新潟市の70才代の女性が約2億2千万円をだまし取られていた

スポンサーリンク

新潟の70才代の女性が約2億2000万円をだまし取られる特殊詐欺事件があった。新潟県内の特殊詐欺事件としては過去最高の被害額ということだ。

被害にあったのは新潟市に住む70歳代の女性で、、「個人情報センター」を名乗る男から「個人情報が流出した」という電話があり、その後複数の人から連絡を受け、
求めに応じてデータをアップデートする為に、キャッシュカードを渡さないといけないと思い、キャッシュカード12枚を渡すことになったという。それと同時に暗証番号を教えたと言うことだ。

口座からは約2億2140万円が数百回に渡って引き出され、新潟県内の特殊詐欺事件としては過去最高の被害額という。

スポンサーリンク

銀行は疑問に?

このような、〚おれおれ詐欺〛的な事件が起こった後、そんな家族で人間関係は複雑になるのか、

〚親をなじる子供〛が想像されて仕方がないが、この引き落としは数百回とあるというから、家族関係が希薄で子供たちがなにもしなかったのなら、数か月に銀行側からどのような対応がされていたのか是非とも知りたいところだ。

今どき個人口座に2億のキャッシュを入金している個人資産家も滅多にいないだろうし、メインバンクとして、その2億が無くなったと言うことで、支店長の首も飛ぶのではないかと想像してしまうが、どうなのか。

数百回にわたって引き出されていたとされているし、200回としても、一度に100万円になる。それまで、そんな割合で、引き出されていたことがないのなら、銀行はなぜ聞き取りもしなかったのか?何のためのメインバンクなのかと思ってしまう。

子供がいれば

この被害にあった女性に、子供がいれば、きっと子供は、親を慰めるというより、きっと

〚なんでそんなデータを書き換えるなど、嘘っぽいことを信じたのか???〛と親に説教でもしているのかもしれないが、何か月も、渡されたキャッシュカードのことすら子供すら知らなかったとすれば、きっと行き来のない親子関係となっていたのであろう。

だいたい、キャッシュカードを犯人に渡す時点で、だれでも〚可笑しい〛とは思いながらも、その女性も、おかしいとは感じながら渡してしまったと想像するが、残念ながら、その可笑しいと感じたときに、子供に相談できる関係出なかったということになる。

今後遺産相続がどのようにされるのか分からないが、〚オレオレ詐欺〛の後の家族関係はどうもギクシャクするというので、お母さんも子供さんも、割り切って対応してもらいたい。

保険でもどってくるっていうのがあれば良いのですが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事