膝の黒ずみの原因とは何?美膝をゲットする対処法ご紹介します!

スポンサーリンク

膝の黒ずみが気になることはないでしょうか?膝が出るスカートを履いたときに鏡の前で、「こんなに黒いの?」と自問してしまうことがありますよね。

膝は曲げていると色もさほど気になりませんが、まっすぐすると色の黒ずみがくっきりしてみえます。そして、黒ずんでいるだけでなく角質が定着してくると、膝頭のあたりがめだってしまいます。

座り胼胝までできてしまっていると、パンツルックでもサンダルだと足元が人目についてしまいすね。

管理人も以前、膝の黒ずみが気になりだして、どうにかできなか悩んだ時期がありました。

黒ずみは一度できてしまうと、なかなか無くすのが大変です。かかとのように軽石でこするとかえって、黒ずみを悪化させてしまう、デリケートなゾーンです。

この記事では私が知ることができた「膝の黒ずみの原因」を全てお伝えするとともに、私がおこなってきた対処法もご紹介いたします。

お役に立てたら幸いです(^^♪

スポンサーリンク

膝の黒ずみの原因~過程

まずは、膝の黒ずみができてしまう原因を探ってみましょう(^^♪

黒ずみの原因~膝での立ち座り

膝が黒くなる原因は、摩擦、刺激、圧迫、乾燥などがあると言わています。黒ずみができる場所は体の中でも、伸びたりちじんだりする関節の箇所ですね。

関節がある場所の、【肘】や【膝】を使って、立ったり座ったりを繰り返す際に、力をかけたり、またテーブルに座ったりする際には、膝を特についてしまいまうね。

製薬会社の小林製薬のサイトでは、【黒ずみのメカニズム】について以下のように説明しています。

皮ふへの圧迫や摩擦などの刺激により炎症を起こし、メラニン形成と過剰角化が進行し、黒っぽく分厚い皮ふになります。これがいわゆる“黒ずみ”です。身体の皮ふの中でも、特にひじやひざといった関節は、「ひじをつく」「ひざ立ちの姿勢を取る」などの日常的な習慣として机や床・地面と接することが多く、物理的な刺激を受けやすい箇所です。

引先先 : 小林製薬 ニュースリリース 黒ずみメカニズム

この膝を畳について、立ったり、座ったりする回数が多いと、それだけ膝の肌をこすることになりますので、その刺激で黒くなってしまいます。

肌が刺激を受けると、メラノサイトが刺激されてメラニン色素が作れてしまいます。そしてメラニンがそのまま積み重なってしまうと、色素が沈着して黒ずみになってしまうのです。

また資生堂のサイトでは、メラニン生成のことを以下のように言ってます。

通常は肌のターンオーバー(=肌の生まれ変わり)により、メラニン色素は皮膚の外側に押し出されて、次第に消えることがほとんどですが、紫外線を浴び続けたり、ターンオーバーが正常に行われないと、そのまま色素沈着となって残り、消えにくくなることがあります。このほか、色素沈着の原因として、衣服の擦れやナイロンタオルの使用といった物理的刺激が挙げられます。また、ストレスやホルモンバランスの乱れが関係している場合もあります。

引先先 : 資生堂 色素沈着のケア

新陳代謝の低下・乱れと色素沈着

黒ずみができる原因で、メラニンができて色素沈着の過程を見ましたが、紫外線を浴びたり、膝をついて肌を刺激してメラニンが作られても、お肌が生まれ変わっていれば、メラニンを押し上げて新しい肌になっていきます。

しかし、加齢とともに、ターンオーバーの低下や乱れで、肌の生まれ変わりが正常にできないとことで、黒ずみが取れなくなり、色素沈着ができてしまいます。

膝の黒ずみができる時

黒ずみができてしまう原因はわかりました。では、具体的にはどのような時に膝を使って立ち座るをするのでしょうか。

以下のことが言われています。

  1. 正座をする時も含め、畳や床に膝をついて立ち座りするよる刺激
  2. 畳ではなく、板の間でなら座りだこもできる
  3. 角質ができて固くなる
  4. 日焼けで色素沈着をひどくする
  5. ナイロンタオルで色素沈着をひどくする

この中で、1の畳や床に膝をつくのが一番の大きな原因と思っています。

ではそれぞれの場面でみていきましょう。

座りテーブルで食事やミカンを食べる正座による刺激

日常的には畳の上に座るときに、膝をついて座りますよね。

一度座っても、テーブルの上でご飯を食べるなど、膝で何度も立ち座りを繰り替えしますので、その度に膝を刺激しています。

正座が苦手の方もいますが、正座の方が楽という方は、膝からくるぶしまでを何時間も畳や座布団に着けていますので、足のすねを全体が黒くなっている可能性があります。。

畳に膝をついて作業をする正座による刺激

ご飯を食べるときに、正座をしてテーブルに座らなくても、日常的に随分膝を使っている時があります。

小包を受け取って、段ボールの中身を調べるときなど、段ボールを床に置けば膝をどうしても床に置いてしますます。

黒ずみの度合いは、どのくらい頻繁に畳に膝をつけるかです。正座の頻度が高いと、座り胼胝もできてしまいます。

座り胼胝の意味を「コトバンク」では次のように定義しています。

いつも正座しているために、足首のあたりの床の当たる所にできるたこ。

引用先 : コトバンク 座り胼胝

保育士さんや介護士さん、エステティシャンさんなど、接客業で膝立ちの機会が多いような職業では膝の黒ずみが進む確率が高くなります。

ナイロンタオルでゴシゴシ強く体って刺激

体を洗うときに、ゴシゴシ洗うと肌がきれいになると思って、ゴシゴシ洗う事があるますが、汚れが取れるとはかぎりません。実はゴシゴシ洗うと皮膚を傷つけます。

汚れは石鹸の泡でとれますので、ゴシゴシ洗わなくてもいいのですが、「汚れが落ちる気がします」。

そして、良くないて点として、ナイロンタオルは皮膚を黒くさせてしまいます。

入浴の際は、「麻か綿のタオル」を使って、泡をたててやさしく洗うことをおすすめします。

スポンサーリンク

黒ずみを取るお手入れ

では具体的に、どのようなお手入れをしていったらいいのでしょうか?

お手入れ①スクラブで角質取り

黒くなった部分のお手入れですが、石鹸だけでは黒ずみが落ちませんので、スクラブで洗うと少しずつでも取れていきます。

黒ずみの角質が厚いからといって、軽石でこするのは良くありません。黒くなっている部分は角質が分厚くなってしまいますので、こすって取れるものではありません。

一辺にとれるものでありませんが、スクラブのようなもので時間をかけてお手入れしていくと、段々ととれていきます。

ピーリングや重曹などの方法もありますが、「液体をつけて待つ」ことになり、待っている時間が苦手となりますと、段々やらなくなってしまいます。そこでお風呂場でそのまま膝をスクラブマッサージするのが、「習慣にする」という点でやりやすいと思います。

管理人のおすすめはですので、スクラブ入りのオイルでのお手入れです。

お風呂においておけるとの、入浴したら、そのままチューブをあけてできるのが良いのです。

お薦めは、このデクレオールのスクラブ【ライフラディアンススクラブ】です。オイル入りで、粒粒のスクラブでやさしく、マッサージをすると、徐々に角質がとれていきます。

早く黒ずみを取るために、買ったら、「毎日」やろうと思いますが、スクラブは最初でも、週に2~3回で十分です。

このスクラブは顔のスクラブなのですが、管理人は膝のお手入れに使います。オイルが入っているので、しっとりしているのと、このスクラブだと「ぶつぶつ」の大きさがちょうど良いのですね。

お手入れ②オイルで保湿

次のおすすめのお手入れは、オイルで保湿です。

黒ずみを取るたべには、肌のターンオーバーをよくして、28日ごとに肌が生まれ変わるようにしていくようにするためには、肌の保湿が大事になってきます。

膝はやはりどおしても畳につけてしまい、パンツやジャージをはいていても、衣類を身に着けても乾燥させてしまいますので、オイルのお手入れで潤いを与えてあげるのが大事ですね。

オイルがなくてもお風呂上りには、お持ちのボディクリームはつけるようにしましょう♪

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

できた黒ずみはなんとか取りたいものです。スカートをはかないで人目につかないからとしても、一度気になるとなんとかしたいと思うものです。

黒ずみの原因は、

  • 摩擦
  • 刺激
  • 圧迫
  • 乾燥

でした。主に畳で立ったり、座ったりすることで、膝をついいる間に黒ずみが定着してしまいます。

なるべく膝をつかない生活をすることができればいいですが、お仕事柄、膝をつかない訳にはいかないこともあります。そんなときには、家にいるときは、椅子の生活にして、膝をいたわってあげましょう。

お手入れも毎日すると、かえって肌に負担をかけてしまいますので、少しづやってあげると、黒ずみはとれていきます。

美膝を取り戻してくださ~い(^^♪

かかとのひび割れができると、足を床につけただけで、「痛い~っ!」とうなってしまいますね。 そんな時にかかとを見てみると、傷口がぱっくり...
足の裏が熱くて、夜眠れなくなることはないでしょうか? 実は管理人も、足の裏がすごく熱くなります。季節が関係あるかと言えばそうでもなく、...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事