高齢者インフルエンザの予防接種を無料で受けられます

スポンサーリンク

毎年冬になる前に、インフルエンザの予防接種をすると考える方も多いのではないでしょうか。

実際、予防接種をしておくと、インフルエンザにかかり難くなると感じています。

高齢者でなければ、インフルエンザにかかっても、ある意味体にも抵抗力があって大丈夫ですが、高齢者は辛いです。

家の中で誰かが、インフルエンザにかかれば、連鎖で家族全員がなってしまうというのもあります。

ひどいときには、一度は治ったのに、まただれかにうつされて、冬の間ずっと風邪をひいていたという時も実は昔ありました。

インフルエンザは症状が本当にきついですが、体に抵抗力がないとかかってしまいます。

風邪とは症状もだいたい違いますので、特に高齢者の方は予防接種を受けておくのがいいです。

それに、毎年医療費控除も利用できます。

そこで、この記事では、医療費控除の仕方のご説明します。

では早速みてみましょう。

スポンサーリンク

予防接種に健康保険の適用

インフルエンザ予防接種の医療費は有料です。

健康保険や医療費控除は適用されませんが、高齢者(65歳以上)の方には、条件によってインフルエンザの予防接種の控除が適用になります。

通常健康保険や医療費控除の対象は治療ですので、予防が目的となるインフルエンザ予防接種は対象外となってしまいます。

ところが、高齢者(65歳以上)の場合は、条件によっては支払いが免除となります。

高齢者の無料接種の扱い

65歳以上の高齢者の方にはお住まいの地域によって各種の補助金が出ますが、条件によっては無料で予防接種ができる場合もあります。

夏までに、お住まいの保健所から通知(ハガキなど)が届いているはずですが、高齢者の方の収入に応じて、非課税収入者の場合は無料となります。

非課税収入者であれば、毎年市役所から送られてくる、課税証明書が遅れてきます。

インフルエンザの予防接種を病院で受ける際に、その非課税証明書を持参して、病院の窓口で証明書を見せると、無料になります。

当日病院の窓口で支払いをする際に、非課税証明書を見せると、無料なのですが、忘れると支払いすることになりますので、気をつけましょう。

 

インフルエンザ予防接種のタイミング

インフルエンザ予防接種の効果については、受けたあとすぐに効果が現れるわけではなく、大体効果が出るまでに約2週間ほどかかります。

個人差もあるようですが、大体効果は約5か月ほど持続しますので、ピークが来る前に予防接種を受けることが良いようです。

お住まいの地域で、予防接種を実施する期間が違っていますので、期間を確かめて病院へ行ってください。

行きつけの病院へ問い合わせをすれば、期間を教えてくれます。

大体11月や12月に行いますが、12月中旬を過ぎてしまった場合も、予防効果がないわけではないので、必要に応じて予防接種を受けたほうがいいのか、医師に相談するのもいいでしょう。

収入非課税証明証を紛失

居住先の市町村によりますが、インフルエンザの予防接種の費用は大体1000円くらいです。

病院で非課税証明書を見せれば、高齢者なら無料になりますが、この証明書を紛失してしまうこともあります。

そんな場合は、電話なり、直接行けば市役所で再度発行してもらえます。

まとめ

いかがでしょうか。インフルエンザの予防接種を無料で受ける方法をまとめました。

無料になるのは高齢者だけですが、1000円でも節約できると嬉しいです。

また、予防接種を受けたからといって、インフルエンザに絶対罹らないというわけではありませんが、受けておくと、インフルエンザにはかかり難いです。

実際管理人の母も、毎年予防接種は受けるようにしていますので、受けていない兄弟よりもインフルエンザにかかっていません。

もちろん、それだけではなく、食事面でもきをつけるにようにして、疲れないようにしています。

また、

咳をゴホゴホしているところから遠ざかるのがとても効果的です。

病院には風邪の患者さんも沢山診察を受けに来ていますので、予防接種を受けると直ぐに家に戻る方がいいですね。

風邪をひいている人と一緒にいるのは避けましょう。

母の介護を始めて5年になりました。親を老人ホームへ入れるのは何時にすると考えていますか? 一緒に住むことはできないし、遠距離介護にも限...
この介護保険を受ける資格を審査する機関は、介護福祉課というところです。 お年寄りの体調や状態を、審査に来る調査員の方が、診断をしに来て あとで、結果が送られてきます。 そのとき注意しないといけないのが、普段ぼけている親が、その日は非常にシャンとしているということです。サービスをいろいろ使ってストレスを軽減していきましょう。
合わせて読みたい記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする