なすの栄養と効能って?水分いっぱいの皮に見逃せない栄養素が

スポンサーリンク

ナスといえば漬物にも良く使われる野菜です。

全体に黒目の色ですが、料理次第で紫に早変わりする、とても珍しい食材です。

それに、1富士、2鷹、3ナスとも言われていますが、ナスは縁起ものとしても生活の中に残っていますね。

とはいえ、ナスはほとんどが水分でできているので、「栄養がない」と思われがちです。

縁起ものとはいえ、水分ばかりなら食べるのはやめておこうとも思ったりしますが、栄養もしっかりある野菜です。

フランス料理にも、皮ごで料理されて使われています。

であれば、このナスって、水分ばかりとは言っても「栄養」があるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ナスの栄養面についてと、調理の仕方をお伝えしたい思います。

では、ナスの栄養と効能や調理法も見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

ナスの栄養成分

ナスは青紫色で、ずっしりとした野菜です。

へたの部分が若干綺麗な青色の野菜で、塩漬けにすると紫色になる野菜ですが、ナスはほとんどが水分です。

この青紫色は色素があるからで、ワインでも有名なポリフェノールです。

成分がポリフェノールでも、名前がナスニンと言われれいます。

ナスの栄養成分

ナスの栄養成分は、先ほどもお伝えしましたが、ほとんどが水分で、93%~94%にも上ります。

しかし、ビタミンBやC、ミネラルの鉄分・カリウムやカルシウムなどのミネラルが多く、また食物繊維などがあります。

これらのビタミンの他、注目したいのはポリフェノールの一種の「ナスニン」です。

聞きなれない名前ですが、コトバンクで次のように言っています。

アントシアニンのうち,デルフィニジン系に属する色素.ナスの青紫色の色素.

≪中略≫

果実100g中の成分は水分94.1g,糖質3.4g,タンパク質1.1g,脂質0.1g,灰分0.6g,ビタミンA23IU(国際単位),ビタミンB10.04mg,ビタミンB20.04mg,ビタミンC5mgである。果皮の色素はナスニンnasuninと呼ばれるアントシアンで,色素の本体はデルフィニジンdelphinidinである。

引用先 コトバンク ナスニン

このナスニンという色素は、アントニアシンとも呼ばれていて、ポリフェノールの一種なのです。

ポリフェノールに含まれるナスニンや、その他含まれる成分にはミネラルがあります。それぞれの効能を見てみましょう。

ナスの栄養成分の効能

ナスに含まれる栄養には以下のものがあります。それぞれの効能は以下の通りです(^^♪

●食物繊維 :水溶性食物繊維と不溶性食物繊維

-水溶性食物繊維    ➡人体に有害な物質の吸収を妨げ、便として排出させる。水溶性食物繊維はコレステロールの吸収を抑制する。
高血圧を予防。水溶性の中でもアルギン酸に顕著。ナトリウムを排除して血圧を下げる。

-不溶性食物繊維    ➡便秘の予防。不溶性食物繊維は水に溶けず、水分を吸収してふくれ、腸壁を刺激して便の排泄を促進します。
不溶性食物繊維の多い食品はよく噛む必要があるため、食べすぎを防ぎ、歯茎や顎を強くします。

●ミネラル: カリウム、モリブデン、カルシウム、マグネシウム、鉄など

-カリウム       ➡ナトリウムと一緒に浸透圧を維持します。塩を沢山摂取するとナトリウムが増えて、血圧上昇がおこります。それを抑制することと、筋肉の働きをよくします。

-モリブデン      ➡代謝に関わる必須ミネラルの一つで、肝臓や腎臓に存在するミネラルです。また尿酸を生成するのに重要な働きをします。

-カルシウム      ➡骨の形成に必要で、健康な骨と歯に必要です。

-マグネシウム     ➡酵素の正常な働きとエネルギーの産生を助け、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。血圧を調整し、また骨や歯の形成に役立ちます。

-鉄分         ➡赤血球中のヘモグロビンの成分になり、ヘモグロビンが酸素を運ぶ重要な役をします。

●色素成分 :ナスニン

-ナスニン        ➡色素成分(アントシアニン)に含まれ、アントシアンとも言われ、強力な抗酸化作用があり、目の機能を向上させ、血圧上昇を抑制する作用があります。
その他には、動脈硬化などの生活習慣病予防などに効果があると言われいます。

ナスに栄養については、最初の章でお伝えしました通り、蛋白質や脂肪というよりは、ミネラルや、食物繊維です。

栄養に直接関係あるものではありませんが、野菜としてのビタミンやミネラルは体の機能には欠かせないものです。

ナスは野菜として美味しいですし、毎日食べたいものですが、調理法によっては、苦みとえぐみがるのも事実です。

では、どう食べていけばいいのでしょうか。

ナスの食べ方

ナスはそのまま食べると苦く感じるときがあります。夏ナスはそうでもないですが、冬ナスは渋みやえぐみがあります。

ですので、塩水につけて、あく抜きをして食べると美味しく食べられます。

ただ、塩水に浸すとビタミンを失ってしまいますので、揚げ物にするなど、塩水に長くつけないなどの工夫の仕方もあります。

とはいえ、生で食べると苦いのは、灰汁(あく)があり生では食べにくいです。

ですので、料理としては、

  • ナスの揚げ物
  • 麻婆豆腐
  • ぬか漬け

などあります。

フランスでもナスは丸ごと料理されることが多いです。

ナスのソテー

ナスは皮の部分にポリフェノールが含まれていますので、そがないでそのまま使うのがポリフェノールの吸収ができて良いです。

ナスをスライスにして、マリネにしてから、バルサミコソースをふり、それにモッツァレラチーズやブラタチーズをのせ食べます。

または、イカなどをサンドにして、積み重ねると綺麗です。

どちらも、ナスが皮を剥かないで、フライパンでソテーをして、マリネをしてから、イカをサンドして、ペストソースで飾り付けをします。

ないしは、スライスをしたトマトと合わせてもいいです。

ただ、ナスはしっとり焼くか、マリネをするとしっとり感がでます。さっと焼いただけでは盛り付けが綺麗にいかないのも事実です。

しっとり感はないとしても、フランスでなら、皮をそがずに丸ごと使われることが多いナスです。

バジリコのペストソースや、バルサミコソースで料理するのがほとんどです。

ナスの味噌の田楽ももちろん美味しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか。ナスの栄養と料理の仕方をまとめました。

ナスは美味しいですし、フランスでもサラダに、またマリネに使われる食材です。

実際のところ、水分が多いとしてもそれは野菜ですからあたり前で、そのビタミンやミネラルが豊富です。

モリブデンなどは、ナスでとれる基調な食材です。

食べ心地までいると、ビタミンは少なくなっても、ソテーをしてマリネにするとしっとり感がでて、美味しいです。

マリネをしたナスならモッツァレラチーズなど、柔らかめのチーズとはすごく合います。

それに、食物繊維も、水溶性食物繊維も、不溶性食物繊維も両方ありますので、体にとって、とてもバランスの取れた食材と言えますね。

ぜひ、日常的に食べていきたい野菜です。

なすといえば和食なら漬物にも、味噌田楽にも良く使われる野菜です。 フランスではといえば、モッツアレラチーズと合わせて、バルサミコソース...
バジルソースは、ハーブのバジルを使ったソースです。 バジルはとりわけ色が鮮やかで、オリーブオイルと合わせて作ると綺麗なソースに変身しま...
合わせて読みたい記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする