親の介護と兄弟の決裂!まして片方のみ介護となる場合は

親の介護をする時は、兄弟の経済的や社会的地位に差がついていることや、その社会的地位があるにもかかわらず、ある側がない側に擦り付ける場合もあります。かといって、親の資産を貰っておいて、それを意識していない側もいます。

にも拘わらず〚最近XXXちゃんから何故連絡がないのかな?。。。〛と呑気な意識薄の兄弟もいます。

〚ねえちゃん、あんだけお袋から金もらっておいて、その意識薄って問題じゃないの?〛といわれて初めて気が付く場合もあります。。。

経済的問題があって親の援助を受けて、兄弟にお礼を忘れている例

誰でも自分が経済的に問題があるときには、人様には言いたくないということはよくあります。

自分の息子や娘の進学にはまとまった金額が必要なので、お願いできる人がなくて、そんな場合はやはり親です。今どきそんなお金を持っている親自体が少ないのですが。

そんな親が子供の中の一人へプレゼントとなると、他の兄弟はとても、センシティヴです。

〚へえ、姉ちゃん結構困ってるんだ。結局いくらあげたの?〛と聞かれれば、親は答えないわけにもいきません。

そんなときに、何度かにわたって渡された金額が何百万とかなると、〚なんであの姉ちゃんに ?〛他の兄弟は思います。

その姉が、働いて解雇されて、それで助けてあげるという場合でもなく、結婚して旦那の稼ぎが悪くてそれで、子供の進学費用が払えなくて、親が肩代わりをする場合となれば、それまでの、姉ゃんとの関係はいままでとは違ってくる始まりです。

貰った方は気にしなくても、もらってない方は気にするのです。

このようなお姉さんの場合は海外に住んでいると言うことで、費用もかかるので滅多に日本へは来れないようで、でも日本へ帰省したときもその弟さんはお姉さんへ会いに来なかったという事でした。

お姉さんは寂しかったようですが、その辺の事を分かっていないお姉さんには、弟さんはずっと会いたくないようです。

本当に困っていれば助けるのはいいのだが、その意識薄が。。。

その弟さんにとっては、姉が本当に困っていたので、母親がお姉さんだけにお金を渡したのには反対はしていなかったのですが、姉の反応が世間ずれしていたので、呆れていたと言う事でした。

いつまでも、小さいときの兄弟感をもっていて、もう20年も経っているのに、母親の遺産の一部を貰っておいて、自分になんの挨拶もないのって、非常識だと言ったと言う事でした。

お姉さんは、お金には基本的に執着しない関係と思っていたので、弟さんが、〚そんなことを気にしていたのか〛と驚いていたようですが、ある意味で、そのお姉さんの方が非常識でしたね。

そんな親を持って、必死に働いてきた自分のお金で、のらくらな兄弟にお金が行くのに矛盾を感じれば、 親の面倒をみないで、自分を親不孝などど、責める必要はありません。親不孝とかいうのは、やっていない人たちが言うだけです。心の葛藤はいつもあります。

兄弟の確執が形見からも

そしてそのお姉さんは、久しぶりの日本へ帰って、温泉などに行って家族団らんを楽しんでいたときに、小さいときに使っていた母の思い出の品を発見したということでした。

なんていうことはない、母が使っていたブローチだったのですが、それでお母さんが、それを娘に渡したそうです。弟さんが使うわけでもないので、ところが、それを弟さんが知って、

何か家の片付けの時に、お母さんのブローチがないことに気が付いたと言う事でした。

母がよくつけていたブローチが弟さんの映像に

だれでも、小さいときのお母さんの映像は、こどもなら記憶に留めているものですよね。

それで、お姉さんの手にわたってしまったブローチの一件で、もう弟さんはお姉さんとは断絶となったようです。

お姉さんも、お金をもらっておいて、その辺の配慮がなかったのですね。まして、お母さんの身近にいられないのなら、もっと弟さんへの気遣いがないといけませんでした。あと何年も会わない期間が続くのでしょうか。

電話をするぞと、新たに心に決めて、 〚xxさん、元気ですか? お金を返してもらえなくなって10か月過ぎました。でも私もそのお金で家にお金を送らないと、母が困るので返したください。。。〛と、借りたお金を返さない人の心理を考えて、精一杯誠実にメーッセージを伝えました。そのひとにとって、返さないといけないと思わせる言い方があるものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事