ぎっくり腰のコルセットはいつまでしておくもの?じわーっと痛み対策

スポンサーリンク

どんなに気をつけても、それでも急にぎっくり腰になってしまう時があります。

ぎっくり腰はなってしまったら、なるべく早く治すようにしたいものです。

実際に腰が痛いといって、ずっと家で横になっていられる訳ではありませし、安静にしていても外出もあります。

そんな時にはコルセットは装着して出かけた方がいいですし、家にいる間もコルセットをしていた方が、腰が楽です。

しかし、楽だからといってずっとしていても体にはよくありません。

ですので症状が良くなったら、外していくべきですが、どのくらいしたらコルセットを外していけばいいのか。

管理人は何度もコルセットにはお世話になりました。ぎっくり腰になった時の、コルセットを外していく目安にしていただけたらと思います。

では早速見てみましょう♪

スポンサーリンク

ぎっくり腰でコルセットをする期間

ぎっくり腰は大体3日位で回復に向かうと言われています。

実際に、ただのぎっくり腰であれば、3日くらいすると回復に向かっていく場合が多いです。

ですので、痛い3日間はコルセットは装着していた方がいいです。

【助っ人・コルセット】

コルセットは装着していると、椅子から立ち上がる時や、歩く時に、腰が曲がらなくて良いです。

腰をガードしてくれると、腰がぶれません。

コルセットをするとどういいのか

ぎっくり腰になったら、コルセットをする人と、しない方で分かれると思いますが、すごい痛みがあるときは、コルセットをするのがいいです。

メリットには以下の点があります。

  • 痛みで家の中を「くの字」になって歩くときに楽
  • 外出時に歩くとき、ぶつかられてもショックが少ない
  • ふらっとよろめいた時に、コルセットが支えてくれる

ぎっくり腰になっているときは、何をするにも、「つ~っ」という痛みがあります。

たったり座ったりするだけで痛みがきますので、ベッドからトイレに行くときも、壁につかまりなからでないといけません。

コルセットがあれば、短い距離でも実際に楽です。

またふらっとするときに、腰が支えていられていないと、腰を曲げて激痛が走ることがありますので、防御しておいたほうが良いです。

それと、外出中は自分で気を付けていても、だれかにぶつかられたりもしますので、そんな時は、転んだりすると大変です。

そんな時もコルセットは踏ん張ってくれますので、たくましい助っ人になってくれます。

治ってしまえばなんということもないのですが、渦中にいるときは、藁にも縋る思いです。

コルセットで痛みはなくなるか

では、コルセットをすればそれだけで、ぎっくり腰が良くなるのかについては、コルセットは薬ではありませんので、良くなりません。

装着して、腰を守ってくれるのと、痛みで歩けないときに、歩くるのを助けてくれます。

まさしく、コルセットはのメリットは、体をしっかりガードしてくれることと、体がぶれません。

実際に、ぎっくり腰になってみると、痛みが強烈なときは、ちょっと動いただけでも、ずごい痛みです。

走ることなどできませんし、体を真っすぐにもできない状態です。

コルセットをすると、腰を真っすぐにしてくれますので、前にかがまなくてすみます。

また、後ろにそったりしなくてすみます。

コルセットのデメリット

では、コルセットをして腰が楽になるからと言っても、長期間していればいいというものではありません。

腰が曲がりすぎないとか、真っすぐになるようにするためのコルセットです。

日中は装着していても、夜ははずさないといけません。

寝ているときは体をリラックスさせて、疲れをとるためには、体は締め付けないで、自然体で眠るのが良いです。

また、ぎっくり腰になってしまうのは、腰回りが疲労しているからということです。

ですので、一度最悪の症状がなくなり治れば、次にぎっくり腰にならないように、運動を行っていき、ならない体質にしていくことがダ大切です。

コルセット依存にならないように気を付けましょう。

【おすすめコルセット・管理人が使っている、フランスのメーカーの幅広腰痛ベルト、医療機関で販売してます。↓】


コルセットをしても良くならない時

コルセットをして、3日しても良くなる兆しがない場合は、ぎっきり腰ではなく、「椎間板ヘルニア」の可能性もあります。

また、ヘルニアになっていれば、一月くらいも痛みで歩けないこともあります。

痛みの原因が椎間板ヘルニアの場合

腰の痛みが、ぎっくり腰なのか、椎間板ヘルニアからきているのかわからない時は、病院で診断を受けて、検査もして、先生に相談するのが良いです。

もし、椎間板ヘルニアになっていれば、3日ではなおりませんし、コルセットも3日では済まない可能性もあります。

椎間板ヘルニアは、背骨の椎間板ヘルニアというのが、背骨の外にはみ出てしまうと、もうひっこみません。

しばらく背骨の神経を圧迫して、痛みがすごいです。

検査には

  • MRI
  • CTスキャン

などがの検査をして、整形外科の先生に診てもらいましょう。

椎間板ヘルニアからくる痛みについては、こちらの記事へどうぞ↓

椎間板ヘルニアとは名前は良く聞きますが、『どんな痛みなの?』と思いますよね。 ぎっくり腰なら経験してしまう人も沢山いますが、椎間板ヘル...

検査結果で治療を受ける

ぎっくり腰になって、すぐ直らなければ、病院へ行って診断を受けるのがいいです。

医師から紹介してもらった、整体院や鍼灸院などへ行って施術を受けると、良くなり回復することがあります。

なにせ腰回りに疲労がたまっていますので、もみほぐしてもらったり、施術をうけると体が楽になります。

ただ、診断を受けに行った先の先生が、整体は鍼灸での施術は避けたほうが良いという場合は、なにもしないで様子を見た方がいいのかもしれません。

椎間板ヘルニアの場合は、変にさわると悪化させることがります。

良い整体院や良い鍼灸院の先生に出会うのも大事です。

また行き先が家から遠いと、歩いていくと腰を悪化させることがありますので、すぐ行ける場所でしてもらうのがいいです。

【整骨院か鍼灸院か】

整骨院でも、鍼灸院でもどちらがいいかというより、良い先生に診てもらえると良いと思いました。

どちらかが良いかは個人差もあり「これが良い」というのはないとおもいますし、それと、家から近いところが良いですよね。長く歩いて症状を悪化させては元も子もないです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。ぎっきり腰の痛み、突然やってきまね。

なってしまってから暫く辛い症状が続きます。

腰痛コルセットは、そんなときたくましい助っ人で、とても頼りになります。

だからといって、ずっと装着していては、筋肉を鍛えることもできません。

コルセットのメリットは、腰を支えてくれて、ショックから守ってくれること、デメリットは使いつづけて依存症になることです。

長期で使うことは良くありません。

ただ、最初にぎっくり腰になって、無理をするとかえって腰を悪くしてしまうこともあります。

もし仕事を休むことができれば、すぱっと休んで、その間は、コルセットをしてしっかり腰をガードして、疲れを取っていくのが良いと思います。

管理人は、もう何回もぎっくり腰も、椎間板ヘルニアにもなり、コルセットにはお世話になりました。

早くコルセットなしの生活ができると良いです。

以上ご参考になれば幸いです。

坐骨神経痛の痛みについては、こちらの記事をご参照下さい。

あなたは太ももの後ろ(前側もあり)からふくらはぎのあたりまで、たまらなく痛くなって座れなかったり、歩けないという症状ですか? 「坐骨神...
合わせて読みたい記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする