッチン

シエスタキッチンは2017年4月に五稜郭公園前、丸井デパートの前にオープンした新スポットです。


「シエスタハコダテ」といって、フードや雑貨のショッピングスポットにもなっていて、多彩な顔を持つ施設です。

地下1階は、11店が集まったフードコートになっています。


買った食品やドリンクを、木でできた広いテーブルやベンチに持って行き自由に食べることができます。その点はすごくく気軽です(^^♪

地下1階から4階までの5階があり、地下1階は食品食事処があります。

お薦めは、まるかつ水産です。まるかつはお寿司の食事処と、魚の総菜や鮮魚の販売もおこなっています。

こちらは100円寿司ではない、お食事処で美味しいです。

その他に、酒ブティック越前屋がります。

テーブル席がゆったりとしていますので、一人でもゆっくり過ごせて、良い空間です。

レストラン

●名前 : シエスタキッチン
住所 : 函館市本町24-1

営業時間: お昼10~21時。

函太郎・五稜郭公園店

函太郎は函館に何店舗かありますが、特にこちらの五稜郭店が綺麗で美味しいと思います。

値段は他のお寿司やさんより少し高めです。しかしネタがいいです。

カウンター席と、個室のテーブル席もあります。

テーブル席だと、お昼のレディースや、夜のグループもゆっくりとできます。

ランチやディナーは、セットがお得にてきていますが、カウンター席で一人でも、ゆっくりできます。

写真がなくて申し訳ないですが、かなり納得して食べられるお寿司屋です(^^♪

レストラン

●名前 : 函太郎五稜郭店
住所 : 北海道函館市五稜郭町25-17

【コース】3000円、4000円、5000円~8000円。

最寄り駅 : 五稜郭

営業時間: お昼11~22時。

餅の北屋

北海道には、「べこ餅」というもち米と黒佐藤でつくった平べったいお菓子があります。

北海道では、各家庭でこのべこ餅の味があります。

べこ餅の黒の部分は、黒砂糖で、白の部分は白の上白糖を混ぜて作ります。

このように色をまぜても、単独で、黒のみ、白のみでもいいです。

しかし、最近お店で買おうとすると、べこ餅を売っているお店が少なくなりました。

こちらのお店は、餅の北屋さんです。

べこ餅の他に、桜餅も売っています。

餅屋

●名前 : 餅の北屋
住所 : 北海道函函館市本町25-12
TEL:0138-52-2212
営業時間:8:30~19:00
定休日:日曜日

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか、函館五稜郭グルメのお店をまとめてみました。

五稜郭はなにせ活気があります。

北海道のグルメといえばお魚ですが、五稜郭は土方歳三とゆかりのある地で、五稜郭タワーと五稜郭公園があり、その周辺のお店がにぎわっています。

丸井デパートの前の通りには、夕方には居酒屋さんが営業を始めますので、散歩しているお店の明かりが見えてきます。

あと、北海道といえば、お餅はべこ餅です。

もち米と黒砂糖を合わせて作った日本でもひじょうに珍しいお餅です。

管理人は小さいころにこのべこ餅を母が作ってくれて、しょっちゅう食べていました。なつかしい味です。

以上ご参考になれば幸いです(^^♪

そお言えば、雪国では雪が長時間降っていると、 家の中に居ると雪に音はないので、雪が降っているかどうかは 見ない限りわからないのですが、 雪が降っている音がまるで聞こえるようで、雪化粧をしているのが分かるのですよね。 しんしんと雪が降って、音はないのに、雪の気配があるものです。
そおえば、千春の家も小さい時は随分と貧乏だったということですが、でも当時って北海道もそうだけど、日本全国がまだまだ経済が成長前だったと感じま...
スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事