離婚するとどうなる?具体的な生活の変化とストレスや不安はどうする

スポンサーリンク

夫婦生活も長くなってくると、一度は離婚を考えた事があるカップルがほとんどではないでしょうか?

「あの人の○○がどうしても気になる」とか、「鼻につくとか」、「あんな言い方しなくてもいいのに」と感じることがあるかと思います。

離婚を真剣に検討して役所の届出について調べたり、離婚後の経済的な設計についても調べて思い留まった方もいらっしゃるのはないでしょうか。

離婚をするにはパワーが恐ろしくかかりますし、できるものならしたくないです。

貯蓄面でも、結婚後にコツコツとお金を貯めてきたのに、離婚するとあっけなくお金は飛んでいきます。

貯めるのは大変ですが、出るのは早いです。しかし一度は結婚すると決めた相手ですから、危機に直面する前に、避けられるのであれば避けたいところです。

管理人の経験も踏まえてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

離婚するとどうなるのか

離婚をすると、随分と生活が変わるのは確かですが、具体的に何が変わるのかを知っておきたいところです。

居住先

住居先が賃貸の場合

離婚するとまず第一に変わる点は「住居」です。今まで夫婦で住み慣れていた場所から、二人のうち一人が、または子供も出ていく事になります。

現在住んでいる住居が賃貸であれば、

  • 二人とも出る
  • 二人のうち一人が子供がいれば連れて出る

となるでしょう。

住居の家賃の金額にもよりますが、夫婦で共働きでない場合、家賃が高ければ収入が無い側は高い家賃を払えません。

ですので払える側が残るか、収入がない側が養育費を受け取り、子供とそのまま残るということもあります。

若い夫婦なら、子供がいない場合は、二人とも出て、新しくそれぞれが新居を見つけることになるのでしょう。

また子供がいて成人していないと、どちらが引き取るのか、引き取った後の子供の通学先や、将来の子供の進学を考えて転校させるなどを考えて、出ていく側は新居を決めることになります。

住居先が持ち家の場合

夫婦の共有財産で一番大きいのは、多分「家」でしょう。勿論、株や証券や絵画もある場合もありますが、多分証券は個人名義になっていると思います。

夫婦名義の持ち家の住居であれば、一軒家かマンションかどちらでも、賃貸と一緒で、

  • 二人とも出る
  • 二人の内一人が子供がいれば連れて出る

となるかと思いますが、夫婦名義だとどういう形かで分割することなります。

  • 住居を売却して二人で分ける
  • 住居を売却せずに貸して賃貸収入を得る

家を売ると一時金としてお金が入りますが、売却するとどちらも家をでないといけませんので、新しく住居を見付け、家賃を払って生活することになります。

家を売らないでローンを払い続け、家を貸して家賃収入を二人で分けるという場合もありですね。

家を売却する、しないは重大な決定事項ですが、ローンを組んだ銀行に行って借入の金額や利子などを計算してもらい、どうするのが良いのか決めたいところですね。

親元へ戻れる可能性がある場合

今まで二人で暮らしていたからこそ、払っていけた家賃だったのに、一人になると高い家賃は払えなくどころか、安い家賃でもずっと払い続けるのはとても難しくなります。

少しの貯金はあっても段々と無くっていきます。

収入がない場合子供を引き取って住居を出ると、養育費だけで家賃を払って生活費を賄うのは殆ど無理でしょうし、新しく仕事を見つけことになります。

仕事を見つけるには資格がない場合とても難しく、またパート条件だと収入が少ないですし、長く家にいて家事に従事していた場合は、親元に戻るかです。

親がまだ健在という場合で、親の収入が安定していれば比較的悩む事も少ないかもしれませんが、兄弟がいれば、あまりよく思われない場合もあります。

親が亡くなっていると、親類縁者や兄弟宅にいくというのは現実的ではありませんので、市役所などの生活課で相談して、安い家賃のアパートを探すことになりますが、家賃補助があるアパートは待機者が多いのも現実です。

離婚調停

夫婦の両者で離婚の際に、財産をどう分けるか、子供はどうするのかとすんなりと決まればいいのですが、そうでない場合は、離婚調停といって、民事の裁判になります。

判決までにも時間もかかりますし、費用もかかります。相手が浮気で離婚することに踏み切ったとしても、慰謝料などがどの位もらえるのか、養育費がどの位もらえるのかはっきりとした規定はないのです。

また養育費の金額が決まったとしても、相手が払わなくなる場合もあります。
払いたくなくて、払わない場合と、解雇になって、失業となり払いたくても払えない場合も出てきます。
慰謝料や養育費は離婚当初はあてに出来るかもしれませんが、ずっと10年払われづづける場合は少ないと言われています。

管理人のの友人で3カップル離婚していますが、一人の友人は旦那さんが失業になり、途中から貰えなくなったりと、もう一人は新生活で払える余裕がなく送金してこなくなっていました。

親権

子供の意志もあるでしょうが、子供が小さければ、ご飯を食べさせることができる母が引き取る場合が多いようです。

母親が引き取る背景には、子供が小さいときの食事は将来の大事な体をつくる栄養を重視した食事を用意できるなどの理由があるようです。

勿論父親が引き取る場合もあるので、〚シングルファーザー〛という言い方もあるくらいですから。

どちらが引き取っても、子供の学校先を決めて、それで自分自身の仕事先も決めて新しく住む場所を決めるなどをしないといけません。

もし、親元へもどった場合などは、子供の家庭環境ががらっと変わるので、子供は親以上に環境に順応するのが大変と言われています。

そして子供は親のストレスを吸収して、精神的にストレスを抱えてしまうと言われています。親と子供にとって大変です。

年金

夫婦共働きの世帯なら、それぞれに年金が受給できます。しかし、片方のみが働き手であれば、働いていない方が、働いていた側の年金の一部をもらえます。しかし、自営業者であれば、それも無理なのです。

年金の受給については、

  • 受給開始年齢
  • 受給金額

が決め手ですので、役場、市役所、区役所の市民課に行って相談することをお薦めします。いままでの掛け金の明細をもらえますので、問い合わせをするのがが良いでしょう。

離婚するしないにかかわらず、一度市民課に行って年金の金額や、今後の掛け金と期間を知っておいて損はないと思います(^^♪

離婚をする方法に心が決まっていても、お金の心配はしないといけません。紙切れ1枚ですが、提出する前に、専門家へ相談してみるのがいいです。

本当に離婚するべきか

離婚はだれでもしたくてする訳ではありませんし、できれば回避したいものです。

我が家に離婚の火だねがないかと聞かれれば、「まったくありません」とは言えません。

ただ離婚しないように心がけていることがあります。それは関係がもっと悪くならないように今起きたことに気を使うことです。

相手に腹を立てることは沢山あります。

管理人の旦那さんは、なんでもゆっくりなので、家に帰ってくると着替えてテーブルにつくまで時間がかかる人です。

生まれた環境の影響は大きいです。

管理人の父がその辺は早い人でしたので、父と比べて旦那さんのそいうところを理解するのは大変です。

「着替えをするのに何分かかってるの?」と内心は思って、イライラしていたのですが、良い方法を思いつきました。

旦那さんが帰ってから、台所の洗い物をすると、ちょうど旦那さんがテーブルにつく頃に、ご飯を出せるという技です。

いろいろ、💢とくることが各家庭で違うと思いますので、工夫して良い面を見るようにするのが良いと思いますし、そうした方が良いと感じています。

離婚までなる前に、調査会社に相談してみるのも一つの手段です。

浮気調査は FUJIリサーチへ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結婚当初はお互い良いところしかみえませんし、悪いとことに気がつきにくいですが、何年かすると、悪いところがクローズアップされてきますね。

しかし、離婚して再婚しても、我慢をしなくて済む相手は世の中のいるとは思えません。所詮誰でも「飽き」はきますし、腹も立ちます。そのときに、夫婦としてどうできるかですね。

離婚には、調停も必要なったりとエネルギーがいりますし、弁護士費用もかかります。

芸能関係の人達には収入も高い方も多いようですが、収入の割にお金が残らないのは離婚の所為とも言われていますね。

DVがある場合は別ですが、できれば相手の良いところをみて、褒めていくのが一番の秘訣かなと思います。「相手を非難して、いい結果は引き出せない」とはよく言われる事ですね。

相手が太ってうんざりするなら、自分がまずこぎれいにして、相手もそうなるようにもっていきたいですね。まず始めるのは自分からでないと相手には説得力にかけるようです。

頑張りたいところです(^^♪

「お金が貯まるか、貯められるか?」貯められたら良いですね(^^♪ お金を貯めるには勿論、収入を上げることも一つ大事なことですが、昇進や...
別に贅沢をしている訳ではないのに「お金が貯まらない」と悩んでいる人も多いのはないでしょうか。 この特に贅沢をしている訳ではないのでしょ...
スポンサーリンク
【管理人お薦めサイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事