美肌と雪国には関係が?北陸山陰が美肌県ランキングに輝く理由

スポンサーリンク

毎年ポーラが11月に発表する美肌県ランキングがありますが、

もうかれこれ6年つづいていますね。

毎年のデータを見て気が付くのが、北陸や山陰地方やの県が

毎年上位に食い込んでいることです。

以下が過去3年のランキングです。

ランキング2017年

1位 富山県

2位 石川県

3位 秋田県

4位 岡山県

5位 愛媛県

6位 島根県

7位 京都府

ランキング2016年

1位 広島県

2位 島根県

3位 鳥取県

4位 愛媛県

5位 秋田県

6位 石川県

7位 新潟県

ランキング2015年

1位 鳥取県

2位 高知県

3位 愛媛県

4位 富山県

5位 石川県

6位 秋田県

7位 新潟県

この3年で毎年上位入りしている、石川県、秋田県

この2県は東北と北陸ですが、どちらとも日本海側です

北陸の東北の女性の肌は白い美肌で有名ですが、日本海側の

北陸と東北には何か特徴があるのでしょうか。

日本海側の気候の特色とは?

同じ日本でも、太平洋側では夏に降水量が多く冬に少ないのに対して、

日本海側では冬に降水量(雪)が多く、夏にやや少ないです。

そうですね、北陸や東北の冬といえば雪ですね。

地域によっては豪雪地帯もあります。

一度雪が降れば除雪車が道をかいで、側道に雪を積み上げていきます。

除雪車のお陰で道路には雪はなくなりますが、そのぶん雪は家の前に盛られます。

北海道出身の私も小さいときは、自分の伸長より高く雪がもられていました。

家の一階は雪で見えません。玄関だけは雪かきをして家の中に入れるくらいです。

そんな雪国の環境には何か肌に影響があるのでしょうか

雪が降る冬の肌への影響は?

秋田と石川の2県はどちらとも新潟とまではいかなくても、雪の豪雪地帯ですが、

冬の雪はお肌にいい影響があるということなのでしょうか。

冬の間は雪の所為で毎日大変です。

何が大変かというと、雪がふっている時に外出すると

息ができないほど風吹があります。

そんなときは、実際に息はできません。

余りひどいと風と反対向きになって止まって、風吹が止むのを待ちます。

家を出て、学校や職場に着くとほっとします。

中に入って、マフラーをとって雪を払います。

この瞬間がなんとも温かいのですね。

考えてみれば、この寒暖の差が雪国の女性の肌をきれいにしているのでしょうか。

雪が降らない時期でも、適度に湿気がある雪国では、一年の半分以上も冷たい

空気にさらされています。

吹雪のときはマフラーをしても、冷気で顔も叩かれているから自然と肌もきめ

細かくなるのでしょうか。実際北海道のもニキビ肌の同級生はいませんでした。

ただ、肌を冷やすことが良いというわけではないですが、冷水で顔を洗って

またお湯で洗うと顔の血流が上がってきて顔が温かくなります。

氷水とお湯で交互に洗顔をする美容法も一時流行っていましたが、

雪国では冬の間自然とこの交互の美容法を毎日していることになる

ということですね。

鳥取県と島根県も豪雪地帯ではありませんが、

同じく日本海側気候なのですね。

雪の所為で冷やす美容は肌のキメを整えることに効果的ということなのですね。

北海道にいると、雪の所為でハンディがおおきと日頃感じていたのですが、

このようなポーラの美肌ランキング県をみると、雪国で美肌に

なれて良かったなとおもいますね。

まとめ

このポーラの都道府県ランキングで一つ残念なのは、

出身の県はわかっても、平野出身か、山麓出身ががわからないことですね。

石川も秋田も平野も山麓で、降水量も降雪量も違うので、そんくらいの

細かいデータがあると、皆さんそこへ移住したがるから、発表しないのでしょうかね?

冷気でお肌を刺激して、血行をよくする美肌方、雪国に住んでいないと

できませんが、スキーに行かなくても、

お湯とお水の二つを洗面器で交互に顔を洗うといいですよ。

ただ、冬の間は、お水が冷たいので、くれぐれも

きをつけて行って下さい。

お水で冷やして、またスチーマーもおすすめです。

その場合は、スチーマーをせっとしておいて、

冷水のあとすぐにスチームすると暖かくて幸せな気分になりますよ。

朝起きて鏡を見て〚シミ〛がということがありますよね。 スチーマーは美肌のお役立ちグッヅです。顔全体に蒸気を当てて クレンジングとマッサージをすることで、潤いのあるお肌へとなっていきます。 美顔器でスチームは顔と首も一緒におこなって下さい。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事