円形脱毛症ってほおっておいて治るもの?突然なってびっくの後にしたこと

スポンサーリンク

円形脱毛症って、噂では聞いたことがありましたが、「自分がなる事になるとは想像だにしていいなかったけど」と言う方もいると思います。

実は管理人もいまから10年以上前に一度なったことがありました。

まず、すごくびっくりしました。ある日お風呂場で自分の髪の毛を上げて見てみたら、地肌が見えたのです。

「え?」と思いましたね。

今から考えてみると、やはりストレスだったのだと思います。皮膚科にも相談に行きました。

そんなあまりうれしくない経験ですが、治った経緯をお話したいと思います。

スポンサーリンク

円形脱毛症ってどんな状態?

まず、円形脱毛症は約3か月で治りました。後頭部で髪の毛で見えなかったのが幸いでした。

なった事がない方が多いと思いますが、「円形脱毛症」はその部分に髪の毛が生え来なくて、禿になっています。

円形脱毛症【えんけいだつもうしょう】

円形の境界明確な脱毛斑が1個または数個生じるもの。主として頭部に発生する。大きさや数はさまざまで,大きなものは径数cmに達し,隣接脱毛部が融合し,ときには全頭髪が脱毛する。普通6〜8週間持続し自然に再生するが,年余を要するものもある。自律神経や血管の機能障害,内分泌障害,精神的ストレスなどが原因とされ,自己免疫が関与するともいわれるが,まだ原因は不明。治療は内服薬,外用薬,注射,光線療法,ドライアイスや液体窒素による圧抵療法など。

引用先  コトバンク 円形脱毛症

管理人の場合は、最初直径が約1,5センチ位のが一つと、5ミリ位のが2つできました。

それからひと月位して、一つが治りまた別なのができていました。髪の毛をよけてみるので、それに後ろ向きで鏡で見付けるので時間がかかります。

円形になったその部分に髪の毛がなく、禿の状態でした。発見した当日は、まずびっくりして、訳がわからず、円形脱毛症だという事実を認めるまで1週間位かかってしまいました。

その位ショックでした。

それで、かかりつけの皮膚科の医師に相談に行ったのです。

ストレスって関係するの?

皮膚科の医師のところへ診断を受けに行きました。そうしたら、「円形脱毛症」と診断されました。

診断を受けに行って、「ストレス」でなると聞いて少し驚きました。

円形脱毛症の原因の1つとして考えられているのが、自己免疫疾患と言われています。しかし、この自己免疫疾患がどのような過程になるのかなども、はっきり解明されていません。

女性の場合は、髪の毛で禿の部分が人目につきません。

管理人の場合も人目につかない場所でしたので、気にしないですみました。

医師から、ストレスが原因で円形脱毛症が起こるときいて、改めて自分自身の環境を考えてみたのですが、やはりそおいうストレスは確かにありました。

会社で、新しい計画や、人員の調整など、週末も働かないとおいつかない状態で、会社に行かないまでも、家で仕事をしている状態で、確かにストレスチックな毎日でした。

医師からは、その円形に部分を毎日マッサージすればいいといわれ、毎日言われたようにマッサージをしたら、2か月位すると髪の毛が生えてきました。

その間に、他の小さいのがでてきましたが、またマッサージをしたら、髪の毛が生えてきたのです(^^♪

感染で一生髪が生えない可能性が

通常ストレスが原因と言われている円形脱毛症ですが、ストレスの他に白癬(はくせん)脱毛症というのがあって、感染でなる症状があります。

「白癬菌」はコトバンクで以下のようになっています。

真菌の一種である白癬菌感染による皮膚疾患。感染部位により浅在性白癬と深在性白癬に大別される。浅在性白癬は,有毛部を侵した場合,境界鮮明でしばしば円形の病変が生じて遠心性に拡大し,中心部は治癒傾向がある。無毛部を侵した場合の病態は多様で,頭部浅在性白癬 (しらくも) ,股部白癬 (いんきんたむし) ,足白癬 (水虫) ,小水疱性斑状白癬 (ぜにたむし) ,爪白癬などがこれに属す。深在性白癬は病変が真皮にまで及んで腫瘤を形成するものであるが,まれである。

引用先 . コトバンク 白癬

美容院や理髪店でなったりする場合もあるとことで、私の知り合いは美容院で感染してしまいました。

前のお客さんのケアをしたブラシの消毒ができていなかったようです。

ですので、ブラシやハサミもきちんと赤外線消毒してないようなところは避けるのがいいですよね。今どきはそのような心配もないのかもしれませんが。

菌の感染の場合は、検査で原因を調べられますので、気になる場合は、皮膚科で相談するのが良いですね。

まとめ

現在はストレス社会ですので、いろんな原因で円形脱毛症になってしまうのでしょうが、ストレスで、円形脱毛になって「どうしようか」と慌ててしまいます。

もし原因がストレスであれば、2,3カ月で症状も治るようです。

ただ、その原因は違っていれば、治らない場合もあるようです。

そんな場合は、皮膚科で原因を検査してもらのがいいですね。

また、ストレスの場合なら、なぜそのストレスがあるのかを把握しないと、小さいのがなくなっても、また新しいのができてしまう可能性があります。

現代社会はいろいろ大変だと思います。

なにかご参考になれば幸いです。

朝起きて何気なく枕もとを見ると、「枕についている抜け毛の数」! 最近なにか、抜け毛が気になってきたと感じるときがありますか? カ...
「砂糖は体に悪い」とよく聞きます。「害がある」と聞くと、家にある砂糖を全部捨てないといけないのかと思うことはないでしょうか? 管理人も...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事