親の介護をしない兄弟が急に戻って来た時にした事

スポンサーリンク

親の介護は残っている子供がする事になるのでしょうか。母の性格が特異なので、兄は家を出ました。

私も母と同居している訳ではないのですが、母がいなくなった息子をずっと気に掛けていたのは知っていました。

そんな家族が急に戻って来た時に、居座ってもらった方がいいのか、お金はどうするが良いのでしょうか?

管理人の経験をお話します(^^♪

スポンサーリンク

介護をしない兄弟

一人っ子の場合はない事ですが、兄弟で親の介護をするとなると、どのように介護を分担するかを考えないといけません。

分担できる場合もあるでしょうし、最初からその選択がない場合もあります。

兄弟がいると色々状況があるかと思います。

  • お金を出すが、介護をしない
  • お金も介護もしない
  • 口だけだしてお金の無心に来る

などがありますが、我が家の場合はこの3番目に当たります。

実は家を出た兄は、お金の無心には来なかったのですが、そうなりかけました。

親が子を思い気持ちをどう扱う?

ある日、ふらーっと戻ってきた兄に対して、母はとても喜んでいました。5年振りに家に戻って来たのですから。

耳の遠い母は、無口な兄に色々言うのですが、無口な兄の口は重く、兄が答える前に、母は自分で答えて、次の質問を繰り返していました。。。。

母と兄の言葉のすれ違いもありましたが、兄は母宅に一週間以上も滞在しました。

それなりに滞在は上手く行きました。

しかし兄は初日に持ってきたサバ寿司(推定1500円)のみで、1週間滞在して1円も出そうとしなかったのです。

兄は無収入なので、家に来たときは食費も入れないのは当たり前な顔で食事をして、1週間滞在し、しかしスナックへ飲みにいくお金はあるのです。

それに対して、母は何も言えないようでした。。。。(5年ぶりに会えたのですから、嬉しくて何も言えないですよね)

何もしない兄の扱い

5年振りに家に来た兄は、ご飯茶碗一つも下げないで、口は出していました。

耳の遠い母と兄との対話は無理ですし、自分のお金でスナックに行くだけで済むなら良いのですが、滞在が長くなって居座られると、介護に支障が出てくると思いました。

介護保険では、被保険者以外の介護はできませんし、兄のご飯をヘルパーさんが作るように兄は考えている節もありました。

結局兄は借金を作らずに出て行ったのですが、いる間に通帳を持ちだすのではないかとも心配でした。

その姉が、働いて解雇されて、それで助けてあげるという場合でもなく、結婚して旦那さんの稼ぎが悪くてそれで、こどもの進学費用が払えなくて、親が肩代わりをする場合となれば、兄弟の関係はいままでとは違ってきます。 もらったほうは気にしなくても、もらってない方は気にするのです。

まとめ

介護離職をしてまで、親の介護を懸命にする子供もいれば、親の年金の為に家に居座る子供もいます。

各家庭で事情は違うと思いますが、やる人と、やってもらう人の構図が出来上がっているのかもしれません。

もし、やる人の側にいると精神的にとても辛い思いをしますので、ケアマネジャーさんや、ソーシャルワーカーさん、ヘルパーステーションで相談を受けるのが良いと思います。

やることに、疑問があるのではなく、報われる気持ちを誰かに中立な立場で聞いてもらえることとで気が楽になります。

また少ない金額であっても、お金の使い込みがないように、後見人を紹介してもらえます。

今回兄は、借金もしないで帰って行ったので、被害は無かったのですが、何年振りかに会った兄弟でも借金をするとなると別で、事情は一変します。

そして親戚がいろいろ絡んでくるともっと関係が複雑になります。

微妙な家族関係ですから、あまり理解してもらうと思うより、割り切りが大切と思いますが、なかなか気持ちの切り替えは難しいと思います。

手根管症候群の母にこんな便利な歩行器があるのをしりました。 ケアマネさんをある時点で信頼できなくなれば、決断して変えることも方法です。 ケアプランの作成、ヘルパーステーションとの連携も、お願いしたいことは沢山 あります。お年寄りの症状やメンタルをよく見抜ける方がいいです。 緊急通報システムも教えてもらえました。
親の介護が続くと体も疲れてますが、精神面でもっと疲れてきます。笑顔でいたいと思っても、口喧嘩もせずに面倒を見続けるのって大変ですよね。 ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事