兵庫県過去最高の詐欺被害 資産家84歳女性 1億3800万円

兵庫県警灘署によると去年4から6月頃に神戸市灘区に住む女性(84)が、

約1億3800万円の特殊詐欺で被害にあっており、今年の2月に入って

相手と連絡がつかなくなり、警察へ連絡があり事件となり明るみになったというこてす。

灘署によると、女性は合計6回にわたり現金1億3千万円以上を宅配便で送ってしまった

ということです。

女性は資産家で一人暮らし

灘署によると資産家の女性は一人暮らしで、犯人は架空トラブルの解決金名目

ということで、生活相談センターの職員を名乗って、

〚あなたの個人情報が悪用され、名義貸しの状態になっている。。。〛と

自宅を訪ねてきたといいます。

そして更に、金融庁職員と名乗る男も自宅をたずねてきて、

〚解決のためにお金が必要と〛といわれ、指定された場所に現金を宅配便で

6回にわけて送ったということです。

しかし、今年の2月になって、連絡をとっていた男とは連絡がとれなくなり

被害とわかったということです。

解決金詐欺とは

解決金詐欺とありますが、お年寄りには手口が巧妙にできていて、

被害者に連絡をとってきて、〚名義を貸してください。〛と被害者と相談しておき、

カード作成のために名義をかすように持ち掛けて、

そして、次に連絡をとってきた別の詐欺の男が、

名義を貸したことは、犯罪なので、解決するのにお金がかかります。

でも解決金を払っていただければ、こちらで解決して差し上げますと。

やはりでも、不思議なのが、この一人暮らしの女性もそのくらいの資産があれば

家族や親戚がいて、その2か月の間に相談をすることができなかったかですよね。

〚なんでそんな名義を貸してが犯罪なので、解決金など嘘っぽいことを信じたのか???〛

家族がその女性が宅配便でなんかいも現金を送ったとなぜ2か月もの間分からなかったのか。

これも、きっと行き来のない親子関係となっていたのででしょうか。

子供であれば、自分の親がそんなことになれば、卒倒してしまいますね。。。

これまた、〚オレオレ詐欺〛の後の家族関係はどうもギクシャクするというので、いまからでも親子の会話をもつようにできればいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事