血糖値を下げる食べ物とは?野菜の量と食べる順番で簡単に下がる?

スポンサーリンク

血糖値を下げるために、何か特別な食べ物があるのでは思いますが、栄養士の方にそのようなものはありませんと言われて始めた母の【血糖値下げ作戦】を始めました。

血糖値を下げるには運動をしないといけないと言われますが、運動ができない82歳の母でも血糖値を下げることが出来ました。

最初は母も嫌々やっていましたが、効果を感じてきたら、やる気になってきていました。

やってみたら案外簡単でしたよ。

そんな食べ物と食べ方をご紹介します(^^♪

では早速見てみましょう。

スポンサーリンク

血糖値が上がる食べ物

この血糖値を下げる試みを始めた時の母の血糖値は270でした。そして半年後には137まで下がったのですが、まずは病院の栄養士さんと面談をして指導をうけました。

その内容は、

  • 食事とおやつの内容をチェックする

という事から始めました。

まず、栄養士さんとの面談で、母の朝食から晩御飯やおやつなど、全て1日に食べている物を伝えました。

栄養士さんに血糖値が高くなっている場合の特徴として、

  • 食べ物が偏っているということ
  • 炭水化物を沢山食べる習慣がついている

との2点を指摘されました。

血糖値を上げてしまう食べ物とは、つまり〚炭水化物〛です。

  • ご飯
  • パン
  • 麺類
  • 穀類の野菜

などの炭水化物系を多く食べているからだど言うことでした。

母の食事とおやつをチェックして分かったことは、

  • ご飯の量が食事の中の割合で大きい
  • バランスが取れていない(野菜とたんぱく質が少ない)

ということでした。理由は〚食べた気にならない〛とか〚満腹感がない〛ということで、炭水化物系が食事の中で割合が多くなっていました。

当時は、おやつは大福餅でした。。。

具体的な食事の仕方

栄養士さんの指導で、炭水化物系を少なくすれば良いということが分かったは良いのですが、

  • 食事の仕方
  • 食べ方の順番

を変えていくのは結構大変でした。

食事内容は、

  • ごはん
  • おかず(魚や肉)
  • 野菜(小鉢)は2個から3個
  • 味噌汁

のような、基本的な和食が良いということでした。

暫くはドレッシングは一切止めたのです。(^^♪

それで、献立をつくって、

  • ご飯から食べない癖を付ける
  • 野菜から食べる

という点をまず心がけるように言われたのですが、まず血糖値が高くなっている方はご飯から食べるのですね。高齢なので、一度に食べられ量が少ないですの、ご飯から食べると、小鉢の野菜やおかずが食べられなくなるのですね。

この点が一番、食べ方を変える点で難しかったのです。

空腹時の食べるもの

栄養士さんに言われた様に、バランスの良い食事をめざしましt。ひたすら、

  • ごはん
  • おかず(魚や肉)
  • 野菜(小鉢)
  • 味噌汁

を食べました。それと並行して、おやつも見直すようにと注意を受けました。

血糖値が高い方の食べ方は、お腹が空いたときに、お菓子を食べる事と、また食事の時に、炭水化物系をがっつり食べるという食生活になっているようで、そしておやつにお菓子を食べてお腹が一杯になって食事のときに食べない。

実際血糖値が高い時の母はそんな食べ方をしていました。

  • 外から家に戻ってお腹が空いたときにお饅頭を食べたり
  • いざ食事のときに野菜からゆっくりと食べられない
  • 粗食にしようとして、ご飯とお味噌汁だけ食べる

というような生活習慣でした。

野菜を食べないで、また粗食をすることが、ご飯とお味噌汁だけが良いと思っていました。それで血糖値が下がらない食生活だったのですね。

ネコまんまは止める

糖尿値を改善するときに注意した方が良い事で、〚ねこまんま〛があります。

ご飯とお味噌汁の事をねこまんまというのですが、高齢者の方は、粗食だと糖尿値を低くできると思いがちだと言われたたのですが、母には何度説明しても

〚ご飯とお味噌汁しか食べていないのに、なんで糖尿になるのか?〛

と何回も嘆いていました。

一番悪いパターンです。野菜も食べない、炭水化物だけですから糖尿値が上がるのは当然な食べ方をしていました。

お年寄りは、この点を理解しにくいようです。

スポンサーリンク

野菜から食べて、ご飯も茶碗半分は最低食べる

バランスのとれた食事はややこしいことはありません。

つまり、

  • ご飯、パン系
  • お肉、魚、卵系、
  • 野菜系

が3分の1づつになっていば良いのです。

また、高齢になってくると一度に食べられる食事の量が少なくなりますので、最初に〚ご飯〛を食べると他の野菜やお肉が食べられなくなるのですね。

野菜は食物繊維が豊富です。食物繊維は糖の吸収を抑制してくれれて血糖値の上昇を抑えてくれるのです。

また、食物繊維はお腹の中で水分を吸って体積を増しますので、そのためにある程度満腹感が得られます。

またGI値と言う基準があります。これは血糖値を上げる数値を表しています。

  • 血糖値を上げやすい食品を高GI
  • 血糖値を上げ難い食品を低GI

と言いますが、野菜は低GI値の食品が多いのです

でも、

  • サツマイモ
  • ジャガイモ
  • カボチャ
  • 人参

などは、高GI野菜ですので、糖尿値が高い間は控えましょう。

同じ野菜でも、

  • 根野菜
  • レタス
  • ピーマン

などが良いのです。(^^♪

慣れるまである程度大変ですが、血糖値を下げる食べ物である野菜を沢山、ご飯は半分という風にしていくと3か月くらいで改善されていきます。

〚なんでも食べて良いです〛の噓

病院の先生には日頃お世話になっていますが、高齢者が診察に行って、糖尿値が改善されると

〚○○さん、数値が良くなりましたね。これならもう何でも食べて良いですよ〛

と母が先生に言われた時がありました。

そうすると母は、好きなものをまた食べ始めて、

130まで一度は改善された糖尿値がまた

270まで上がってしまいました。

このような医師の表現の仕方ですが、お年寄りには理解できないことだと思いました。〚先生が良いと言ったから、安心して。。。〛

病院の先生は、人生を楽しむのも大事ですからとは言います。実際、年中楽しみのない食生活は生きている意味がないのかもしれません。ですので、お年寄りに夢を与える言い方は大事なのですが、

血糖値を下げる食べ物の説明はなしで、

〚なんでも食べて大丈夫です〛という言い方はお年寄りには不適切だと何度か思いました。

先生にお願いしました

お年よりの年代の方は、病院の先生方のいうことは、絶対と考える傾向があり、〚なんでも食べていいですよ〛といわないで、〚バランスのとれた食事〛と言い直してもらうように、医師にお願いしました。

始める時に、病院の診断で、〚糖尿病健康手帳〛という小さなメモ帳を渡されてます。これが母が受け取った糖尿病健康手帳でした。

血糖値や、ヘモグロビンA1cの数値を書きこむ欄があります。

先生や看護師さんが書き込んでくれます。最初は栄養士さんの指導があり、どんな食事をしないといけないか教えて貰えます。

最初わからなかった時は、血糖値が高い場合は、なにか特別な食事をしないといけないと思っていたのです!ですが、そんなことはなく、バランスが取れている食事で結果はでました。(^^♪

多くの女性がアラフィフになる頃に骨粗鬆症に悩んでしまいます。 骨粗鬆症は骨が脆くなる症状ですので、腰痛や骨折にも繋がりやすく怖いもので...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最初は訳がわからず大変でしたが、やってみると効果は出てきて、母の糖尿値は今は安定しています。最初270を超えたときは、さすがに母も、

〚先生が食べていいと言ったから食べたのに〛と言っていましたが、何度かその〚なんでも食べて大丈夫です〛は節度ある中で食べても大丈夫という意味で、現在は血糖値を下げる食べ物の考え方はやっと理解できたようです。

母は高齢者で、運動なしでできましたので、食事だけの調整でもできるという例ですね。(^^♪

茶色く変色してしまった切り干し大根の使い方、天日干し野菜にすることで、栄養価が一段と上がった野菜にして食べることをみてみました。ひと手間ですが、こんなふうにして、生活に潤いを感じたいですね。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事