膝のたるみを解消したいと思えば?美膝でスカートをはいてみる!

スポンサーリンク

40代位から気になり始める『膝のたるみ』です。

小学生に頃にはそんな事があり得るとは考えなもしないのに、30代位から運動もしない、ゴロゴロしている、劇太りしたなどで膝のたるみが気になりだす場合もあります。

劇太りがなくても、40代の後半位から確実に気になる人も多いと思います。

管理人も気を付けていますが、やはり年齢には勝てません。「重力にはかないません」という気がしています。

しかし、それでも生活習慣の中でこれを気を付けていくと、膝のたるみは随分とましになっていくという原因も見つけられました。

日常生活のなかで、簡単にやっていける事をこまめに取り入れてやっていけば良いという事です。

始めるときはちょっと億劫ですが、慣れていきます。

では早速『膝のたるみを取る作戦』を見ていきましょう(^^♪

スポンサーリンク

膝のたるみを解消のため気を付けること

膝のたるみを解消のするにはいくつかありますが、生活習慣で一番気を付けないといけないのは、正座など「膝を折る」ことで、関節の皮膚を伸ばし過ぎることです。

年齢で一度伸ばしすぎると、元には戻り難いということですね。

解消の仕方①正座はほどほどに

正座をすると膝を曲げる事になります。紙に例えると、膝を曲げることは平らだった紙を、二つに折り曲げることになります。

折り紙なら一度折り曲げると元には戻りませんが、人間の足は血も通っていて、立って膝を真っ直ぐにするとまた元に戻ります。

しかし10代の頃とは違って、30代位から段々と膝の皮膚に張りもなくなりたるんできます。

皮膚の伸縮性が悪り、たるみの原因を解明した資生堂のサイトでは次のように言っています。

「フェースラインがぼやける」「目尻が下がる」「ほうれい線が深くなる」など、歳を重ねるにつれて目立ってくる肌のたるみ。近年では、シミやしわと並んで、女性の肌における大きな悩みの一つとなっています。
では、なぜ肌は加齢とともにたるんでしまうのでしょうか。

《中略》

この突起状の構造体を詳しく解析してみると、通常の真皮層ではコラーゲン線維やエラスチンなどの弾力線維が横向きに張り巡らされているのに対し、縦方向に配列されていることが分かりました。

《中略》

さらに、20代と70代の方のアンカーを比べてみたところ、70代の方のアンカーが減少していることが分かりました。加齢によってアンカーを形づくる細胞が減ってしまうことで、アンカーが失われ、たるみが引き起こされていたのです。

10代の子供で膝の皮膚がたるんでいるのを見ることはないですが、段々と加齢で皮膚の弾力がなくなってきます。

正座の状態は膝を目いっぱい伸ばして、それも長時間続く場合もありますので、伸ばしすぎると元に戻りにくいです。

ただ、畳の生活のなか正座の方が落ち着くという場合もあります。しかし少しずつ気をつけていけば、法事などお寺でどうしても正座をしないといけない場合は別ですが、少なくしていくことはできます。

解消の仕方①日焼けはほどほどに

日焼けは肌の組織を老化させます。たまになら良いのですが、海での日光浴は気持ちが良いですし、ビーチパラソルもなしで、直接太陽を浴びると黒くなるくらい肌を焼くと、こんがりしているのは、「バカンス」的で旅行に行ってきました的ですが、肌にはダメージです。

日光浴による紫外線は「シミ」や「日焼け」の原因だけではなく、シワをつくる原因にもなります。たるみも作ってしまいます。

ロート製薬のサイトでは次のように言っています。

一方、紫外線A波(UVA)は、紫外線B波(UVB)ほど肌に急激な変化を与えません。
紫外線に当たってすぐに肌が黒くなるというような日やけ(サンタン)は引き起こしにくくなっているので、一見すると紫外線B波(UVB)よりも肌への影響は少ないように見えますが、近年の研究で、この紫外線A波(UVA)がシミやしわの発生に大きく関わっていることがわかってきました。
波長が長い紫外線A波(UVA)は、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。
例えば、コラーゲンを変性させ、これがしわなどの原因になっていくなど、長い時間をかけ、気付かない間に肌に悪影響を及ぼしていたのです。

引用先 : ロート製薬 怖いのはどっち?紫外線A波?B波?

外人というと変な言い方ですが、フランスでも南仏(ニースとかカンヌ)で、浜辺でビーチ長椅子で1日中寝そべっている人が沢山います。

フランスなどは一度に3週間位もバカンスがありますので、毎日寝そべっていると、綺麗に肌や焼けますが、肌をこんがり焼いている人の膝はたるんいるのが目立ちます。

バカンス中にビーチで寝そべっていると、肌がこんがりして、仕事復帰の時に「良いバカンスだった?」なんて聞かれて良いのかもしれませんが、フランスでも、太陽の浴びすぎは「皮膚ガン」になることが、皮膚科医から言われきたことを、今厚生省も認めてくる傾向です。

焼き過ぎは良くないですね。

解消の仕方①乾燥させない

膝だけではなくお肌全部ですが、乾燥はお肌の大敵です。膝のたるみが目立つ場合には、乾燥している人が多いですね。

肌が新しく生まれ変われて行くには保湿が大切です。ターンオーバーといって、周期通りに肌が生まれ変われば、バリア機能がも正常です。

資生堂のサイトでは「ターンオーバー」について以下のように言っています。

肌が乾燥すると、「角層」に不調が生じ、肌あれ・かさつき・乾燥じわを引き起こす要因に。角層とは、肌の最も外側にある、わずか0.02mmの細胞の重なりのこと(角質層と呼ばれることもあります)。《中薬》
肌が乾燥すると、ターンオーバー※1に一時的な不調が起き、未熟な角層細胞がどんどんつくられることに。未熟な角層細胞は、保湿機能・バリア機能が十分ではないので、肌の乾燥がますます進み、乾燥の悪循環に陥ります。この悪循環が、かさつき・肌あれを引き起こすとともに、乾燥じわの要因にもなってしまいます。
引用先 : 資生堂 肌が乾燥するとどうなる?

膝のたるみの原因として、

  • 正座で関節の皮膚の伸ばし過ぎない
  • 日焼けをし過ぎない
  • 乾燥させない

を見てきました。

では日常生活で、たるんでしまった膝のたるみはどのように解消していいけるのでしょうか。

膝のたるみの解消の仕方。運動編

では運動編です。

やはり、たるみを解消していく仕方で大事なのは、筋肉をつけることです。たるみを全て解消するのは難しいと思いますが、重力に少しでも対抗することはできます。

膝の上の筋肉をつけて、膝のたるみを上い引き上げることです。そんな筋肉はスクワットお薦めです。とって言っても毎日30回位で良いのです。

または、ステッパーで、100回位膝の上げ下げです。

このステッパーは、ジムに行けなくなり、8000円位で買いました。あればいろいろ使えますので便利です。

強弱がありますので、最初は軽めに設定して始めましょう。

両足をステッパーにのせて、踏むだけなのですが、伸ばす方の足は、伸ばしすぎない方が良いです。膝をピンとさせるとそれで、膝に負担がかかります。

毎日100回位で、太ももの筋肉がついてくるのと、変な脂肪がこれで取れますよ。

初めての方は、注意書きを読んでから行ってください。

膝のたるみの解消の仕方。マッサージ編

また乾燥が進んだ膝のたるみは、オイルをたっぷり付けてマッサージをしていくと、肌のターンオーバーがなるべく正常化されて、たるみはましになっていきます。

たるみをある朝に発見して、ショックに感じていても、諦めないでマッサージをしていくとましになっていきます。

また、体重が増えるとたるみが進行しますので、たるみの大敵の体重のコントロールは頑張った方が良いです。

体重を減らすには、砂糖をなるべく少なくしていくのが効果的です。

「砂糖は体に悪い」とよく聞きます。「害がある」と聞くと、家にある砂糖を全部捨てないといけないのかと思うことはないでしょうか? 管理人も...
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

膝のたるみはあきらめないでやっていくと取れてきます。

  • 体重には気を付ける
  • 正座も気を付ける
  • 日焼けには気を付ける
  • 保湿をしてマッサージをする

以上の事に気をつけてやっていくと3か月位で効果を感じてくると思います。

肌の周期は28日ですので、3日でどうにかなるというものではありませんが、根気よくやっていって、途中で投げ出さないと、結果はついてきます。

頑張りましょう(^^♪

肘の黒ずみが気になることはないでしょうか? 長袖のシャツやブラウスを着ていれば見えませんが、半袖の洋服の場合は人目についてしまいます。...
スベスベお肌は誰もの憧れですね。 顔の肌が綺麗で、シミもシワもないだけでも、美人度アップです。 肌がスベスベなのは、顔の部位も勿...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事