マンステルチーズの食べ方!個性的な臭いを生かした食べ方ご紹介

スポンサーリンク

マンステールチーズは、ウオッシュタイプのフランスチーズです。

その香りというのか、とてもきつい臭いが特徴としてありますが、その他にも色も鮮やかで人目を引きます。

そんな個性的なチーズとして知られていますが、フランスの東部の地元のヴォージュ山脈地方とアルザス地方では伝統的なチーズで、根強いファンがチーズなのです。

このマンステールチーズは、食事の後のチーズを食べる時に、パンと食べてもともて合います。しかし、このチーズはグラタンにするアレンジの仕方があります。

地元、アルザス地方やヴォージュ山脈地方ではこのグラタンはとてもポピュラーです。

そこでこの記事では、マンステールチーズの食べ方、またグラタンのアレンジをご紹介します。

では早速見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

マンステールチーズの特徴

マンステールチーズはウオッシュタイプのチーズで、色が黄色~オレンジ色です。

といっても買った時点でまだ若ければ、色も白に近いです。それから黄色からオレンジ色になっていきます。

他にもウオッシュタイプがありますが、このマンステールチーズは特に粘りが強いです。


マンステールチーズの食べ方として、このように、クミンシードを一緒に食べるのが一番ポピュラーです。

実際に、熟成したマンステールチーズは臭いもキツイです。フランスでは「足の臭い」がするとも言われています。

臭い消しにクミンシードを一緒に食べるという分けではなく、この組み合わせは実によくできていて、相乗効果で美味しくなります(^^♪

マンステールチーズの食べ方

クミンシードと合わせる以外には、グラタンにも多く使われます。

グラタンのアレンジの仕方を見てみましょう(^^♪

シュペッツレのグラタン

シュペッツレは、ドイツやハンガリーまたはフランス東部のアルザス地方やヴォージュ山脈地方でよく食べるパスタです。

東側でよく食べるパスタですが、普通のスパゲッティでも代用可です(^^♪

パスタがシュペッツレを茹で、別に玉ねぎとベーコンを炒め、生クリームでからめて、グラタン皿に盛り付け、その上にマンステールチーズを載せて、オーブンで焼きます。

フランス語では、グラタン・ドゥ・シュペッツレ・オ・マンステールと言います。

マンステールはスライスしてそのまま食べると凄く臭いがきついのですが、このグラタンにすると臭いがほとんどしません。

出来上がりを見ると、マンステールのオレンジ色がみえますので、ウオッシュタイプのチーズかなと思うくらいです。

そのくらいグラタンにすることで、臭いが飛びます。味も生クリームと混ぜることで、とてもマイルドになります。

また、グラタンですので、冬にはとても合った食べ物で、熱々です(^^♪

フォークでパスタを取ってから、そのまま口に入れると火傷は間違いないくらいです。

ですので、ゆっくりと食べましょう(^^♪

少し寒くなった秋から冬の間などには、ピッタリの料理です。

いもグラタン

先ほどシュペッツレのグラタンをご紹介しましたが、いもグラタンの方がよりポピュラーです。

名前は、グラタン・オ・マンステールです。

先ほどのシュペッツレのグラタンでは、シュペッツレの名前が出てきました、マンステールチーズを使ったグラタンでは、いもを素材に使うのが最もポピュラーです。

ですので、「いもグラタン」と言わなくてもわかっていると考えがあります。

作り方はほとんど一緒で、シュペッツレを茹でる変わりに、いもを茹で、玉ねぎと、ベーコンを炒め、生クリームを絡めてマンステールとオーブンで焼きます。

パスタグラタンといもグラタン、どちらも美味しいです(^^♪

生乳のマンステール

マンステールチーズは、牛乳から作るチーズで、牛乳を高温で熱処理する方法と、熱処理をしていない生乳で作る方法があります。

バターもそうですが、生乳のチーズは風味があります。

これらの二つのマンステールは、「Cru」と書いてあり、高温熱処理をしていません。

その分風味がよいです。

バターもそうですが、味は牛が牧場のいい草を食べていること、また熱処理をしていない生乳で作ったバターやチーズは風味があります。

フランスの生バターとは?素の特徴や主なメーカーをご紹介

生乳タイプのマンステールチーズであれば、そのままグラタンにしないで、ワインと一緒に飲むのがおすすめです。

合わせるワインは、やはりゲヴェルツトラミネールが王道と言えましょう。このワインはアルザス地方で人気の白ワインです。フルーティーです(^^♪

いもグラタンのレシピですが、じゃがいもとマンステールチーズの割合は、
ジャガイモが1キロに対して、マンステールチーズが300グラムです。

【このマンステールチーズは200グラム↓】

上で写真を載せているマンステールチーズで、220グラムから260グラムです。

この楽天から出ているチーズで200グラムですので、グラタンには、じゃがいもを800グラム、玉ねぎを1個、ベーコンを70グラム、生クリーム1パック位で作るとちょうどいいくらいです。

香辛料に、ナツメグを少しいれると、香りがたって美味しいです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか、シュペッツレのグラタンといもグラタンをご紹介しました。

マンステールチーズは香りがきついので、好き嫌いがあるチーズです。好きな方には、美味しいクミンシードと、ゲヴェルツトラミネールがあれば、至極の至りですね(^^♪

ちょっと苦手な方には、グラタンにすると、香りも気にならなくなり、しかしマンステールの味を感じられる、おしゃれな料理です。

アルザス地方やボージュ山脈地方では、マンステールは日常よく食べるチーズで、そんななかでグラタンは、地方色のある伝統的な料理です。

冬のチーズとしても、鍋料理のように同じ鍋を囲まずとも、冬のなごやかさがでる料理です。

ぜひ楽しんで下さいね(^^♪

アリゴチーズという名前は聞いたことがありますでしょうか。ガルニチュール(付け合わせ)に良くでてくる、マッシュポテトみたいなものです。 ...

カマンベールチーズといえば、フランスチーズの中でも一番名前が知られたチーズです。 名前も知られていて、家庭でもいつも冷蔵庫に入っている...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事