奈良県で女性(75歳)息子を装う男に500万円だまし取られる

スポンサーリンク

奈良県警が発表したところによると、息子の部下を装う男に500万円を手渡し、お母さんがお金をだまし取られたと言う。

最初は、息子と名乗る男から固定電話に21日電話があり、「風邪をひいた。

会社の携帯電話を借りているから番号が変わった」などと言い、翌22日には、再度同じ男が「子供ができ、相手の旦那に裁判を起こすと言われている。弁護士が500万円で話をつけてくれた。お金を用意してほしい」と言ってきたと言う。

その女性は〚裁判をおこされては。。。〛と思い、男の指示に従い、王寺町の路上で現金500万円を「息子の部下」を装った男に手渡しに行ったてきたという。

スポンサーリンク

同じく奈良県で74歳女性が500万円の詐欺被害

同じく奈良で、3月21日に500万円の被害があった。

三郷町内の別の女性(74歳)宅の固定電話に息子を名乗る男から「同僚と株に投資して、会社のお金に手を付けてしまったんだけど、それが会社にばれてしまった。同僚のお母さんは1,000万円出してくれるから、いくらか出して欲しい。」等と電話があった。

そこで女性は、500万円であれば用意できる旨を伝えて、銀行で500万円を引き出し、息子を名乗る男の指示で大阪市内の駅へ向かい、駅近くの路上で、会計事務所の職員を名乗る男に、500万円を手渡してしまったと言う。

皮肉なことに、同日実の息子と連絡がついて、詐欺事件ということが分かってしまった。

奈良県の女性(84歳)は1000万円を

同じく、奈良県の女性(84歳)に息子を名乗る男から「喉にポリープが出来て病院に来ていて、病院の待合室で小切手や通帳等が入ったカバンを盗まれた。」

そして、その息子の上司を名乗る男から「会社の支払いで、今すぐ2,500万円必要だが、通帳を盗まれたので立て替える。1,000万円を段取りしてほしい。お金は明日、返します。」

等と電話があり、なんとかしないといけないと思った女性は、銀行に行き、1,000万円を用意したという。

その後、桜井市内の路上で女性に声をかけてきた男に、その1,000万円を手渡してしまいました。。。。夜になって、実の息子が帰宅してきたことで、詐欺被害とわかったということ。

〚オレオレ詐欺〛は、息子をなのる〚母〛を狙った、同じ親子でも、母と娘よりは、母と息子の関係をついてくる、心理戦ですね。。。。

老後のために貯めてきたお金ではないのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事