抜け毛がひどい!枕についた髪の毛の本数が気になったらする事

スポンサーリンク

朝起きて何気なく枕カバーを見ると、「抜け毛の数がひどい!」と思ったことはないでしょうか。

最初は、抜け毛を最初は白い枕カバーの上に発見します。

そして気になり出し、カーペットの上やお風呂場のフローリングの上など、家の中のありとあらゆるところにも、抜け毛が落ちていることを発見して唖然としてしまいます。

実際一番抜け毛が多いのは、枕カバーの上です。夜中に寝返りをうったりして、髪の毛が抜けてしまっているからです。

それで、「こんなに毎日抜け毛が多いと、はげてしまうのでは?」と真剣に気になり、さあ、どうする?と考えてしまいます。

そこで、「抜け毛撃退作戦」を行うことにしました。白髪染めをしていることも影響がありますが、やってみると効果がありますが、生活習慣やシャンプーも変えることで、抜け毛対策はできます。

では早速見てみましょう(^^♪

スポンサーリンク

抜け毛の現状と原因

髪の毛は、きちんと地肌のお手入れをすると、抜け毛が少なくなります!

最初は、真白の枕カバーに沢山落ちている抜け毛を発見し、そこで一度ショックを受け、そして枕をはずすと、枕の下にも更に抜け毛を発見して落ち込んで、更にショックで立ち直れません。

しかし、改善はできます。

まずは、気を取り直して、原因をみてみましょう。

原因がわかれば対処の仕方もあるというものです。

抜け毛がひどい原因は?病気なのか?

抜け毛の数がひどく、最初は、何か自分は病気なのではないかと思っていたのも事実です。

このまま抜け毛がひどくなって、「かつら」のお世話になるのかとも思いましたが、原因が分かれば、どうにかなるのではと思い、原因を調べました。

資生堂のサイトでは次のように書いています。

■直接的要因の一つは汚れ

頭皮に分泌された皮脂やアカ、皮脂に付着したホコリなどをそのままにしておくと、毛穴がつまってしまい、毛髪の成長を妨げて抜け毛が増えることがあります。また、頭皮に蓄積された皮脂が微生物などによって分解され、刺激物質となって毛根に悪影響を与えることもあり、これも抜け毛につながります。

■血行不良

血行不良で、毛根に十分な栄養が補給されなくなることも要因の一つ。正常なヘアサイクルが保てなくなるため、本来ならば成長期にあるはずの毛髪が、早い期間に休止期に入ってしまい、大量の抜け毛が発生してしまうわけです。

引用先 : 資生堂 ヘアケア 生理的な抜け毛以外の原因

「汚れ」と「血行不良」が原因と言っています。

汚れが原因で血行不良となり「毛根が退化して抜け毛となる」ということですので、毛根の地肌を綺麗にしてあげないといけません。

シャンプーが良くなく、汚れをとれていなかったことも原因だっだのかもしれません。

汚れ取り除き、血行不良をなくせば良いということです。

また、化学品の白髪染めは、抜け毛の原因になります。

では具体的に、対策としてどんなことができるかです(^^♪

抜毛がひどい時の対策

抜け毛を防いていくには、血行を良くすることです。頭皮をマッサージをなるべくしていく事で、頭皮に刺激をして、血行の改善をしていけます。

また、抜け毛を促すシャンプーを使うのは止めて、地肌に優しいシャンプーを使うのも大事です。

シャンプー前のブラッシング

血行不良の改善として、頭皮に刺激を与える一つに、地肌のブラッシングがあります。

シャンプー前にブラッシングをして、頭皮についている「ふけ」を落として、地肌をきれいにしてからシャンプーをするのが良いです。

シャンプー前のブラッシングは、マッサージ効果と、地肌の汚れを取る二つの効果があります。

大体目途として、50回くらいは行うのが良いです(^^♪

シャンプーの選び方

一番大事なのは、地肌を傷つけないことです。

また、ヘアケアにはシャンプー選びは必須で、その種類は石油系・石鹸系・アミノ酸系の3種類あります。

①石油系が、頭皮に良くないのは今では知られています。

理由は、石油系シャンプーは、界面活性剤が石油から作られています。洗浄成分が、ラウリル硫酸ナトリウムなどがあります。

値段が安く、洗浄力もあり、泡立ちも良いので随分使われていますが、強い洗浄力がるということは、頭皮の油分を取り過ぎるということです。

それで、頭皮皮脂のバランスを崩しやすく、地肌の乾燥を招いたりということもあります。

②石鹸系のシャンプーも、高い洗浄力があります。石鹸はアルカリを使って作られていますので、シャンプーでもアルカリ性を示します。

肌は弱酸性ですので、頭皮のpHのバランスを崩してしまうので、特に育毛には、向いていないといえます。

③アミノ酸系のシャンプーは、まさしくアミノ酸系界面活性剤を使ったシャンプーのことです。

先ほどの2つと比べると新しいタイプのシャンプーで、頭皮の刺激が少ないのが特徴といえっますね。

それに対して、アミノ酸系界面活性剤は、洗浄成分と比べて洗浄力が控えめです。ですので、頭皮の油分を取りすぎることがないと言えます。

元来、アミノ酸はタンパク質を構成する物質ですので、肌にとって安心なのですね。

アミノ酸系・スカルプシャンプー

スカルプシャンプーは、頭皮を清潔に保つことを目指したエイジングシャンプーです。10代では抜け毛やないですが、段々と気になってきます。

育毛や薄毛対策をするには、まず頭皮を清潔にすることから始めます。

アミノ酸系の原料ですので、刺激が少なく、でも泡立ちもそこそこあって、綺麗に洗浄できます。

【管理人のオススメのシャンプー↓】

エイジングケアのスカルプシャンプー・マイナチュレ

シャンプーの仕方

シャンプーは、しっかりと洗い流すようにしましょう。いいシャンプーでも、シャンプーの残りは、汚れの原因の一つです。

さささとシャンプーをしがちですが、ブラシを使って頭皮に残っているシャンプーを洗いながして、リンスは毛根につけないで、毛先だけに付けて洗い流すのが良いですね。

地肌には皮脂がありますので、リンスは頭皮につけないで、髪の毛だけに付けましょう。

白髪染めの成分を見直す

また、抜け毛がひどいと感じれば、白髪染めを見直すのが良いです。

今の白髪染めはいろいろ出ています。化学品でもいままではアンモニアの臭いがきつかったのが、臭いがないと、抜け毛の原因になっているとは想像しませんが、ダメージがあります。

化学品の白髪染めは髪のケラチンを破って組織の中に入って染色することで色をつきます。

化学品の白髪染めは基本10分でできてしまいます。そのくらい短時間で色が変わるのですから、皮膚にも負担がかかっています。

せっかく、シャンプーもアミノ酸系にするなら、白髪染めもヘナにするのがオススメです。

抜け毛の改善の効果はどのくらい?

実際、シャンプーは、アミノ酸系のスカルプシャンプーにして、ヘナに変えたら、抜け毛は落ち着きました。

シャンプーをするときは、ブラッシングをしてマッサージを行い、血行を良くするのも大事です。

あとは、シャンプーはアミノ酸系系は実際に効果を感じます。

シャンプーの頻度は、汗をかいたら毎日でもいいですが、1日おきでも大丈夫です。

このシャンプーは、臭いがとれますので、アラフィフにはいいなと思います。

まとめ

いかがでしょうか?

抜け毛が気になった、という場合にできることをまとめてみました。

抜け毛には、育毛剤が効果があると言われていますが、マッサージとシャンプーで効果はあります。

抜け毛の原因は、汚れと血行不良とありますので、その二つには

  • シャンプーの前にマッサージブラッシングをする、
  • アミノ酸系のシャンプーを使う
  • 白髪染めをヘナにする

です。

簡単すぎて、この位で抜け毛が防げるのと思って行いませんが、解決策は身近なところにあります。

ぜひ試してみてください(^^♪

ご参考になれば幸いです。

ヘナの白髪染めは、ヘアカラーに比べて定着が悪いと思われがちです。 それに仕上がりの色も、説明文どおりにならないのではないかと疑問を持っ...
合わせて読みたい記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする